スピード離婚になりそう…スピード離婚の期間と理由5つと慰謝料の相場

世間には、結婚したそばから「スピード離婚になりそう……」と悩む夫婦も散見されます。そこで今回は、そんな「スピード離婚」を特集。世間から「スピード離婚」と言われてしまう期間や、その理由、慰謝料の相場などを解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:スピード離婚になりそう…でも世間体が気になる

ご縁あって結婚したのはいいものの、いざ一緒に暮らしてみたら「この人との生活は、どう考えても無理!」となることもあります。

そうなると、頭をよぎるのは“スピード離婚”。

しかし結婚式を挙げて、あるいは入籍してすぐに離婚となると、世間体が気になってしまうのも実情……。

(1)スピード離婚と言われるのはいつまで?

一般的に「スピード離婚」と表現されることが多いのは、結婚して1年以内の離婚のこと。

芸能界でも、わずか2か月ほどで離婚した女優の葉月里緒奈さんや、「ままごと婚」として話題になった、7か月で離婚した吉川ひなのさんなどが「スピード離婚」と騒がれました。

(2)スピード離婚が恥ずかしいと思ってしまう理由は…

スピード離婚を恥ずかしいと思ってしまう最大の理由は、“選ぶ人を間違えた!”ことが、世間に晒されてしまう点にもあります。

また、結婚当初から互いが違う方向を向いていたからこそのスピード離婚でもありますが、“結婚生活継続への努力ができなかった人”という烙印を世間に押されてしまいそうなことも「恥ずかしい」と感じる理由と言えます。

 

2:スピード離婚になりそう……な理由5つ

現実に「スピード離婚になりそうだ」と感じている新婚夫婦は意外といます。

そこで、実際にスピード離婚を考え始めるに足る理由を、5つご紹介します。

(1)交際から日が浅い授かり婚で…

交際から1か月で妊娠し、そのまま結婚……というケースなど、交際していた期間が短い授かり婚の場合には、出産に向けてのいろいろな準備や心構え、また産後の立ち回りなどで、ふたりのズレも露呈しやすいもの。そんなとき、スピード離婚が頭をチラつきやすいようです。

相手のことをよくわからないまま夫婦になったため、そういったズレを修復できずに、一気にスピード離婚となってしまうのでしょう。

(2)結婚直後から相手が浮気

まだまだハネムーン気分を味わっている夫婦も多い“結婚直後”のタイミングで相手の浮気が判明……。「今からこれじゃ、前途多難すぎる」となるのも、無理はありません。

その結果として、スピード離婚に至るケースも少なくはありません。

(3)結婚後に発覚した相手のモラハラや暴力

結婚するまでは相手が猫をかぶっていて、結婚してから本性を出してきた場合も、スピード離婚の理由になりやすいです。

モラハラや暴力など、一緒に生活を送れないほど耐え難い一面が露呈した場合は、「スピード離婚もやむなし」となります。

(4)結婚前の約束と異なる相手の言動

結婚前に話していた約束を一方的に破られるなど、相手が円満な結婚生活を送ろうとしない場合も、スピード離婚を考えさせられる事態になりやすいです。

結婚生活は片方だけが努力して成り立つものではありません。相手が嘘つきだったり、極端に無責任だったりすると、結婚して間もなくであっても「離婚したほうがいいかも……」を真剣に悩む事態に発展しやすいです。

(5)結婚後すぐのセックスレス

結婚してすぐにセックスレスに陥ってしまうと、将来への不安を抱きがちです。

「このまま一生、レスのままだったら……」という不安とともに、話し合いをしても改善されない場合には「いっそ早めに終止符を打ったほうが自分のため……?」となり、スピード離婚が視野に入ってきます。

 

3:弁護士に聞いた!スピード離婚の慰謝料の相場はいくら?

筆者の知人の弁護士によれば、スピード離婚でも、主な離婚理由が相手にある場合には、慰謝料を要求できるとのこと。

例えば、相手が浮気した場合、相場の慰謝料を請求することもできますし、相手から一方的に別れてほしいと言われた場合でも、こちらに離婚事由と認められる理由がなければ、慰謝料を要求できるようです。

また、自分が別れたいケースでも、相手側に離婚事由があれば慰謝料を請求できます。

慰謝料の相場については、先例に則るケースが実務上多いものの、互いの交渉と合意によっては、多少変動するのも実態。

実際には、収入など、個別の事情を勘案して、金額が決まることが多いようです。

また、ふたりの間に子どもがいる場合には、離婚後の養育費を請求することもできます。

ただし、財産分与については、結婚してからふたりで築き上げた資産や財産が対象となるため、スピード離婚だとそれほど金額が高くない傾向にあるようです。

 

4:「スピード離婚」も選択肢のひとつ

ご縁あって結婚したならば、可能な限り生涯を添い遂げるのが理想ではあります。

しかし、婚姻生活を継続しがたい理由があるならば、離婚もやむを得ないケースだって、ありますよね。

人間誰しも、失敗するもの。

実際にスピード離婚をした芸能人を見ても、早めの決断でリスタートを切ったために、着実に幸せになったケースもあります。

「このまま一緒にいても決して幸せにはなれない……」と確信するほど堪えがたい事情がある場合には、スピード離婚の選択で幸せに近づくことができるのも、また真実かもしれません。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!