拝見する…ってどんな意味?「拝見」の意味とかわいい使い方

働く『Menjoy!』世代のみなさん、「拝見する」という言葉を正しく使えていますか? 「敬語」を美しく使いこなしているとデキる女度がアップしますよ♡ 今回は「拝見」の意味や、かわいい使い方をご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:拝見は謙譲語…どんな意味?

ビジネスシーンでよく使われる「拝見する」という言葉。

尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれに該当するか、わかりますか? 正解は、謙譲語。「拝見する」は「見る」の謙譲語になります。

(1)拝見の意味は?

そもそも「拝見」は、どのような意味を持つのでしょうか?

拝見(ハイケン)

[名](スル)見ることをへりくだっていう語。謹んで見ること。

(出展:デジタル大辞泉/小学館)

よく使うのは「会社の面接時」や「取引先とのやりとり」「社内の上司」に対してなど、主にビジネスシーン。

また、彼ママなど、身近な年上の人に対しても使えると好印象です。

(2)どんなときに使う?

前述したように主に「拝見する」は、ビジネスシーンで使われる言葉です。

例えば、会社で、自分より目上の存在、つまり上司や取引先の会社の人に、資料などを渡されたときに「拝見します」と言ったりしますよね。

またメールでのやりとりでも「拝見して、後程連絡します」などと使うことがあります。

ちなみに間違った使い方としてよくあるのが、「拝見いたします」などの二重敬語。「拝見」がすでに謙譲語なので、「いたします」をつけるのは間違いです。また「拝見させていただきます」も同様です。

現代では「拝見いたします」も「拝見させていただきます」も、定着している言い方。なので、使っていても、そこまで違和感を感じられることはないかもしれません。

しかし「拝見します」はシンプルにそのまま使うのが正しい、ということは覚えておきましょう。

 

2:「拝見する」を使った例文…かわいい使い方8選

では、ここからは「拝見する」を使った例文をご紹介! 好印象を持ってもらえる使い方をお届けします。

『Menjoy!』読者なら、ここからアレンジして、かわいく使っちゃいましょう♡

(1)メールを拝見しました。弊社のサービスをお褒めいただき、大変光栄です。

基本的に「拝見する」は目上の人に使う言葉です。ビジネスシーンでは、社外の取引先や上司などに使います。前述したように「拝見させていただきました」などの二重敬語には充分注意しましょう。

そしてメールで「拝見しました」を使うときは、感想を加えて返信すると好印象ですよ♡

(2)企画書を拝見しましたが、いくつか質問がございます。

企画書を持ち込んできた人に対して、資料に一度目を通したことを伝えた上で質問をする場面です。

このとき、自分が営業される立場で、相手が営業をしてきた側、つまり自分が相手より立場が上であったとしても、社外の人には基本的に謙譲語を使います。

また、「明らかに年齢が自分より下!」となった場合でも、しっかり敬語を使うのがエレガントな振る舞いです。

(3)社長の描かれた絵を拝見しました。とても素敵でした!

社内の自分より目上の人にも「拝見する」を使います。

例えば、社長の趣味の絵などを見た、というときは「拝見しました」とへりくだった表現をするのがベストです。

「見ましたよ~!」というのと「拝見しましたよ~!」というのでは、大きく印象が変わります。

(4)部長、メール拝見しました。また後程♡

ちょっぴり怪しい関係……!?

どのような関係かはさておき、上司のメールに対して、メールで返信するのではなく、このように、直接「メール、拝見しました」というのもアリ。

こちらも上記(3)同様に「見ましたよ」というよりも、デキる女度がアップ!

(5)〇〇さんの晴れ舞台を拝見できず、とても残念でした……。

「見られなかった」というときは「拝見できなかった」と表現します。

例えば、上司の結婚式に出席できなかった場合など、祝電として送る文面で「ドレス姿が見たかった」というよりは「ドレス姿を拝見できず」といったほうが丁寧です。

また冠婚葬祭で送る電報は、相手が友人であっても「拝見」を使うことが多いです。

(6)今日、〇〇部長の記事、拝見しました!

