カーセックスにおすすめの体位は?カーセックスの注意点と体験談

突然ですが、カーセックスをしたことありますか? 「ない」という人の中にも、「憧れがある」という人や「これからしてみたい」という人もいることでしょう。また、「ある」という方の中にも、「上手いカーセックスの仕方が知りたい!」なんて思っている人もいるかもしれませんね。今回はカーセックスについてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:カーセックスしたことがある人は多い!?

(1)カーセックスしたことありますか?

記事の執筆にあたって、『Menjoy!』では独自のアンケート調査を実施しました。対象者は20代~30代の男女で、女性309人・男性226人。

「カーセックスをしたことがありますか?」と質問したところ、

女性83人(26.9%)、男性62人(27.4%)の人たちが「経験あり」と回答しています。

割合としては少ないのかな?という印象です。とはいえ、最近の若い人たちは車を買わない傾向にあるということなので、その影響かもしれませんね。

(2)カーセックスの魅力とは?

ところで、カーセックスの魅力とはどういったものなのでしょうか? 上述の質問で「ある」と回答した人に聞いてみると、「お金がかからない」という回答が多数!

ラブホテルを利用する場合、部屋のランクなどによっても変わりますが、1回の利用にショートタイムなら3,000円くらい、休憩なら5,000円くらいの利用料金がかかることが普通。カーセックスならそのお金を節約でき、デート代に回すことができますね。

 

2:カーセックスにおすすめの体位7つ

カーセックスをするなら、車内という“狭さ”が問題になります。

親密な男女ならその狭さも気にならないでしょうが、体位は選ばなくてはならなくなることもあります。そこで、まずはじめにカーセックスにおすすめの体位をご紹介します。

『キャバ嬢の淫乱的SEXライフ: こんなにスゴイ!』の著者でノンフィクションライターの秋田まちこさんにお話を伺いました。

(1)正常位

秋田:3列シートの車で、しかもそれがフルフラットになるなら、正常位などのノーマルな体位が行えるでしょう。

女性同士で「どの体位が好きか?」という話になったときに、結構耳にするのは「結局は普通が1番」という意見。正常位ができるというのは、女性にとって嬉しいことでしょう。

(2)対面座位

秋田:ただし、フルフラットになる車は少ないですよね。そこでおすすめなのが対面座位です。

男性が椅子に座った状態で女性がそれにまたがる体位。男性は背もたれに身体をあずけられるので身体が安定しますし、女性は男性に寄りかかれるので密着度が増します。女性優位な体位でもあるので、男性を挑発してみてもいいでしょう。

男性が正面を向いていることもメリットで、バックミラーやサイドミラーなどでまわりの様子を確認することもできます。

(3)背面騎乗位

秋田:椅子に座った体位なら背面騎乗位もおすすめ。背もたれに寄りかかるように椅子に座った男性に対して、女性側が背を向ける格好でエッチをする体位になります。

後部座席ですると、前の座席にしがみつくことができるのが特徴。前から車が来ても隠れることができます。

また、座席にしがみついているので女性の身体も安定します。男性側もいつもとは違う体位に興奮すること間違いなし。

(4)バック

秋田:カーセックスでは狭い空間で行うために密着するような体位になりがち。ですが、ミニバンなどの車内が広い車ならバックに挑戦してみるのもおすすめ。もちろん、ホテルのように自由に身体を動かすことは難しいでしょう。しかし、それがカーセックスの醍醐味でもあります。

必要最低限の動きしかできないその分、密着度は高くなり、“車内でエッチをしている”という背徳感を味わえると思います。

(5)松葉くずし

秋田:江戸時代に作られたと言われる「48手」。セックスの体位48種類を表す言葉です。ここからの3つは、この48手から少しレベルの高いものを紹介します。

まずは、「松葉くずし」。バックをするときのように車高がないと厳しいかもしれませんが、窮屈な方が燃える可能性大。先ほどと同様に、カーセックスをしているという背徳感を味わえるからです。

体位としては、女性を後部座席の二席分のシートに寝かせて片足を上げてもらいます。背もたれに足をのせるような格好になると、女性側も楽でしょう。男性は女性の足の間から挿入するという感じ。

