イキたいのにいけない…イケない原因とイケる方法10選

せっかくセックスするならば、お互い気持ちよくなりたいですよね。ただ気持ち良いだけではなくて、正直イッてみたい……なんて思っている女性も多いことでしょう。男性と違って、毎回イケるわけじゃない女子だからこそ、もやもやするところではないでしょうか。そこで今回は、女子がイケない原因と、イケるようになる方法について教えちゃいます♡ 早速、チェックしていきましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:本気でイケたことありますか?

みなさんはセックスの最中に、本気でイッた経験はありますか? 快感に悶え、病みつきになるような思いをしたことはありますか?

ひとりエッチではイケるのにセックスではいけない人、そもそもイクという経験をしたことのない女性も多いのではないでしょうか。

イッた後、ボーッと気持ちよさそうな、“賢者モード”の彼を見ると、なんだか悔しい気持ちになったりも……。

それでは、私たち女性陣がイクためには、一体、どうしたら良いのでしょうか。

 

2:イキたいのにイケない…イケない原因は?5つ

イキたいと思っているのに、イケないのはなぜでしょうか。ここでは、イケない人にありがちな原因を5つ、ピックアップしてみました。

(1)イクことを意識し過ぎている

イキたいという気持ちがある一方で、イキたいと強く意識し過ぎるとリラックスできず、余計にイケなくなってしまいます。

「イケなかったころの方が、イクことを意識していました。純粋にエッチを楽しめるようになったころに、イケるようになったのが印象的です」(30代女性・学童支援員)

彼とのエッチを楽しめるようになって、夢中になっていた結果、イケた!なんて人も少なくありませんから、まずはリラックスしてセックスに臨みましょう。

(2)彼とのエッチで痛みを感じている

もしも、彼とのセックスでイタイ……と感じているなら、イクのは難しいですね。そしてそのことは、すぐにでも彼に伝えるべきッ!

「彼がけっこうガンガンくるタイプなのですが、アソコがヒリヒリ痛むときがあります。でも痛いと言ったら彼は萎えちゃうだろうし、気を使って我慢してます。私もイッて気持ち良くなりたいのですが…」(20代女性・銀行員)

彼だけ気持ち良くなるようなエッチは、もはやエッチではありません。セックスは一緒に気持ち良くなってこそ!

(3)イケないのは自分の身体のせいだと思っている

体調次第では、イッたことのある女性だってイケなくなるものです。しかし、「私の体が不感症だからイケないんだ」なんて思い込んではいませんか?

「イケない私はきっと不感症なんだ……って思い込んでいた時期がありました。でも、実際は彼の努力不足もあったし、私も諦めていたのも悪かったと思います。今は彼と一緒に気持ちよくなる方法をいろいろ試して、無事にイケるようになりました♡」(20代女性・大学院生)

なにもイケないことは悪いことではありません。自分自身のせいだ……と責めても、気持ちよくはなれないので、前向きに!

(4)したくないプレイを強要されている

言いたくない台詞を言わされたり、縛られたくないのに縛られたり……。したくないプレイに対応していては、快感なんか得られません。

「彼は行為中に、恥ずかしい言葉を言わそうとするんです。彼のことは好きだけど、そういうのは趣味じゃなくて……。テンションが下がってしまって、イクなんか到底無理」(20代女性・英会話講師)

それはNGだから!と強く言えないのがつらいところ。早々にそのプレイから逃げて、快感を覚えられるようにしたいところ!

(5)演技をしている

そもそも、イッてもいないのにイク振りをしてしまってはいませんか? それでは彼の努力は今以上にはならず、本当にイク日は遠のくばかり……。

「彼のためにと思って、一度イク演技をしてしまいました。それを期に、そのときと同じような挿入や愛撫ばかりになってしまった彼。結局、そのままイケない日が続いています……」(30代女性・飲料店勤務)

「相手をもっと気持ち良くしてあげたい」という気持ちが、テクニックの向上につながるもの。イッていないのに、イカせるというゴールを見せてしまうのは、絶対にNG! 彼の伸びしろが無くなり、試行錯誤する機会が減ることでしょう。

 

3:イキたい!イケるようになる方法とは?5つ

次に話を聞いたのは、かつてはイクということさえ知らなかったのに、実際にイケるようになった女性たち。リアルに「イケるようになったキッカケ」を聞いてきました! これを試せば、あなたもイケるようになるかもッ!?

(1)じっくりクンニをしてもらう

イクってなに?というくらいに、セックスを気持ち良いと感じたことのなかった女性。とある日の夜、彼から「クンニしていい?」の一言! これが快感への道を開くカギだったようです。

「普段は、指で軽く触ってもらって、濡れてきたら挿入という感じでした。でも、それではイクどころか、気持ち良いとも感じませんでした。

ある日彼が『クンニしたいからしていい?』と言ってきて、恥ずかしいけどOKをしたのがキッカケ。初めは優しく、舌全体で舐めるような感じ。段々と吸い付いてきたり、舌先でツンツンしてきたり。しびれるような感覚になり、足先に力が入って、気付いたときにはなんともいえないシュワッとしたような快感が!

