ムダ毛処理はどこをどうするべき?ムダ毛を処理するべきパーツと処理方法

今回は「ムダ毛処理」を大特集! どこをどうするべきなのか、ムダ毛を処理するべきパーツと処理方法を、一般社団法人 時短美容協会代表理事である筆者が、詳細に解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ムダ毛の処理どうしてる?

女性の身だしなみである「ムダ毛処理」、みなさんは、どんなふうに行っていますか?

(1)ムダ毛処理をしない女性ってどう思う?

ところでちまたには、ムダ毛処理を一切しない女性もいます。

“女”でいることをやめてしまったケースや諦めたと考えて、「ムダ毛処理、面倒くさい……」が優先されてしまい、お手入れするのをやめてしまう女性も。

「確かに、しなかったらラクなのに…」とうらやましく思いつつ、しかしながら、そんな女性のことをどこかネガティブな目で見てしまう人は、男女問わず少なくありません。

(2)アンダーヘアのムダ毛処理は女性として当たり前?処理方法は…

「ムダ毛」と聞くと、“脇毛”がまっさきに頭に浮かぶ人も少なくないかもしれません。

昨今では、それに加えアンダーヘアのお手入れも、美意識が高い女性の間で常識になりつつあります。

アンダーヘアのお手入れ方法は、プロに委ねるという選択肢をはじめとして、専用カミソリや美容機器、普通のカミソリを使ってお手入れするなど、ケアをしている人が多い実態にあります。

(3)ムダ毛処理の頻度…みんなはどうしてる?

リビングくらしHOW研究所が実施した「ムダ毛処理事情についてのアンケート」で、全国の女性1094人に聞いたところ、30代以下の514人の女性のうち、90%以上が、自己処理、エステ、クリニックなどで何らかのムダ毛処理をしているという結果がでました。

アンケートによると、もっとも多く自己処理しているムダ毛は、「口まわりなど顔のうぶ毛」で、20代以下、30代ともに、処理の頻度は「週1回」と答えた人が最も多く、同様に、ヒジ下、膝下も週1回と答えた人が最多。

一方、脇の処理については、20代以下が週2~3回、30代は週1回、デリケートゾーンは20代以下だと月1回、30代だと月1回以下と答えた人が最も多いことがわかりました。

この頻度を、多いと見るか少ないと見るかは、個人差がありそうですが、美意識の高い女性ほどしっかりお手入れをしていることに間違いありません。

 

2:女性がムダ毛処理をするべきパーツ5つ

さて、ここからは実用的なお話に移っていきましょう。

まずは、女性がムダ毛処理をすべきと考えられている代表的なパーツを、『Menjoy!』が独自に男性にリサーチしたコメントとともに、5つご紹介します。

(1)顔

口のまわりに目立つウブ毛があると、“ヒゲ”のように見えてしまい、肌が濁った印象に。

定期的に顔剃りを行うなどして、顔のムダ毛を処理することは、美意識の高い女性の間では欠かせないお手入れです。

「ちょっと前に、いい感じになった女子とキスするときに、口まわりにうっすらとヒゲが生えていて萎えた」(Tさん・40歳/サービス)

なんていう男性の声もあるので、処理を怠るとモテを逃す引き金にも……!

(2)眉

眉を整える際に、はみ出ている眉毛を処理しておくことも大事です。

ボツボツと生えているゴマのような眉まわりのムダ毛は、男性から見てもイメージが悪いもの。

「結婚した途端、カミさんが眉の手入れをしなくなりました。いつも眉まわりにボーボーに毛が生えていて、なんだか不潔っぽくもあります。できれば眉はちゃんと整えて欲しいのですが……」(Iさん・36歳/飲食)

なんて切実な男性の声もあります。

(3)脇

ムダ毛と聞いて、いちばんに頭に浮かぶ人も多いであろう“脇毛”は、女性なら絶対にお手入れしておきたいパーツ。

「脇毛がポツポツと生えている女性を見ると、急速に萎える」(Hさん・35歳/流通)

なんてガッカリしている男性もいるため、いつなんどきも美しく整えておくに越したことはないパーツです。

(4)腕

腕の毛も、思っている以上に他人から目につく部分です。

「顔が可愛いのに、腕に毛がボウボウに生えていると、ものすごくガッカリしちゃいます。ズボラな感じがするので、女の子はちゃんとお手入れをして欲しい」(Aさん・37歳/保険)

というように、腕もしっかりチェックしている男性も。

(5)脚

ふとしたシチュエーションで他人の目に入りやすい脚のムダ毛も、ちゃんとお手入れしておくほうが、女子力をキープできます。

「どんなに形のいい脚でも、ムダ毛がもしゃもしゃ生えている時点でアウト。不潔な感じがします」(Kさん・34歳/食品)

なんて男性の本音もあるので、常にツルピカな脚をキープしておくことは、モテにもつながります。

 

3:カミソリによるムダ毛処理!気を付けるポイントとは

ところで「ムダ毛処理はカミソリ一択!」な女性も、少なくないことと思います。

しかしカミソリは扱いやすいツールである反面、肌を傷つけやすいデメリットも。

『Menjoy!』の過去記事「えーっ…アノお道具で!? 読モたちの赤裸々な“ムダ毛処理”事情」でご紹介した「カミソリでムダ毛処理をする注意点」では、毛の流れに沿って処理することと、処理後にたっぷりと保湿することのふたつのポイントが紹介されていました。

この2点だけは、どんなカミソリを使うにしても絶対に意識しておきたいポイントです。

 

