パーソナルジム徹底比較!絶対綺麗になれるパーソナルジムは?

「健康美を手に入れたい……」と考える『Menjoy!』読者の皆さん、「痩せたい」「綺麗になりたい」と言っているだけでは、肉体改造は無理です! 行動あるのみ! 今回は健康マネジメント学の修士号を保持する筆者がパーソナルジムを徹底比較。絶対綺麗になれるパーソナルジムをご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1: パーソナルジムは女性にこそおすすめっ!

「パーソナルジムに興味はあるけれど、実態がよくわからない」と一歩踏み出せない女性が多いのでは? 実は「女性にこそ」パーソナルジムがおすすめなんです!

(1)パーソナルジムとは?

ちなみに「パーソナルジム」の定義をみなさんはご存知ですか?

パーソナルジムとは、言葉の通りパーソナルトレーニングを行う場所。パーソナルトレーニングとは、ワンツーマンでトレーニングを指導してもらうところです。

ダイエットだけでなく、筋肉増量や健康促進のための運動方法。またトレーニングのみならず、食事内容・生活習慣の指導も受けることができます。

通常のジムは自主トレーニングが基本ですが、パーソナルトレーニングは専門のトレーナーがマンツーマンで指導してくれます。

専門のトレーナーから直接指導してもらえることで、短期間でかつ、体質改善もできるため、リバウンドしにくいというのが魅力です。

女性は基本的に飽き性。ジムの会員になっただけで通わないということもザラですが、通常のジムに比べて価格も高く、マンツーマンでの指導があれば、「通おう!」という気になりますよね。

そんな気持ちにさせてくれるのが、パーソナルジムが女性におすすめの理由です。余談ですが、運よくイケメンのトレーナーに当たれば、通うのが楽しくなりますよ♡

(2)パーソナルジムのおすすめは?

現在では、大小様々なパーソナルジムやプライベートジムがあるので、自分に合ったジムを探すにも一苦労。

ということで、今回は筆者おすすめのパーソナルジムを紹介します。ポイント別に比較しながら見ていきましょう。

 

2:東京・神奈川でおすすめのパーソナルジム

(1)新宿 RIZAP WOMAN(ライザップウーマン)

料金:高い

ポイント:CMでお馴染みのライザップの女性版!

パーソナルジムの業界最大手である「ライザップ」の女性版というだけで、大きな安心感があるのがライザップウーマン。

ライザップの膨大な成功実績をもとに、女性向けに特化させたプログラム内容が組まれています。

女性専用の「ライザップウーマン」は全国で1店舗しかないプレミア店舗です。料金は入会金が50,000円、女性特化型の「美ボディメイクコース」が298,000円 (1回50分×全16回/2ヶ月)と他のパーソナルに比べ高いですが、徹底した管理で確実に痩せると評判です。

筆者の友人(男性)もライザップに通っていますが、劇的に変化を遂げた人たちばかり。圧倒的な成功ノウハウをもとに、確実に痩せることが期待できますが、やはり値段は高め。

(2)渋谷 CREBIQ(クレビック)

料金:普通

ポイント:女性専用パーソナルジム!「絶対痩せたい!」大幅減量が可能

「クレビック」は渋谷・表参道・恵比寿・銀座に店舗を構える「女性のための女性専用のパーソナルトレーニングジム」です。

女性専用なので、周りの目を気にせずにトレーニングを行えることが魅力。さらに、栄養管理は管理栄養士が徹底サポート。気になる料金は、入会金が50,000円、「スタンダードコース」が196,000円 (1回60分×全16回/2ヶ月)。

1人1人に合わせたトレーニングプログラムが組まれており、体幹トレーニングはもちろんのこと、インターバルトレーニング(高負荷、低負荷を交互に繰り返すことで効果を高めるトレーニング法)など、「どのくらい痩せたいか?」という要望に合わせて専属トレーナーがつきます。

(3)池袋 FORZA (フォルツァ)

料金:安い

ポイント:モデル体型を目指す人のためのジム

「FORZA」はモデル体型を目指す人のためのジム。

大幅な食事制限がなく、「しっかり食べながら痩せられる」といった食事指導をしていることが大きな特徴です。通常の食事を取りながらも基礎代謝を上げ、リバウンドしない体づくりを目指せます。

そして、最大の魅力は業界最安値を目指す料金設定。

パーソナルジムは入会金が通常20,000~50,000円程度しますが、「FORZA」は15,000円! 最も安い「トレーニングプラン」は112,000円(1回60分×全16回/週2回×2ヶ月)です。

池袋以外にも新宿・恵比寿・秋葉原に店舗があります。

(4)銀座 bellezza(ベレッツァ)

料金:やや高い

ポイント:食事管理にこだわったプライベートジム

コースの中にファスティング(断食)プランがあったりと、食事管理にこだわりがある印象の「bellezza」。他のパーソナルジム以上に食事調整に力を入れているのが特徴として挙げられます。

「ベーシックプラン」で金額は入会金17,500円、コース料金が192,000円(1回約75分×全16回/週2回×2ヶ月)です。(※ファスティングプランなど、プランによって入会金は異なります)

 

ジム初心者や、トレーニングが苦手な人におすすめです。

(5)恵比寿 Runway(ランウェイ)

料金:安い

ポイント:セミパーソナルスタイルがお得!