(6)手懸け

秋田:上で背面騎乗位をおすすめしましたが、もう少し密着度の高い体位として「手懸け」があります。

これは、椅子に座った男性の膝に座るような格好でする体位です。挿入しながら男性が胸を刺激できるし、密着度も高めなのでおすすめ。ここからシートを倒して背面騎乗位に移行してもいいですね。

(7)理非知らず

秋田:最後におすすめするのは「理非知らず」です。本来は女性の足と手を縛って自由を奪うような形でするプレイなのですが、紐がない場合はシートベルトで代用できます。その場合は手だけを縛るような形になるでしょう。

カーセックスは非日常感を味わえるエッチですが、さらにアブノーマルなプレイをしたいという方におすすめ。

 

3:カーセックスに人気の場所7選

狭い車内で上手くエッチをする体位はわかりましたが、その前にどこでするかも重要。

まず前提として理解しておきたいのが、カーセックスという行為自体は違法ではないということ。

但し、場所を選ばないと軽犯罪法第1条20号や刑法第147条の公然わいせつ罪にあたる可能性が出てきます。ここで争点となる「公然性」というものは、当事者の主観ではなく、客観的に判断をされるそうです。

また、駐車違反や他人が所有する敷地への侵入などの犯罪行為への配慮ももちろん必要になります。

それを踏まえて、引き続き秋田まちこさんにカーセックスに人気の場所を伺いました。

(1)夜景の綺麗な山奥

秋田:カーセックスは人に見られる心配がないように、人里離れた場所を選ぶのが定石です。

しかし、カーセックスをするためだけに車を走らせるのではムードが台無し。

そこで、夜景の綺麗な山奥で、街の夜景が見えるポイントに車を止めて、ロマンチックなムードに浸れば自然とエッチに移行できることでしょう。

これなら雰囲気も損なわれることもないし、人に見られる心配もないので安心です。

(2)立体駐車場

秋田:夜景の綺麗な山奥に行く時間がないというのであれば、立体駐車場がカーセックスの場所として人気なようです。

大型スーパーマーケットやパチンコ店、複合商業施設などは駅から離れた場所に建てられることが多く、大型立体駐車場が備え付けられていることが多いでしょう。

(3)河原

秋田:リスク回避の観点からみると、河原が人気。バーベキューができるような広い河原なら、車でアクセスすることのできる場所が多いでしょう。

また、河原は砂利道なので車が来たことが音ですぐにわかります。毛布などを用意しておいて、いざというときに寝たふりをすらば、レジャーをしに来たカップルと思われるだけですむでしょう。川音の大きい場所なら、あえぎ声も目立たないかもしれませんね。

(4)夜の港

秋田:夜の港も人気の場所。夜の港なら海を見に行くというロマンチックなデートになります。そして潮騒が聞けてムードも作れます。夜の海は漆黒で何も見えないかもしれませんが、月の位置が低ければ水面に月明かりが反射してチラチラと綺麗に見えることでしょう。

また、港には釣りをするお客さんのために駐車場が用意されているところもあるので、そういったところを狙うのも人気のようです。

(5)公園の駐車場

秋田:公園の駐車場もカーセックスで利用される場所の1つ。夜の公園は利用者がほとんどいないので、比較的安全な場所と言えるでしょう。

深夜になると街頭が消される公園もあるため、そういった場所を選んだり、生い茂る木々によって街頭の明かりが届かない場所を選ぶのがポイント。

公衆トイレも利用でき、手を洗ったりすることもできますね。

(6)サービスエリア

秋田:高速道路のサービスエリアもカーセックスをするのに人気の場所。どこかへ旅行に行った帰りに立ち寄ったり、ドライブデートで利用したいときにはもってこいの場所。夜の高速道路なら利用者があまりいないですし、サービスエリアは駐車場も広く車両の影になりやすい場所を見つけやすいでしょう。

また公衆トイレや自動販売機があったり、24時間営業のコンビニエンス・ストアが設置されている場所もあるためウェットティッシュなどを購入することもできます。

(7)埠頭(ふとう)