例えばTVや雑誌に目上の人が出た!というときは、「〇〇部長の記事、拝見しましたよ~!」というように見たことを伝えましょう。

会社で真っ先に、こういうのを言える女子ってやっぱりモテますし、好印象。そこで、なおかつ「拝見しました!」としっかり敬語を使えることがポイントです。

(7)〇〇さん(彼氏)の卒業アルバム、拝見しました。

彼の前では「卒アル坊主じゃん、うける!」と言えますが……彼の実家にお邪魔して、彼ママの前で言ってしまったらアウトです。

「〇〇(彼氏)の高校生のときの写真見た? 丸坊主でイケてないでしょう?」と彼ママに言われたとしても、「はい、〇〇さんの部屋で卒業アルバムを拝見しました。ザ・野球少年って感じで爽やかでした」というのがベスト……ですよね!?

使い方の話からは少しそれますが、あくまで彼ママの前では、低姿勢で。そして、彼ママがフレンドリーだったとしても、しっかりと敬語を使うのがベターです。

(8)私もその資料を拝見してもよろしいでしょうか?

ビジネスシーンでよく使う言葉ですね。

「資料を見てもいいですか?」などと言ってはいけません。あくまで社外の人、上司には「拝見してもよろしいでしょうか?」と言いましょう。またこのときも「拝見させていただいてもよろしいでしょうか?」の二重敬語に注意!

カジュアルな雰囲気の会社だったとしても、自分だけは丁寧な言葉使いをすることで、印象アップにつながるかもしれません!

 

3:「拝見する」をLINEでかわいく使ってみよう

ではここからはLINEでも「拝見する」を使ってデキる女に!

例文をご紹介します。

(1)「資料、拝見しました」から恋が生まれる!?

例えば、上司に参考になる資料をもらった場合など、LINEを知っていればその日にお礼のLINEを入れることがあるかもしれません。

そんなとき、さりげなく、「拝見しました」を使うことで、感想→尊敬の意を伝えることができるので、ラブチャンスが生まれる……かも!?

(2)憧れのあの人に!「記事拝見しました!」

憧れのあの人がメディアに!

そんなときはリアルタイムで「拝見しました」を伝えましょう。

そのとき、画像や、感想を添えるとなお良し!です。

「見ました!」というよりも「拝見しました」というほうが、尊敬も伝わっていいですね。

このケースで言うと、LINEのみならず、面接で「御社のHPを拝見して、経営理念に魅力を感じました」という場合や、憧れの著名人に対して「新刊、拝見しました!」など日常生活にもよく使います。

「見た」=「興味がある」というアピールはどんな場面でも大事です。

(3)年上の人とのデートプランも「拝見しました」!?

例えば年上の人とのデート。「この店でディナーはどうかな?」といった提案にも「ありがとうございます! レストランのHP、拝見しました。素敵な場所ですね!」と言うと「丁寧な子だな」と好印象を持ってもらえますよ。

初デートの約束時は「これでもか!」というくらい敬語を使ってみてもいいかも。(やりすぎ注意!)

そうすることで「あ、この子は外に出しても恥ずかしくない子だな」と思ってもらえますよ。そのうち「敬語はいいよ」と言ってもらえることでしょう。

オンとオフの切り替えができる女子は魅力的♡

(4)じゃあ、明日は料理勝負!お手並み拝見ね♡

これは今までの「拝見」の使い方とは異なります。

「拝見」は「拝見」でも、お手並み拝見は、絶対に目上の人に使ってはいけない表現です。だけれど、彼氏や好きな人にSっ気を出して使うのはあり。

おうちデートの前日に「料理のお手並み拝見♡」と使うのはアリですよ!

ただし、あくまで自分が料理上手な場合のみで!

 

4:デキる女はオンとオフを使い分ける♡

「拝見させていただきました」などの二重敬語を使ってしまっていた、という人も多いのではないでしょうか?

正しい日本語をマスターすれば、デキる女度がさらに上がります!

また前述したように、ビジネスシーンはもちろん、目上の彼をゲットしたい!という恋愛シーンでの「拝見する」もパワーワード♡

しっかり敬語を使える女子なら彼氏も旦那さんも「どこに連れて行っても恥ずかしくない」となり、自慢のパートナーに。

そして大事なのはオンとオフ。いつも夫の前ではだらしない言葉遣いでも、いざ夫の上司とばったり出くわしたときには「いつも〇〇がお世話になっています。あ、〇〇様の掲載されている記事、私も拝見しました! 素敵なインタビューでした」などと、さらっと言えちゃうのがデキる女子です。

美しい日本語で、女度をアップさせてくださいね♡