ペアリングを左手の指につけると別れる?ペアリングを付ける指には意味があった!

キャー、彼氏とおそろいのペアリング! 嬉しい気持ちもわかりますが、何も考えずにつけていませんか? そう、実はペアリングを左手の指につけると、別れるというジンクスがあるのです。果たしてそれは本当なのか? 恋愛心理カウンセラー、占い師の筆者がペアリングのあれこれをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ペアリングは恋人たちの愛の証!

(1)ペアリングの意味は?ペアリングをつけるメリット

ペアリングには、結婚指輪や婚約指輪があります。単に男女でおそろいの指輪をつけるだけがその意味ではありません。

ペアリングはつける指や、右手か左手かによっても、さまざまな意味があります。

ペアリングをつけることは、心のつながりを深めるメリットもありますが、さらにどの指につけるかが意味することを理解すれば、より深く一体感を抱くことができるかもしれません。

(2)ペアジュエリーの中でもペアリングは人気!

ペアジュエリーは、ペアリングだけではありません。ネックレスや、ブレスレットなどもありますが、やはり1番人気はペアリング!

筆者のクライアントのジュエリーショップの店員さんによれば、ペアジュエリーを求めにショップを訪れる人の9割は男女のカップル。残りの1割は、彼女へのプレゼントを考えている男性ひとりのお客さまだそう。

そして、カップルで来店した人のほとんどがペアリングを購入。男性ひとりの場合はサイズに対する不安があり、ペアネックレスを選択する人が多いそうです。

さあ、あなたもペアリングの意味を知って、パートナーとの一体感を高めてみましょう。

(3)20代には4℃、THE KISSのペアリングが人気。30代に人気なのは……

筆者がさまざまなクライアントにアンケートした結果によれば、20代に人気のあるペアリングのブランドは、「4℃(ヨンドシー)」や「THE KISS(ザ・キッス)」。そして憧れのブランドとして人気があるのが、「TIFFANY & CO.(ティファニー)」でした。

一方、30代では、婚約・結婚指輪も「VENDOME AOYAMA(ヴァンドーム青山)」、そしてシンプルなジュエリーのラインアップで幅広い世代からも注目度の高い「ete(エテ)」の人気が伺えました。

20代ではキラキラ感やファンシーさが求められる一方で、30代になると、シンプルだったり、大人っぽさや高級感を意識するようになることがわかりますね。

さらにインターネット上のアンケートでは「STAR JEWELRY(スタージュエリー)」などのブランドは、30代からの熱い支持が見られました。

 

2:ペアリングを左手にすると別れる⁉ ペアリングをつける指の意味

(1)右手と左手はペアリングの意味が変わる?

どの指も、右手と左手ではペアリングの意味が変化します。ペアリングの意味が変わるというよりも、指そのものが持っている意味が違うため、ペアリングをするときも意味に変化が出ると言うべきでしょう。

それぞれの意味を見ていきましょう。

(2)ペアリングを親指につけたときの意味は?

親指にペアリングをすることはあまり多くありませんが、

右手:困難を乗り越えられる

左手:信念を貫くことができる

といった意味があります。もしふたりの間に大きな障害があるようなときは、親指のペアリングも良いかもしれません。

(3)ペアリングを人さし指につけたときの意味は?

人さし指は、どちらかというと自分のためにリングをつける指です。

右手:集中力を高める

左手:積極性を高める

といった意味がありますので、ペアリングではなく自分だけのリングをつける人が多いのではないでしょうか。

(4)ペアリングを中指につけたときの意味は?

中指は「薬指にペアリングをつけるのが恥ずかしい!」というような人がよくつけているのを見かけます。中指には、

右手:結果を出す

左手:直感力を高める

という意味があります。仕事を成功させて結婚したい人にはおすすめでしょう。

(5)ペアリングを薬指につけたときの意味は?

最もペアリングをつける人が多い、薬指。ただ左手の薬指は結婚指輪のために残しておきたいからと、未婚のカップルは右手の薬指にペアリングをつけることもよくあります。意味は下記の通りです。

右手:精神を安定させる

左手:ますます愛が深まる

ペアリングをつけるときは、左手のほうがカップルにとっては相応しいのでしょうが、右手の場合は浮気防止、不安の解消といった意味もあり、これもまた適切ですね。

(6)ペアリングを小指につけたときの意味は?

小指は細いので、リングをつけてもかわいらしいと女性に人気の指です。

小指の意味としては、

右手:好感度アップ

左手:願いが叶う

といったものがあります。もしペアリングをつけるなら、「いつまでも一緒にいられますように……」と願いを込めて、左手の小指につけるのがいいかもしれません。

(7)ペアリングを指以外で身につけたときの意味は?

ペアリング以外にアクセサリーといえば、ネックレスやブレスレットがあります。ペアリングを、ネックレスやブレスレットのチャームとして利用したアクセサリーも人気があります。

ネックレスもブレスレットも、もとはお守り。だから、ペアで身につけたいときは、「あなたを守りたい」という意味が込められます。

また、いずれも相手に対する首輪、手錠という意味で考えれば、相手を束縛したいという願いが込められたアイテムと解釈することも……。

いずれの場合も、お互いが相手を守り、またいつまでも深い絆でつながっていたい、という意味を見いだすことができます。

そして、ペアリングを左手につけると別れる、というジンクスの真意については、確かな答えは得られませんでした。

 

3:カップルがペアリングをつける時期はいつがベスト?

カップルがペアリングをつける時期はさまざま。ですが、きっかけとしては、1年、2年などの「記念日」や「クリスマスプレゼント」が挙げられます。

誕生日の場合は相手に対する一方向のプレゼントになりますが、クリスマスや記念日には、お互いがお互いに対して思いを伝え合う、双方向のやりとりとなります。なので、ペアリングをつける時期としては最適でしょう。

 

4:ペアリングは愛情を意識できるひとつの形!

ペアリングを贈る、つけるという行為は、相手に対する愛を表明するための、1つの形、方法です。

その証拠に、愛が薄れてきた男女は、たとえ結婚していても結婚指輪を外してしまうことが多いでしょう。

相手がペアリングを身につけている、という事実だけで、「愛されている」と実感し、恋愛が長続きするといった効果もあります。

仕事などで指輪はつけづらい、ということであればネックレスなどの方法も検討し、ぜひペアリングでふたりの愛を確かめ合ってみてくださいね。