秋田:最後に紹介するのは埠頭です。晴海埠頭は、以前パッとしない場所でしたが、今現在は東京オリンピックに向けた工事が行われて風景が変わりました。晴海埠頭へ向かう道は街頭が輝き、治安も良くなっています。

目前にはレインボーブリッジが臨めて、夜景も楽しめます。女性を口説いたり、イチャイチャしたりできるので、純粋にデートを楽しむ場所としてもおすすめです。

 

以上、場所を7選ご紹介しましたが、人気のない場所を選ぶとともに、後ほど5でご紹介する、「人から見られない・見つからないための注意点」もしっかりと守りましょう。

 

4:カーセックスにおすすめの車種5つ

カーセックスにおすすめの体位や人気の場所がわかったら、今度は車種でしょう。引き続き秋田まちこさんにお話を伺います。

(1)S-MX/ホンダ

秋田:カーセックスの代表的な車といえばホンダの『S-MX』でしょう。「走るラブホ」とネットで検索するとヒットする車です。

ヘッドレストを外してシートを倒せば、セミダブルベッドなみの広さになる凹凸のないフルフラット機能が特徴。そして寝転がったときにちょうど手を伸ばした位置にティッシュボックス2個分の小物スペースがあるというつくり。

まさにカーセックスのための車と言えるでしょう。

(2)ヴェルファイア/トヨタ

秋田:次に紹介するのがトヨタの『ヴェルファイア』です。高級ワンボックスカーなので、グレードが最も低いものでも350万はかかってしまいます。

しかし、内装の高級感に女性は喜ぶこと間違いなし。座席はフルフラットになりますし、車内の広さから体位もある程度自由がきくのも特徴的。

(3)タンク/トヨタ

秋田:トヨタの『タンク』も忘れずにおすすめしたいところ。以前、ネット上でトヨタの公式Webサイトの、新型タンクのPRページが話題となったことがありました。

それは、フルフラットにしたシートにカップルが座っていて、女性が男性を押し倒すと車内灯が消えるというもの。次に電気がついたときには女性が身につけていたはずのカーディガンを脱いでいる。

動画に添えられたハッシュタグも「#ドライブデート #からのフルフラット #ランプを消して」と意味深。『S-MX』の再来と言われた車です。

(4)ハイエース/トヨタ

秋田:車内空間の広さならトヨタ『ハイエース』でしょう。特に『スーパーGL』ならカーセックスに向いている車といえます。

非常に大きな車体であるために、外から中をのぞき込めないという特徴が最大のメリット。また、荷室が広く、ベッドキットを組むことも可能と言われるほど。

そのスペックの高さから、カーセックスでありながらホテルでするようなプレイが楽しめる車となります。

(5)エルグランド/日産

秋田:トヨタが『ヴェルファイア』なら日産は『エルグランド』。ハイエースなどは作業者のような外観のために、女性の人気がイマイチかもしれません。ですが、『エルグランド』なら女性も喜ぶことでしょう。動く室内といわれる居心地のいい内装が特徴的。

しかし、『ヴェルファイア』がフルフラットになるのに対して、エルグランドは2列目シートの間にスペースができてしまうという欠点があります。とはいえ、カーセックスにおすすめな車ではあります。

 

5:カーセックスするときの注意点7つ

体位、場所、車種ときたら、もうおすすめするものはありません。とはいえ、今すぐにカーセックスをするというのは危険。注意点を押さえておきましょう。引き続き秋田まちこさんにお話を伺いました。

(1)見られないこと

秋田:最大の注意点は「見られないこと」でしょう。カーセックスは下手をすれば公然わいせつ罪になりかねません。見せるつもりでカーセックスをすることはないと思いますが、見られてしまうことはあると思います。

なので、場所を選ばずにしてしまうことは危険。人目に触れなくとも防犯カメラには映っていたという場合も考えられます。後部座席の窓にカーテンをつけておくといった工夫は必要になるでしょう。

(2)ドアにはロックをかけておく

秋田:ドアにロックをかけることも忘れてはいけないポイントです。誰かに見られてしまった場合、その誰かがすぐにいなくなればいいですが、好奇心からドアを開けられてしまっては大変です。

