いやらしい…でもドキドキしちゃう!いやらしい気持ちになったエピソード

「いやらしい……」と聞いて、どんな印象を持たれますか? 嫌悪感を覚えるか、それとも、何かしら想像を駆り立てられるか……。今回はズバリ、みんなが“いやらしい気持ち”になったエピソードや「いやらしい」と言われる人の特徴などを、一気に解説していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:いやらしいってどういう意味?

周囲から「いやらしい人」って思われていたら、イヤだなぁという気持ちになりますよね? でも、改めて「いやらしい」の意味を聞かれると、的確に答えられる自信がない人もいるのではないでしょうか!?

(1)いやらしいの意味…いい意味で使う場合もある?

そこでまずは「いやらしい」の辞書的な意味をおさらいしておきましょう。

いやらしい【嫌らしい/×厭らしい】

態度・ようすなどが不愉快でいやみな感じである。いとわしい。「おべっかばかり使って―・い」

好色らしい感じである。「―・い目つき」

〈出典:デジタル大辞泉/小学館〉

基本的な意味としては、不快かスケべか、という感じで、ネガティブな意味が強いです。いい意味で使うケースは稀と言えるワードですね……。

(2)適度にいやらしい人はモテる?

しかし、“適度にいやらしい人”は、カタブツよりもモテる傾向にあります。

度を越えていない程度の“いやらしさ”は、とっつきやすさや親しみやすさを感じさせ「あの人って、いい感じ」なんて評されることがあるのを、実際には「あるある」と言えましょう。

そういう意味では「いやらしい」は、その人の魅力になっているケースも少なからずあるのかもしれません。

(3)イヤらしいビジネスLINEって…?

他方で、“いやらしいビジネスLINE”は、不評を招きがちです。

『Menjoy!』過去記事の「イヤらしい男たちの“好ましくないビジネスLINE”を覗き見ッ」では、いやらしさを感じさせる男たちからのビジネスLINEにまつわる特徴を紹介しています。

具体的には、業務連絡のついでに容姿ボメするLINEや、仕事にかこつけて食事に誘ってくるLINE、ビジネス上の関係しかないのに恋人の有無を尋ねてくるLINEなど……。こういったLINEは「いやらしい!」と思われやすい傾向に。

プライベートな仲では許せるLINEでも、ビジネス上の付き合いしかない相手から届くと、嫌悪感しかないメッセージもあるというわけですね〜。

 

2:ホントいやらしい人ね~!いやらしいと思われる人の言動7選

さて、「いやらしい」と思われる人にはそれなりの特徴があります。

ここでは、そんな人にありがちな言動を7つご紹介します。

(1)ちょっとした会話に自慢話を混ぜる

ちょっとした会話に自分の自慢話を織り交ぜまくる人は「いやらしい人!」と思われやすい傾向にあります。

聞いている側は、ただの雑談なのか自慢話なのか区別がつかず、相槌を打つのもめんどうに感じがち……。

さりげなく自分自慢を差し込んでくるあたりにずる賢さを感じ、“いやらしい人”に認定されやすいです。

(2)媚びるのが得意で、あからさまにわざとらしい“おべっか”を使う

聞いていてぎょっとするほど、あからさまな“おべっか”を使う人も「いやらしい人」の典型です。

特に、権力に弱く、自分の上にあたる人に露骨なおべっかを使う人ほど、身近な人から「いやらしい……」と思われる傾向は強いです。

(3)下ネタを露骨に話す

露骨な下ネタを平然と話す人も「いやらしい」と思われやすい傾向にあります。

明らかにスケベなのが漏れ出ているかのようなネットリとした言い方で下ネタを嬉々として話す姿には、男女問わずに嫌悪感を示す人が多い!

(4)すぐに異性を口説く

出会ってすぐに口説き始める人も「いやらしい人」として認定されやすい傾向があります。

まだ相手のことをよくわかっていない段階なのに、熱心に口説く様子は、いやらしいイメージに加えて「信用できない人」のレッテルも貼られがち。

(5)小さなことを根に持って復讐したがる

小さなことを根に持ち続け、いつか復讐をしようと企んでいる人も、まわりから「いやらしい性格」と評される傾向です。

根がいやらしい人ほど「いつか見てろよ」「ただじゃおかない」などと、陰湿な思想をもち、復讐することに喜びを感じます。

周囲が距離を置きたくなる“いやらしい人”の典型ですよね。

(6)相手が嫌がることをしたがる

いやらしい性格の人ほど、相手が嫌がることをするのが得意です。

誰かを騙すようなことをしたり意地悪をしたりするのは、序の口。

中には、相手が強烈に苦しむのがわかっていて、わざとヒドイことをして影で笑っていたりするから、タチが悪いのです。

(7)計算高い

すべての行動の基準が「損得」にある人も、まわりから「いやらしい人」とみなされやすい傾向にあります。

あからさまに計算で動いているのがミエミエな人ほど「なんていやらしい人なの!」と強い嫌悪感を示される実態も。

周囲に人がいなくなるタイプの「いやらしい人」と言えましょう。

 