4:男もムダ毛処理!男性もムダ毛処理をするべきなパーツ3つ

さて、現代は男性でもムダ毛処理をする時代。

そこで、男性がムダ毛処理をすべき代表的なパーツを3つご紹介します。

(1)すね毛

すね毛は男性のセックスアピールにもつながるもの。でも、あまりにも密度が濃かったり長すぎたりする場合には、整えるケアを行ったほうが見た目が美しくなるのは間違いありません。

ボウボウすぎるすね毛は、ゴミやホコリを巻き取ってしまうリスクもあるため、清潔感を心がけるならば、ある程度のボリュームに抑えておくほうが安心です。

(2)アンダーヘア

ボウボウすぎるアンダーヘアも、女性視点だと、ギョッとしてしまうことがあります。

まったくアンダーヘアがないツルツルの状態にする必要はなくとも、密度が濃かったり長かったりする場合には、“間引き”をするかのように、ボリュームダウンをしておきたいパーツです。

きちんと処理をすると、蒸れを防ぐこともでき、衛生面からも安心感がアップします。

(3)胸毛

セックスアピールのひとつである男性の胸毛も、度を超えて生えていると女性からの幻滅を誘いがち。

こちらも、ツルツルにする必要はなくとも、あまりにもボウボウになっている場合には、少々ボリュームダウンを図ったほうが、より美しい見た目になります。

 

5:中学生でもできる!自宅で簡単なムダ毛処理の方法3選

さて「ムダ毛処理」の方法はたくさんありますが「面倒なことはイヤ!」「手間がかかると、続けにくい」と考えている人も少なくはありません。

そこで、一般社団法人 時短美容協会代表理事の筆者が、中学生でもできちゃう簡単なセルフケアの方法をアイテム別に3選、ご紹介してまいります。

(1)カミソリ

まずは、定番中の定番とも言える「カミソリ」による処理から。

持ち手が付いている“T字カミソリ”は、初心者でも扱いやすく、力を入れずにスーッと肌を滑らせるように動かすだけで、脇や腕、脚のムダ毛を処理できます。

また、スティック状になっているカミソリは、アンダーヘアのお手入れをする際に使いやすい形状。長さを整えるときも、やりやすいですね。

(2)電気シェーバー

カミソリだと「肌を傷めそう」「間違って肌を切っちゃいそうで怖い」と思う人には、電気シェーバーがおすすめです。

近年は、パーツによってアジャスターを変えて、最適な長さに整えられるムダ毛用シェーバーもたくさん出ています。どのパーツの毛をどのくらいの長さにしたらベストなのか迷ってしまう場合には、アジャスターが複数ある電気シェーバーを利用すると失敗を防ぎやすいでしょう。

(3)ワックス

カミソリやシェーバーなど“刃”があるものを使うのは避けたい場合には、脱毛用のワックスを使う方法も手軽です。

ドラッグストアに行くと、たくさんのムダ毛用ワックスがあります。お肌のタイプや状態に合わせて使いやすそうなものを選んでみてください。

 

6:男性用も!ムダ毛処理用電気シェーバーのおすすめ商品ランキング5

ムダ毛を処理する電気シェーバーはたくさんありますが、その中でも選りすぐって初心者でも使いやすいグッズを、一般社団法人 時短美容協会代表理事の筆者がセレクトしていきます。

5位:『オムニ シェーバーminiノヘア

防水式のコンパクトシェーバーで、お肌に触れる部分に24金メッキを採用していることから、敏感な肌の人でも使いやすいアイテム。

化粧ポーチに入るサイズながら、口元、指、腕、脇、ビキニライン、脚と、全身のムダ毛ケアに使える仕様になっているので、旅先や出張先での突発的なケアにも使いやすいです。

4位:『フィリップス 7000』シリーズ

男性用ながら女性のムダ毛処理にも活用しやすいと密かに人気なのがフィリップスの7000シリーズ。

お風呂でも使用できて、肌への密着度が高い設計。細かなウブ毛も剃りやすいと人気です。

彼とふたりで使えるのも、女子には嬉しい!

3位:『パナソニック(Panasonic) ソイエ』シリーズ

美容家電に定評があるパナソニックの『ソイエ』シリーズは、初心者でも使いやすい脱毛タイプのシェーバー。

毛を「剃る」のではなく「抜く」お手入れが手軽にできるので、ムダ毛ケアの頻度を下げたい多忙な女性にも重宝するアイテムです。

2位:『ブラウン シルク・エピル・レディースシェーバー』

ムダ毛処理と同時に角質処理までできてしまう時短アイテムの『ブラウン シルク・エピル・レディースシェーバー』は、電気シェーバー初心者でも扱いやすい仕様のアイテム。

女性のボディラインにフィットする設計なので、カミソリではお手入れしにくい箇所も美しく整えられます。

1位:『パナソニック(Panasonic) フェリエ フェイス』シリーズ

顔のムダ毛処理に特化しているアイテムながら、「ひとつ持っていて損なし!」と筆者が自信をもっておすすめするのが、パナソニックの『フェリエ』のフェイス用シリーズ。

ポーチに入れておいても悪目立ちしない可愛いデザインと実力を兼ね備えた電気シェーバーで、水なしでもお肌を傷めにくい設計。なので「思い立ったときに顔のムダ毛処理ができる」のが最大の魅力です。

スーッとお肌に滑らせるだけで、細かな毛もキャッチして、初心者でも簡単に使いこなせます。

 

7:ムダ毛をケアしてモテを狙おう♡

ムダ毛ケアは、モテを狙うならば欠かせないお手入れのひとつ。

面倒に感じても、欠かさずにケアを続けることが、美意識を高めていくためにも必要不可欠です!

 

【参考】

女性(2017年/全国)「ムダ毛処理事情についてのアンケート」リビングくらしHOW研究所