ドアにロックをかけて外から開けられないようにしておきましょう。

また最近の車は自動開閉機能がついていたりもするので、足がドアノブにあたってしまってドアが開いてしまったといったことも起こりえるでしょう。注意してください。

(3)車のバッテリーに注意

秋田:車のバッテリーにも気をつけてください。雰囲気を作るためにカーステレオをかけて情事にふけることもあるでしょう。そのときに排気ガスや音の問題からエンジンを切ることも考えられると思いますが、長時間そのままにしておくとバッテリーが上がってしまう原因になります。

またエンジンを切っていたが、ヘッドライトがついていたといった場合も危険です。十分注意してください。

(4)夏は蚊の対策も

秋田:夏場、夜中に河原に車を止めてカーセックスをすることもあるかもしれません。車内は暑いので電気系統を切っていると、クーラーを使えないことが予想できます。

外に誰もいないことを確認し、窓を開けて夜風に涼むこともあるでしょう。カーセックスをしている最中でなくても、する前や後に窓を開けることも考えられます。

そういった場合、蚊に注意してください。耳元で「ぷ~ん」と蚊の音がするとムードが台無しになってしまうかもしれません。

(5)車内が汚れない装備品

秋田:カーセックスを安全に衛生的に楽しむためには、車内が汚れない装備品を事前に用意しておく必要があります。ゴミ箱やウェットティッシュ、コンドームなどは必需品です。精液や愛液が座席のシートに付着してしまう恐れは高いです。

借りてきた車やレンタカーの場合はなおさらのこと。シートにシミを作らないように気をつけてください。

(6)無理のない体勢

秋田:カーセックスを1度経験するとわかると思いますが、車内が狭いと怪我をするリスクがあります。

無理な体勢で腰を痛めてしまったり、座席から落ちてしまったり、夢中になるあまり天井に頭をぶつけてしまったりといった失敗も。後日、身体に青あざができていたということも考えられます。

できるだけ自分や相手のことを考えて、無理のないカーセックスをしてください。

(7)クラクションを鳴らしてしまうことも

秋田:最後の注意は、クラクション。夢中になるあまり、足がハンドルにぶつかってしまいクラクションが鳴ってしまったといった失敗は予想できるでしょう。

音が鳴ってしまうと、そこにいることがわかってしまいます。カーセックスをしていることを気づかれたら、人が寄ってきたりすることもあるかもしれません。

場合によっては近所迷惑にもなりかねないので、十分注意してください。

 

6:何故したがる?男がカーセックスを好きな理由7つ

これまで体位、場所、車種、注意点をご紹介しました。もうこれでカーセックスは安心です。

しかし、どうして男性はカーセックスが好きなのでしょうか? カーセックスが好きな男性にその理由を聞いてみました。

(1)お金の節約になる

「やっぱりお金がかからないからですよね。

彼女も俺もお互いに実家暮らし。エッチするっていったら、ラブホテルにいくしかない。でも、正直、毎回行くほどのお金はないんですよ。だから、必然的にカーセックスになっちゃうんですよね」(Rくん/23歳)

(2)いつでもどこへでも行ける

「カーセックスなら、どこにでも行けるから、それがやっぱり魅力じゃない? 海の見える場所で車止めてさ、窓を開けたら潮騒が聞こえてきて、なんて最高だよね。そこで彼女と好きにエッチができる。そうやって好きな場所でできるところがいい」(Yくん/26歳)

(3)見られるかもという緊張感

「俺の場合は、彼女とマンネリ化してきたときに、たまにカーセックスをしたりするんですよ。

そうすると、刺激的ですぐに脱マンネリ。人がいない場所で見られない準備もしてするんですけど、“もしかしたら”っていうスリルが魅力的ですね」(Mくん/25歳)

(4)狭いから密着しやすい

「車の中って狭いから、エッチをしようと思ったら密着しなくちゃいけないでしょ? それがいいんですよ。エロいっていうか、興奮するね。変な背徳感とかもあって俺は好きだな」(Wくん/28歳)

(5)田舎だから

「田舎に住んでると、エッチする場所なんかないんですよ。車で都会に出てラブホテルを利用するっていっても往復に結構時間かかるから、その時間でエッチできちゃうんですよね。

