「エッチで逝けない…」エッチで逝けない男女の理由と逝けるようになるコツ6個

エッチにおいて、「女性は逝けなくても満足できる」など言われることもありますが、逝きたくても逝けないというのであれば問題です。エッチでより高い満足感を得るためにも、逝けるようにはしておきたいですよね。そこで今回は、「逝けるようになる」ための情報をたっぷりお届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:エッチで逝けない…

(1)エッチで逝けないと悩む女子は多い

「ひとりエッチでは逝けるけど、エッチでは逝けない」と言う女性は多いです。

たとえ逝けなかったとしても、快感が得られないわけではありませんよね。「好きな男性に抱かれれば、それだけで心は満たされる」と言う人は多いです。しかし、より高い満足感を得るためには、やっぱり逝きたいところでしょう。

それに男性の中には、女性を逝かせることに大きな喜びを感じる人もいます。彼のために、演技ではなく、リアルに逝く姿を見せたいと思うのも、これまた当然のことですよね?

(2)妻(彼女)だけEDも!エッチで逝けない男子も多い

最近では、男性のなかにも「エッチで逝けない」と悩みを抱える人もいます。挿入はできるものの、途中で萎えてしまうという状態に陥る、いわゆる“中折れ”という症状です。中折れについての詳細は、『Menjoy!』の過去記事『中折れとEDは同じ?30代・40代カップルの中折れ克服エピソード6選』を参照ください。

また、風俗店や浮気相手といった、パートナーではない女性とであれば逝けるという人もいます。これは“妻(彼女)だけED”と呼ばれる症状。なかには、妻では勃起すらしないという男性もいます。

(3)「エッチで逝けない」が別れの原因にも!?

付き合ってまだ間もないうちは、エッチで逝けなかったとしても、気にならないかもしれません。しかし月日が経ち、お互いのことがよくわかってきたにもかかわらず逝けないとなると、不安や不満を感じてしまう場合もあります。

「エッチの相性が悪いんじゃないか」「彼があんまり頑張ってくれない」などの感情が芽生え、ふたりの間にわだかまりが生まれることも……。エッチで逝けないことが、恋愛関係を蝕んでいくことは、十分にありえます。

 

2:エッチで逝けないのはなぜ?エッチで逝けない男女の理由

自分が逝けない理由は、自分でだいたいわかっているけれど、パートナーには伝えづらい……。そんな話を男女それぞれに聞いてみました。

(1)30代女性「彼のエッチが未熟」

「彼は年下で子供っぽいところがあります。それは可愛いんだけど、エッチにおいても未熟で自分勝手。挿入したあと、ガシガシと腰を振って出し入れするだけ。正直あんまり気持ち良くないし、それどころかちょっと痛いぐらいです」(Eさん・32歳)

彼のエッチは、自分の欲求だけを満たすような感じなのでしょう。若い男性のカラダは魅力的かもしれませんが、そういった精神的な幼さがエッチに反映されてしまう場合があります。

(2)20代男性「ひとりエッチのしすぎ」

「俺、エッチな動画が大好きでよく見るんです。するとやっぱりムラムラしてきて、ひとりエッチをしちゃうんですよね。そのせいでしょうか……。彼女としていても、ちょっと物足りなく感じてしまって。もっと締め付けてほしいんですよね~」(Kさん・28歳)

ひとりエッチは自分で力が調節できるだけに、強く圧をかけすぎてしまう場合があります。そうすると、次第にその強い摩擦に慣れてしまい、女性の膣の圧力では物足りなくなってしまうんですね。

(3)20代女性「コミュニケーションが少ない」

「彼とは、あまりエッチな話とかカラダについての話をしません。“どこが気持ちいい?”とか聞いてくれれば、こっちも答えやすいんだけど。やっぱり自分からは言いづらいし……。私がエッチで逝けないのは、コミュニケーション不足が大きな原因です」(Yさん・28歳)

エッチに対する相手への要求を女性からするのはちょっと……という声は多かったです。Yさんの言うように、ここは男性から聞くのがいいですね。とはいえ、あまりかしこまって切り出すと、深刻な雰囲気になりかねないので、エッチの最中やピロートーク中など、ベッド上で済ませたほうが自然です。

(4)30代男性「仕事が忙しくて」

「今年転職したんですが、その会社がブラックで……。始発から終電までなんていうのもザラ。毎日クタクタです。彼女から求められればエッチはするんですけど、ウトウトして最後までもたない。彼女は“疲れてるから仕方がない”って言ってくれるけど、いつも逝かせてあげられなくて、申し訳ない気持ちになります」(Gさん・30歳)

性欲よりも睡眠欲が勝ってしまうんでしょう。男性には“疲れマラ”という、疲労困憊のときにアソコが元気になる状態がありますが、そんな都合よくは発生しないようです。

(5)30代女性「彼が早く逝っちゃう」

「エッチのとき、彼があんまり長くできないんです。あっという間に逝っちゃう。どのくらいかというと、1分ももちません。数十秒ってところ。いくらなんでもそんな短時間では、私は逝けない……」(Kさん・31歳)