これがイクってことなのかぁ……とウットリしたのを今でも覚えています」(20代女性・フリーランス)

彼からの熱烈な攻めで、イク経験ができたという女性。そもそも、恥ずかしいという理由で、クンニをしてもらっていないという女性もいるのではないでしょうか?

自分では触ることはできても、舐めることはできません。彼がもししたいと言ってくれたなら、優しくじっくりと舐めてもらってみてはいかが?

(2)クリトリスをこすってもらう

女性が気持ち良いと感じるパーツが、膣の奥深くや手前にあるGスポットよりも、クリトリスである、という人は多く存在します。そして一度クリトリスでイクことを覚えると、シャワーをクリトリスに当てるだけでもイケちゃうもの。

「イッたことのない女性を含め、セックス中にイケないという女性はまず、クリトリスをこすってもらうことをオススメします。案外、挿入ではなかなか感じることができないと思うので。まずクリトリスを優しく触ってもらい、段々とこすってもらうと良いかな、と。

私自身も触ってもらい、指の腹で優しく彼にこすってもらって初めてイキました。その後は挿入しながらクリトリスをこすられて、イケるようにまでなりましたよ」(30代女性・印刷会社勤務)

クリトリスが性感帯という女性は多いので、試してみる価値はありそうですね! クンニが苦手な男性でも抵抗感が少ないことでもあるので、やってもらいやすいというメリットもあります。

(3)深い挿入をガンガンしてもらう

彼とのエッチで挿入するとき、どんな挿入をされているでしょうか? 手前側で細かなピストン運動をされているようだと、イクのは難しいかもしれません。女性の中には、深い挿入ほど感じるという体質の人もいます。この女性も、深い挿入からイク体験をしています。

「今まで付き合ってきた彼氏がしなかったような、深い挿入をしてくる今の彼とのエッチが気持ち良くってヤバいです。奥にぶつかるような、それ以上奥には入らないから……!っていうようなところをガンガン突かれて、鳥肌モノ。

一気に濡れるような感覚と、アソコの奥が熱くなるような感覚に襲われた瞬間に、身体の力が抜けてビクンビクンと跳ねました。

彼もビックリして、“おー……! イッたねー!”と感動して。イッたことのない人は、ぜひ彼に奥をガンガン突いてもらってください」(20代女性・インテリアコーディネーター)

深すぎる挿入だとイタイ!という方は難しいですが、奥が感じる体質だったら実践してみたいところ。とはいえ、奥まで届くほど彼が立派かどうか……も問題になってきそう。

(4)浅めで内壁にこすりつけるように挿入してもらう

奥深くまで突き刺さるような挿入でイッた女性がいる一方で、浅めの挿入で快感を得たという女性もいます。

「私は奥は痛いと感じる体質なので、挿入を浅めにしてもらっています。浅めの挿入で、壁にこすりつけるよう繰り返してきて……ゾワゾワするポイントがあったんです。それを伝えると“そこがGスポットかもね”と言われ、そこを執拗に攻められるようになりました。付き合って3ヶ月くらい経ったときのエッチで、ガタガタと体が震えるような気持ち良さに襲われました。

今まで体感したことのない気持ち良さだったので、これがイクってことなのかと……」(30代女性・公務員)

Gスポットは、比較的浅めのお腹側にあると言われています。浅めの挿入で、Gスポットをゴリゴリこすってもらうとイケる!というケースもよく聞くので、エッチの際に試してみてはいかがでしょうか? アソコが短い彼でも、大丈夫ッ!

(5)オナニーでイケるようになり、イク想像をしながらセックスする

そもそもイクってなに?という女性にオススメしたいのがこの方法。まずは一人エッチでイケるようになれば、その応用でセックスでもイケる! と豪語する女性もいました。

「イクことを知らなかったころは、自分でアソコを触っていじっていました。エッチな動画をスマホで見ながら、アソコを転がしたり、優しくつねったり、こすったり……。気持ち良いなと思ったポイントを重点的に触り続け、時間はかかったけど、ギュギュッと気持ちの良い波を感じるようになれました。

それからは、彼とのエッチでも、そのイク感覚を思い出しながらエッチしています。自分でイク方向に導いているようなイメージ。相手のテクに左右されず、自分でイケるのでオススメです」(30代女性・飲料メーカー勤務)

イクという快感そのものを頭で思い描きながらセックスをすることによって、自然とイケる体質になれる……これができれば、快感を覚え放題で夢のよう!

 

4:彼とのセックスで最高に気持ちの良い体験を♡

せっかく彼と体を重ねるのですから、気持ち良いほうがいいに決まってます! 女性がイクということは、男性にとってもとても喜ばしいこと。

ぜひ、彼とのセックスでイク体験をし、彼と一緒に喜び、気持ち良さに浸って眠ってみてくださいね。