付き合って1年はどんな時期?付き合って1年過ぎたカップルの結婚と別れ

「付き合って1年」は、恋人たちの分かれ道。お互いに慣れつつあり、相手を大切に思う気持ちが試され始めます。一方、これまでにはなかったすれ違いや価値観の違いなども見えてくるころ。今回は、付き合って1年経ったカップルについてのエピソードを中心にお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「付き合って1年記念日」のその後は…

付き合って1年記念日。男性が女性に花束やジュエリーを贈っている様子が目に浮かびますね。ふたりで1年記念日を祝福したあとは、よりお互いの信頼関係が増します。それだけの時間を共に乗り越えてきたわけですからね。

しかし、付き合って1年は、気の緩みも出やすい時期となります。今後、よりお互いを思いやれるのか、それともマンネリ化するのか……その分かれ道。

ちょっとした気遣いで、ふたりの関係性は大きく変わります。

(1)ラブラブでい続けているカップルの特徴は?

1年経っても、何十年経っても男性にエスコートされて幸せそうに微笑みながら、男性の手を取っている女性っていますよね。

お互いが、「自分のことを大切にしてくれている」という実感を持つことは、何年経ってもとても大切な心の支え。付き合う時期が長くなれば、どうしても初心を忘れてしまいます。そんな中でも、相手をきちんと思いやれる気持ちを持ち続けることが、ラブラブでいられる秘訣です。

(2)プロポーズを考え出すカップルも…

付き合って1年目ともなると、男性が結婚を決断して、サプライズでプロポーズをする人もいれば、カップルで結婚について話し合いを進めるパターンもありますね。

お互いの意見が一致すればいいですが、中には女性だけ結婚願望が強くなり、男性にはその気がなかったり……なんてことも。すれ違いには要注意ですね。

(3)倦怠期が始まる人もいて…

「会うのがめんどくさくなってきた」「一緒にいてもイライラするから会いたくない」など、付き合って1年たつと、付き合いたてのころには想像だにしなかった展開が訪れることもあります。

すると、どちらかが仕事を理由にして会うことを避けたり、一緒にいても相手のことを思いやれなかったり……なんてことが生じます。そうなってしまっている場合は、一度立ち止まって、自分の行動を見直してみると良さそうです。

 

2:プレゼントは?サプライズは?プロポーズも⁉ 付き合って1年記念日のラブラブエピソード5つ

(1)言葉よりもジュエリーを

「付き合って1年記念日は、彼が3か月分のお給料で指輪を買ってくれました。その日、私は熱を出してしまい自宅で安静にしてて。食事にも行けなかったのですが、彼が指輪を持ってお見舞いにきてくれたので、最高の記念日になりました。

その指輪は婚約指輪として売られていたものなんですが、プロポーズというわけでもなく、サラッとくれたことも素敵だなと思って惚れ直しました」(会社員/26歳)

(2)王道サプライズ

「私自身、付き合って1年の記念日のことを気にしてなかったので、彼からのお祝いも期待はしていませんでした。それで、いつも通り、デートで彼が車で迎えにきてくれると……。“トランクを見て”って言われて開けてみると、大きなぬいぐるみがディズニーのチケットを2枚持っていました! 特別ディズニーが好きなわけではありませんでしたが、彼なりの王道サプライズが可愛かったです」(会社受付/24歳)

(3)プロポーズ in バリ島

「1年記念日は、お互い日頃の疲れを癒すため、バリ島に行くことにしました。ふたりで貯めたお金での、初めての海外旅行。もう、本当に1年頑張って良かったなって感じですよね。

バリ島の最終日、綺麗なロケーションのレストランで、まさかの彼からの指輪と手紙。もう、涙が止まりませんでした。そして無事、結婚することになりました」(アパレル/26歳)

(4)私だけが祝った1年記念日

「1年記念日はたまたま私だけ仕事が休みだったので、お家でご飯を作って待っていました。ケーキも買って、ワインも用意して。そして、仕事帰りの彼が帰ってきました。手ぶらで。

私は意気込んで色々準備したのに、彼はただひたすら食べるだけ食べて、次の日帰っていきました。もう、なんか冷めちゃいますよね。結局その彼とは、その3か月後に別れました」(会社営業/28歳)

(5)大好きな彼とは何をしても幸せ

「大好きな彼との初めての記念日行事。どうしても記念に残しておきたいということを彼に伝えると、サプライズ下手の彼が高級ホテルの最上階のレストランを予約しておいてくれました。

もう、それだけでも嬉しくてどうにかなってしまいそうだったのに、さらに花束までくれて……。その日はそのままそのホテルに泊まらせてくれました。幸せ過ぎて、何回も泣いてしまいました!」(美容関係/24歳)

 

3:付き合って1年で転機を迎えたカップルのエピソード3つ

(1)遠距離恋愛の行く末

「もともと私と彼は大学の同級生。お互いの価値観が似ていたから、“結婚したいね”って言い合って付き合うことになりました。だから、最初から家族みたいに考えてて、毎日一緒にいるのも当たり前でした。

でも、ちょうど付き合って1年で大学を卒業し、就職。彼は地方に行ったので遠距離に。会えなくなったことで、寂しさを感じるようになってしまい、結局、別れてしまいました」(会社員/25歳)

(2)余裕のある心をもてた

「付きあって1年。まだまだお互い、仕事の安定も見えないので、結婚とまでは言えないけど、確実に将来のビジョンに向けてお互いの気持ちが強くなっているように感じています。

逆に、今すぐ答えを出す必要もないし、彼のタイミングを優先してあげたいなって思えるようになりました。そんな余裕を与えてくれる彼には、とっても感謝をしています」(派遣社員/26歳)

(3)信頼をなくしたこの1年

「最初は結婚する気で付きあってたんですが、1年経った今、絶対彼とは結婚したくありません。私が風邪をひいて寝込んでいるときに、飲み会で朝まで帰ってこなかったり、仕事を突然やめたり。

この1年で本当に信頼をなくしました。まだ別れたわけではないのですが、結婚したいという気持ちはなくなりましたね。1年前は、彼のお嫁さんになる!とはりきっていたんですけど……(笑)」(英会話講師/25歳)

 

4:まとめ

大好きな人とずっとラブラブでいたいのは、誰しもが願うことです。しかし、相手がいることですから、思うようにいかないのも事実。ときには悲しい思いも寂しい思いもするでしょう。

そんなときでも、「この人と幸せになりたい!」という気持ちがあれば、また暖かい時間を過ごせるよう、努力することができますね。

付き合って1年は、自分を試されるタイミングなのかもしれません。