いわゆる早漏という症状ですね。しかし、体質的な問題は仕方がありません。改善されたとしても、そこまで時間を伸ばせはしないでしょう。そういう場合は、男性が指や口を使ったテクニックを磨くしかありません。

(6)30代男性「彼女があまり動いてくれない」

「彼女がエッチに積極的じゃありません。あまり動いてくれないし、声もほとんど出さない。頼むと動いてはくれるんだけど、なんか作業的な感じになってしまって……。興奮できなくて、萎えちゃうことがよくあります」(Dさん・32歳)

エッチに対して消極的で、常に受け身な女性も多いです。いわゆる”マグロ”と言われる状態ですね。騎乗位でガンガン腰を振るとまではいかなくても、自分から求めにいくぐらいの姿勢は見せたいですね。

 

3:エッチで逝けない…を解消したい!逝けるようになった男女がしたこと

エッチで逝ける喜びは、失ったときに痛感します。再び逝けるようになるために、何をすればいいのか。経験者たちの声を聞いてみましょう。

(1)30代女性「終わったあとに反省会」

「私たちカップルはエッチが終わったあと、感想を言い合います。反省会とまではいかないけど、いろいろ話しますね。あれが気持ち良かったとか、もっとこうして欲しいとか……。次に繋がるような意見を言い合います」(Rさん・30歳)

エッチが終わった直後であれば、そういった会話も自然にできそうです。感想やリクエストなども、素直に耳に入ってくるでしょう。いろいろ気付く点もあり、次のエッチも楽しみになるので、良いことづくめと言えるでしょう。

(2)30代男性:「悩まない」

「彼女とエッチしていて、3回連続で最後まで逝けないことがありました。これはさすがに男としてマズい……と落ち込みましたよね。でも、彼女が“気にすることないよ”と言ってくれて、少し気持ちが楽になった。悩まないことがいちばんだと思い直して、なんとか復活を遂げました」(Mさん・33歳)

プレッシャーを感じると、余計に逝きにくくなります。だから、深く考えすぎるのも良くない。女性としても、相手の緊張をほぐすような言葉をかけてあげられるといいですね。

(3)20代女性「ひとりエッチで逝く練習を」

「私は最近まで、逝くという感覚がよくわかりませんでした。だからこだわりもなく、エッチできればそれで満足でした。でもあるときのエッチで、パッと弾けるような感覚を味わったんです。

彼に話したら、それが逝くって感覚だって。あんなに気持ちいいものなんだな……って気付いて、それからはひとりエッチをするようになりました。それ以来、エッチでもけっこう逝けるようになっています」(Sさん・26歳)

逝くのにもコツがあります。自分の気持ちいいと感じるポイントやタイミングを知っておくことは大事。そのためのひとりエッチは、いい練習になります。ただ、ひとりエッチに慣れ過ぎると、逆にエッチで満足できなくなる可能性もあるので、しすぎには注意です。

(4)30代男性「軽い運動をする」

「30代に入ってから、ちょっと元気がなくなってきたな……とは感じていました。エッチをしても逝けない……ということも増えていて。そのことを会社の上司に相談したんです。その人は50代なのに、元気ビンビンだそうで。毎日のように奥さんとエッチしているって言うんです。

その秘訣は“運動だ”と言いました。週に3回はジョギングをしているそう。だから、僕もそれを見習って走り始めたら、だいぶ回復しましたよ」(Oさん・34歳)

運動すると血流が良くなります。血行の改善は強い勃起を促し、精力も旺盛に。足腰が鍛えられれば持続力にも繋がります。また、エッチ自体も軽い運動ですから、コンスタントにおこなうと精力維持にもなります。

(5)30代女性「エッチの前にお風呂に入る」

「逝きやすいカラダ作りのためには、リラックスが大事だということを聞き、エッチの前に必ずお風呂に入るようにしています。シャワーだけでなく、ちゃんと湯船に浸かって。それと、お風呂から上がったらストレッチなどもして、カラダをほぐします。心身ともにリラックスした状態になると、確かに逝きやすいです」(Kさん・31歳)

女性もやはり、緊張がほぐれてリラックスしていた状態のほうが逝きやすい。ほかにも、アロマを焚いたり、穏やかな音楽をかけたりするとリラックス効果が得やすいです。

(6)20代男性「女性のカラダの仕組みを学ぶ」

「僕は自分の精力については問題ないんですが、彼女を逝かせることができず悩んでいました。外イキはできるんだけど、中イキができない。いまはネットでも調べられるし、指南本なんかも多数出ています。そういうのを読んで、Gスポットの位置や刺激の仕方を学び、なんとか彼女を逝かせられるようになりました」(Jさん・28歳)

男と女とでは、カラダの作りがまったく違います。なので、カラダについて理解を深めることも大事。女性側からも、いろいろ教えてあげるといいですね。学んだことを実践で生かしていきましょう。

 

5:ふたりで力を合わせて逝く!

エッチはふたりでするものです。逝けるようになるために、まずはそういったことを気軽に相談できる関係性でなければいけません。

エッチばかりに目を向けるのではなく、普段のコミュニケーションも密におこない、良い関係性を築いてください。そして、ふたりで力を合わせて逝きましょう!