3:いやらしいけどちょっとドキドキ…⁉いやらしい言動でちょっとドキドキしたエピソード7つ

さて、巷には、いやらしい人に対して「ちょっとドキドキしちゃった!」な経験をもつ人も、散見されます。それは、“いい意味”でいやらしいということ。では、その内容は……? いやらしいけどドキドキしちゃったという体験がある人たちに方っていただきました。

(1)「君とエッチしたいな」といきなり言われ…(Tさん・33歳/医療)

「しばらく彼氏がいないこともあってか、この前行った合コンで、初対面の男性から、いきなり“君とエッチがしたい”って言われたときには、思わずドキドキしちゃいました。

露骨にそういうことを言う人って少ないですし、随分といやらしい男だなとは思ったんですが……。

逆に潔いって言うか、正面からぶつかってくる感じが、不思議とイヤではなかったんですよね。

言い方が爽やかだったのも、関係しているかもしれません」

(2)甘い言葉を囁きまくられ…(Nさん・35歳/美容)

「バーベキューで知り合った男性に、“かわいい”とか“今すぐに抱きたいほど魅力的な体”とか、出会ったその日から歯の浮くような甘い言葉をたくさん言われ、思わずドキドキしちゃいました。

その人は、タイプの女性がいると、すぐ熱烈に口説くことで有名な男性だったみたいなんです。

でも、今まで言われたことのないような褒め言葉を連発されて、私は悪い気はしなかったですね。

とはいえ、まわりの女子たちが“あの人、相当いやらしい男だから、気をつけなね!”って口々に言っていたので、深入りはしませんでした」

(3)仕事欲しさだったのは知っているけれど(Hさん・41歳/建築)

「飲み会で知り合った年下男性から、しょっちゅう連絡をもらって、たくさん褒め言葉を言われました。

その人は私から仕事が欲しかっただけのようだったので、そもそもの目的からいやらしい感じではあるのですが、普段男の人から容姿や性格を積極的に褒められることが少ないので、思わずドキドキしちゃって、悪い気はしなかったです。

まあ仕事は、あげませんでしたけどね!」

(4)「世界でいちばんタイプ」って言われました(Kさん・29歳/秘書)

「ナイトビジネスに携わっている男性から、街でいきなり声をかけられ、“世界でいちばんタイプ”って言われて、ドキドキしちゃいました。

スカウトだったみたいなんですが、強烈な褒め言葉をとにかく連発していましたね。

あんなふうに口説かれたことがないから、お店で働かせるのが目的だとわかっていても、思わずドキドキしました」

(5)慣れた様子のスキンシップにうっとりしちゃいました(Rさん・38歳/トリマー)

「しばらく彼氏がいないのもあって、この前合コンで知り合った男に、居酒屋の掘りごたつの下で足を絡められたときには、“いやらしい!”って思いつつも、ついうっとりしちゃいました……。

最近、男性とスキンシップをしていなかったので、新鮮な気持ちになっちゃったんです。

足の絡め方が慣れている感じだったので、きっとみんなにしているんでしょうけど……。

太ももの撫で具合とか、プロ級に上手でしたよ……」

(6)酔っ払った男に熱烈に口説かれて、その日のうちにねっとりとキスされました(Eさん・34歳/製造)

「女子会をしていたら、居酒屋でナンパされ、相手の男が私を、“元カノに似てる!”とかって言い出して盛り上がり、やけに熱烈に口説かれました。

私もお酒を飲んでいたので、ちょっと大胆になっていたせいか、その男と朝までハシゴ酒をして、明け方には路地裏で1時間近くイチャイチャした挙句に、ねっとりとしたキスまでしちゃったんです……。

出会ったその日に口説いたりキスしたりって、ぶっちゃけ尋常じゃないとは思うんですが、熱烈に口説いてくれたので、その場ではなんだか嬉しかったんですよね。

その後、こっちから連絡したら無視されたので、“やられた!”っていう感じではあるのですが……」

(7)強引にホテルに連れて行かれそうになりました(Sさん・37歳/経営)

「酔った取引先の男性と、飲み会の帰りに同じタクシーに乗ったんです。

車に乗り込んだ瞬間から、手を繋いできたり私の体を触ってきたりしていて、“いやらしいな”って感じてはいたんですが……。

その後、私の意見も聞かずに、運転手に“ホテルに行って。どこでもいいから”って、指示を出し始めました。

もちろん、全力で断ってことなきを得ましたが、そんなふうに強引にホテルに連れ込まれそうになったことがなく、ちょっとドキドキしちゃいました……。

相手が既婚者だったので、もしシングルな男だったら、勢いに負けちゃったかもしれません」

 

4:「いやらしい人」にはご用心!

性的な意味でもそうではない意味でも「いやらしい人」と呼ばれる部類の人には、用心しておくに越したことはありません。

“いやらしい人”は、基本的に利己的な性格が強い傾向にもあるので、深入りしてから泣きを見るケースもたくさん。

想定外の被害に遭わないよう、くれぐれもご注意くださいね~。