あと、人が来ない場所なんて山ほどあるから、必然的にそうなっちゃうんです」(Nくん/28歳)

(6)手軽さが魅力

「やっぱり手軽さじゃない? 人が来ない場所というか、カーセックスできる場所をいくつか知ってるから、そこに車止めちゃえばすぐにできるからね」(Sくん/22歳)

(7)非日常を味わえる

「たまにするくらいがいいのかなって思うけど、やっぱり何といっても非日常感ですよね。

そういうのって旅行行ったりお金かけたりしないと味わえないけど、カーセックスなら手軽に非日常が味わえるところが魅力」(Aくん/30歳)

 

7:怖いけど良い!? カーセックスの体験談7つ

いろいろカーセックスについて語り尽くしてきましたが、女性はどう思っているのでしょうか? 最後は女性限定でカーセックスの体験談について聞いてみました。

(1)気持ちがいい

「レジャーとか行くとすごい気持ちいいじゃないですか。山とか空気が澄んでたり、小川のほとりとかだと瑞々しかったり。そういうところで窓を開けてエッチするのってすっごく気持ち良かったですね」(Yさん/23歳)

(2)2度としたくない

「ムードもあんまりなくて私は嫌いですね。彼がどうしてもしたくなって、人のいなそうな場所に車止めてそそくさとエッチした感じでしたね。まるで男性の性処理の道具って感じで2度としたくない」(Hさん/21歳)

(3)コンコンとノックされた

「デートスポットというか夜景の綺麗な場所だったので、イチャイチャしてたらそういう流れになってエッチしました。

結構車高の高い車だったんで、のぞかれる心配はなかったと思うんですけど、車が揺れてたんでしょうね。コンコンって誰かにノックされてすぐに逃げた記憶があります。あれは危険です」(Dさん/27歳)

(4)スリルがいい

「私は結構好きなんですよね、カーセックス。誰かに見られるかもしれないっていうスリルでドキドキして、より興奮できますね。

ホテルでするよりも私は好きかな。響かないように声を押し殺す感じとかも背徳的で、すっごい興奮するんです。たぶん、今週もしますよ」(Tさん/26歳)

(5)体勢を変えるのに時間がかかる

「狭いから大変っていうイメージしかないですね。体勢を変えるのも結構時間かかるし、私はそれで気分が冷めちゃうというか、ちょっとめんどうくさいと思っちゃいます。

でも彼はそれが良いみたいで、“いつもと違う感じがいい”っていってましたね」(Kさん/26歳)

(6)満点の星空を見ながら

「狭いっていうのが私は好きですね。彼と密着してても狭いから不自然じゃないですし、それが1つのプレイみたいになっていい感じ。山に行ったときにサンルーフのある車で満点の星を見ながらのエッチは最高に気持ち良かった」(Gさん/29歳)

(7)身体に青あざができた

「知らないうちに身体に青あざができていたことがあり、あんまり好きじゃないですね。

結構無理な体勢になったりするし。狭い車だと足が伸ばせなかったりして伸び伸びとできないんですよ。でも、スリルがあってマンネリ解消にはいいかもですね」(Iさん/28歳)

 

8:時と場所選びは慎重に

いかがでしたか? 都会に住んでいるとカーセックスをする機会は、あまりないかもしれませんね。人に見られる危険性が高いですし、通報されてしまっては大変です。マンネリ解消にはいいかもしれませんが、時と場所を慎重に選んでくださいね。

 

【取材協力】
秋田まちこ・・・『キャバ嬢の淫乱的SEXライフ: こんなにスゴイ!』の著者、ノンフィクションライター。
昼はOL、夜はホステス、実は人妻。
東北生まれ北米育ち。帰国後、大学生をしながら水商売の世界へ(18歳~現在)。仏文学修士号取得後、新聞社などを経て現在代理店勤務。ごく一般的なOL生活をしながらも、週末はおじさまとの滑らかなひと時を過ごすのが趣味。一瞬の甘い恋より目の前の美味しい一夜を過ごすのが何よりも好物なアラサー女子。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!