ハプニングバーとは?ハプニングバーで本当にあった衝撃エピソード7選

ハプニングバーとはなんぞや? そう思い、タイトルに引かれてクリックしてみたなんて人もいることでしょう。相席バーみたいなもの?と思うなかれ……。そこにはあなたの知らないディープな世界が広がっているかもしれませんよ~。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ハプニングバーとは?

「ハプニングバー」というお店を知っていますか? 品行方正な日常生活を送っている人の場合、あまりかかわることのないお店かもしれませんね。ハプニングバーとは、文字通り「ハプニング」が起こる「バー」なのですが……。

(1)ハプニングバーのシステム

簡単に言えば、入会金やチャージ料金を払って入店し、お酒を飲みながらさまざまな“ハプニング”を楽しむバーのことです。女性は入会金やチャージ料金がなく、無料という場合も多いようです。

(2)一体全体どんなところ?

では、その“ハプニング”とは何か。ハプニングバーはあくまで“場所”でしかなく、お店がハプニングを用意しているわけではありません。そのため、日によっては非常にさまざまな出来事が起こるようです。

例えば、見知らぬ男女が知り合い、その場で大胆にイチャイチャしだしたと思ったら、そのまま奥の部屋へと消えていくようなこと……。大胆なバニーガール姿の女性客と性癖について語り合ったり、他人の情事を覗いてしまったりなど……。

サラリーマン風のスーツ姿の男性客がいるかと思えば、パンツ一丁の男がいたり、露出の激しい女性が歩いていたりなど、さまざまな人たちが入り乱れているようです。

そんな場所で、あなたならどんなハプニングを期待しますか?

 

2:実録!ハプニングバーで本当にあったエピソード

それでは、実際にハプニングバーを利用したことのある男女にお話を聞いてみました。どんなハプニングがあるのでしょうか。

(1)針で乳首を……

「この前、初めてハプニングバーに行ってみたんですよ。そしたら、ナースのコスプレした20代の女性がいて。お店の人に聞くと、その彼女、超のつく程のドMなんですって。で、ドSの男性客からいろいろと罵られてたんですけど、そのうち乳首に針を突き立てられて……」(Sさん/28歳)

最初は手首を拘束されて叱られているだけだったようですが、どんどんエスカレートしていき……。Sさんは「女性が恍惚の表情をしていたのが忘れられない」のだとか。

(2)Sっ気のある女性とお楽しみ

「半年前かな。そのときはハプニングバーにハマって、ちょくちょく通ってたんですよね。そしたら、沖縄出身っていう可愛い感じの女性と知り合ったんです。優しく口説いたら“エッチが好きで、男性の手を縛って自分が攻めたい”って言うんですよ。だからお相手しました。その子と会うと、そんなエッチばかりしてたかな」(Tさん/32歳)

さまざまな性癖を持った人たちが集まるハプニングバー。年齢層は幅広いようで、若い人もちらほらといるようです。

(3)カップルでパートナー交換

「特別なイベントで、そのときはスワッピングがあったんですよね。彼女と参加してたんですが、そこで知り合ったカップルと、パートナーを入れ替えてエッチしました。もちろん、お互いにどんなことしてるのかわかるように同じ部屋で。すっごい嫉妬するんですよ。だから、より愛情が深まるんですかね」(Tさん/29歳)

特殊な性癖をもった人たちに向けて、さまざまなイベントが開催されているようです。なかなかグレーなイベントも多いようで情報はオープンになっていないかもしれませんが、チャンスがあれば事前に調べて参加してみるといいかもしれません。

(4)まさかの女性芸能人が……

「新宿のハプニングバーに行ったんですよ。そしたら、その界隈では変態として有名な女性芸能人が来てました。僕は初めて遭遇したんですが、本当に変態でした。その人、他人の情事を見るのが好きで、それを見てひとりでするのが趣味なんですって。僕もローターで彼女のお手伝いさせていただきました」(Kさん/34歳)

ハプニングバーには、普段テレビでしか見ることのできない芸能人が来店していることもあるようです。もちろん、お忍びで来ているのだから、なかなかのレアケースでしょうが、そういった場面に遭遇するかもしれません。

(5)AV女優とお知り合いに

「この前、昼間に行ったら、有名なAV女優がふたりもきてた。ビックリしてサインもらっちゃった。そしたら、“サインだけでいいの?”って。めぼしい男性客がいなかったらしくて、俺に声をかけてくれたみたい。まさかAV女優を、それもふたりを同時に相手にする日が来るとは思わなかったよ」(Wさん/30歳)

日常とはかけ離れたハプニングバーだからこそ、そんな珍しい出会いもあるようです。

(6)複数カップルでいちゃいちゃ

「彼女に振られたばっかりで、ひとりで寂しく入店したんですよ。そしたら、3組ぐらいカップルがきてて、店員さんが気を利かせてくれて“一緒の席で飲んだらどうですか?”って、来店してた人たち全員を、個室の大きなテーブルに通してくれたんです。そしたら、ひと組のカップルがいちゃいちゃし始めちゃって、そのままの流れでどのカップルも……。ありがたいことに、僕も混ぜてもらいました」(Uさん/31歳)

ハプニングバーは男女で入店すると料金が安くなるというシステムがあるようで、恋人を連れてくる人たちもいるのだとか。

(7)縛られてつるされた

「この前、彼氏に連れられて、一緒に初めてのハプニングバーに行ったんですよ。そしたら、しつこい男が私のこと口説いてきて、それ見ながら彼氏がニヤニヤしてるんです。そしたら“こいつドMだから好きにしていいよ”って、結局ロープで縛られて、つるされちゃいました。みんなに見られてすっごい恥ずかしかったです」(Dさん/25歳)

とはいえ、Dさんはそんな放置プレイに興奮してしまったようです。ハプニングバーで自分の新しい性癖に目覚めてしまうこともあるのだとか。

 

3:摘発されているお店もあり、注意が必要!

いかがでしたか? 今回はハプニングバーについたご紹介しました。本当に何が起こるかわからないバーのようです。しかし「行ったけど何も起こらなかった」という話もあり、いつもハプニングが起こるとは限らない様子。だからこそ、ハプニングなんですね。

また注意点としては、お店が摘発され、お客さんが公然わいせつ罪で逮捕されたり、お店自体も公然わいせつほう助で処罰されたりするケースも少なくありません。

興味本位での利用は大きなリスクを伴うので危険であることを、心にとめておきましょう。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!