結婚式のヘアアクセ特集!お呼ばれしたときの髪飾りのマナーとおすすめ5選

結婚式にゲストとして出席するとき、「地味に悩むのがヘアアクセ」という女子も少なくないのでは。今回は、結婚式にお呼ばれしたときの髪飾りのマナーとおすすめヘアアクセをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚式のヘアアクセのおすすめは?

結婚式にお呼ばれしたときには、「普段よりも華やかなヘアスタイルで、気分を盛り上げたい!」という女子も多いはず。

シチュエーション的に花嫁さんより目立つわけにはいかないけれど、常識の範囲内で、ゲストらしい華やかさは心がけて参列したいですよね。

 

2:結婚式にお呼ばれしたときのヘアアクセのマナー

まずは、結婚式にお呼ばれしたときに気をつけたい、ヘアアクセのマナーを5つご紹介していきます。

(1)花嫁と同じヘアアクセはダメ!

結婚式ゲストのヘアアクセは、服装ほど厳格なマナーがあるわけではありません。ただし、主役は新郎新婦なので、「花嫁さんと被るものは基本的にNG」と捉えておくといいでしょう。

念のため、花嫁さんに当日の衣装やヘアアクセのテイストを聞いておくと、失敗が避けやすいです。

(2)ティアラなどのキラキラすぎるアクセは避ける

キラキラとした輝きが美しい“ティアラ”。パーティ用のヘアアクセとして愛用している女子も多いかもしれませんが、結婚式のゲストが付けていくのはタブー。

結婚式の日にお姫様になれるのは、その日の花嫁さんだけなのです。

(3)季節感が合わないものは避ける

季節感のあるヘアアクセのセレクトも、マナーのひとつです。

たとえば、真夏の挙式なのに、フェイクファーや地厚なベルベットのヘアアクセを身につけるのは、チグハグな印象に。

集合写真を撮影した際などに「ん?」と周りに違和感を抱かせない装いを意識することも、ゲストに求められる配慮です。

(4)花の髪飾りはNG

生花でもコサージュであっても、大ぶりな花の髪飾りは避けたほうが無難です。これは、花嫁さんが付けることが多いため。

小さな花モチーフが付いているバレッタなど、ヘアアクセのデザインに“花”がついていること自体は問題ないけれど、パッと見で、“いかにも花!”というサイズのものを選ぶ必要はないと言えます。

(4)純白のヘアアクセも避けたほうが無難

結婚式においては“純白”は花嫁さんの色とされています。明確なマナーはないものの、白系のヘアアクセも避けられるなら避けたほうが確実です。

場合によっては、マナーに厳しい他のゲストから、白い目で見られてしまうリスクもゼロではありません。パールアクセの場合も、純白ではなく、ブラックパールやピンク味がかかったもの、あるいはシャンパンゴールドといった色をチョイスしましょう。

 

3:結婚式のヘアアクセのおすすめ5つ

結婚式ゲストは、どんなヘアアクセをしていくべき?

ここでは、ゲストがヘアアクセを結婚式に付けていく際に、オススメできるヘアアクセを5つご紹介します。

(1)リボン

 

“リボン”のヘアアクセは、いつものまとめ髪をドレッシーかつスイートな印象に見せてくれる便利なアイテムです。

光沢のある素材や、グログランなどの上品な質感のものは、“ハレノヒ”っぽいイメージを出しやすいです。

色は黒やネイビーなど、控えめな色がおすすめ。

(2)バレッタ

まとめ髪やハーフアップに用いると便利な“バレッタ”も、ゲストにふさわしいヘアアクセです。

こちらも華美なものは避け、シックなものを選びましょう。同じものをふたつ使うと、おしゃれに装えます。

(3)ショートに似合うヘアアクセ

ショートに似合うヘアアクセの代表的なものには、“装飾ピン”があります。

ゆるっとスタイリングしたヘアに、小さめのモチーフが付いたピンを飾るだけで、華やかな“ハレノヒ”ヘアに。

ただし、たくさん散りばめると花嫁さんのようになるので、1~2本にとどめておくのが賢明です。

(4)和装に似合うヘアアクセ

お呼ばれした結婚式に着物で参列するときには、着物にあった和のヘアアクセをチョイスしましょう。正装ですので、“あえてのギャップ”は必要ありません。

また、最近では、ロングヘアでも着物のときにダウンスタイルで挑む人も少なくありませんが、結婚式のときには、結べる長さであれば必ずまとめ髪にするのがマナーです。

加えて、花嫁さんが和装をする予定がある場合には、イメージが被らないよう、事前に花嫁さんが使うヘアアクセのテイストを尋ねておくのもいいでしょう。

(5)髪飾りなし

ゲストとして参列する式では、ヘアアクセをつけないまとめ髪も粋でオシャレです。

ゆるっと髪を巻いて編み込みなどを駆使したアップスタイルにすれば、アクセがなくとも十分に華やかなスタイルが完成します。

 

4:結婚式お呼ばれゲストは花嫁に配慮した装いを!

結婚式のお呼ばれスタイルは、花嫁さんに配慮するのがマナーであり最優先。

服装にしろヘアアクセにしろ、「花嫁さんより目立たないように」を意識することが大切です。