筆者が今回紹介するパーソナルジムの中で、料金・サービス共にもっともおすすめするのが、この「ランウェイ」。恵比寿だけでなく、代官山、渋谷にも駅から徒歩圏内に店舗があります。

本来パーソナルジムはマンツーマンですが、ランウェイは、女性専用のトレーニングエリアにトレーナーが常駐し、サポートしてくれる「セミ」パーソナルトレーニングが受けられるのが特徴。

月4回コースでも14,800円。普通のスポーツクラブと値段が変わりませんが、トレーニングメニューは無料で作成、同時利用人数が3名まで、と通常のパーソナルトレーニングに近い内容に。コストをおさえたい人にはおすすめです。(※入会金は30,000円)

筆者も友達と通っていました。

(6)立川 XSLIM(エクスリム)

料金:高い(※全24回)

ポイント:ダイエット後もリバウンドしない体を目指せる。

「人生最後のダイエット」をコンセプトにする「エクスリム」。

2ヶ月間トレーニング期間に加えて、4ヶ月間のアフタートフォロー(カウンセリング&トレーニング)が最初からコースに含まれ全24回のトレーニングが設定されているところが特徴です。

ほとんどのジムが16回ですが、リバウンドを防ぐためのトレーニングがついていることが最大の魅力です。

入会金30,000円、コース料金が200,000円(1回60分×全24回/2ヶ月短期集中16回+4ヶ月メンテナンス8回/6ヶ月)と高めですが、トレーニング回数が24回であることを考えると、実は1回あたりの金額は、今回比較したパーソナルジムの中でも最安値になります。

(7)六本木 Rebonmyself(リボーンマイセルフ)

料金:比較的高い

ポイント:トレーナーが全員女性! 悩みを打ち明けられる

六本木だけでなく、全国各地に店舗を構える「リボーンマイセルフ」は女性から圧倒的な支持を集めています。

最大の特徴は専属トレーナーが全員女性だということ。そのため、遠慮なく、体の悩みを打ち明けることができます。入会金は20,000円、「ダイエットコース」は220,000円(全16回/60日間)(※エリアによって異なる)と少しだけ高めです。

(8)横浜 es three(エススリー)

料金:やや高い

ポイント:託児所費用負担!産後太りの解消を目指すママさんにおすすめ!

産後ダイエットをしたいママを応援するのが、全国15店舗で展開するパーソナルジム「エススリー」。なんと横浜店は託児所サービス付の店舗です。

「子供がいるからジムには通えない……」と諦めていたママに嬉しいパーソナルジムです。入会金39,000円、「ショートプログラム会員」でコース料金は194,000円(1回65分×全16回/2ヶ月)でやや高めですが、全16回のあとにメンテナンストレーニングが2回つきます。

 

3:安いパーソナルジムは大丈夫? メリット・デメリット

パーソナルジムは場所によって価格差があるもの。ここからは、安いパーソナルジムのメリットとデメリットを見ていきましょう。

(1)リバウンドしやすい

比較的高めのパーソナルジムであれば、トレーニングが終わったあとのアフターケアまでしっかり考えてくれています。ですが、やはり安価であればそこまで手が行き届いていないことも。

アフターケアに別途追加料金が発生するケースもあります。

筆者周辺でも、安いジムに通ったところ「通っているときは痩せたけれど、すぐにリバウンドしてしまった!」というケースが多かったです。

(2)トレーナーとの相性が悪い場合が多い

近年健康ブームでパーソナルジムが増え、それに伴いパーソナルトレーナーの需要が高まっています。それが原因で、質の伴っていない知識不足のトレーナーに出くわしたというケースも増えています。

特に安いジムでは、パーソナルトレーナーを大量に採用しているため、その傾向が強いです。全員が有資格者でなく、知識不足のまま、トレーニング指導を行うといったケースもあるようです。

このようなケースを回避するためには、必ずジムと契約する前に無料カウンセリングを受けること。パーソナルトレーニングを続けるためには、トレーナーとの相性は最も重要だといっても過言ではありません。

(3)「セミパーソナルジム」は気を遣う人はNG

筆者が上記で紹介したセミパーソナルジム。確かに料金は安いのですが、周囲に気を遣ってしまう性格の人だと向きません。

「友達同士で楽しく通いたい」、「周りのことは気にしない」という人にはピッタリですが、自分のペースで、人目を気にせずトレーニングをしたい人には不向きだと筆者は思います。

 

4:まとめ

いかがでしたか?

今回は筆者おすすめのパーソナルジムを徹底比較しました。

高いダイエット食品を試し、エステ、スポーツジムを契約し、それで満足してしまった経験がある人は多いのではないでしょうか?

「絶対痩せたい!」そう思う人はパーソナルジム一択! 体質から改善していきましょう!