男性心理でまるわかり!恋愛における男の本音と建前

人間関係の最大の悩みは「相手の考えていることがわからない」こと。よく外国人の人が言いますが、「日本人の本音と建前がわからない」という問題です。しかもそれが恋愛だったら、「好き」といわれて喜んだのに、建前だったら落ち込みますよね。そこで今回は、恋愛における男の本音に迫ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:行動とは裏腹?男の本音が知りたい

男女を問わず、本音と行動が一致しないということはよくあります。行動というと、食べたり、飲んだり、歩いたりということをイメージしてしまうためにわかりづらいのですが、態度に置き換えればわかりやすいのではないでしょうか。

例えば、誰かに謝罪をしないといけない場面で、「自分のせいじゃないのに」と思いながら謝るという経験は、誰にだってあるでしょう。専門的に言えば、本心と実際の行動が一致しないことを、「二重束縛的コミュニケーション」と呼んだりします。

この「二重束縛的コミュニケーション」が起こっているとき、具体的に言えば、謝罪の場面などでも、「あっ、この人は本心から悪いと思っていないな」という本音が見えたりします。

これは、自分も同様のシチュエーションで、同じような態度をとった経験があることによって、相手の態度からそのときの自分の状況を振り返り、推測するからなんです。

つまり、自分がしたことがある本音と態度のズレであれば、相手が同じようにズレたときに、それがわかるということなんです。

(1)この恋は本気なの?男の本音がわからなくてつらい

男性の本音が、女性にはわからないというのは、まさにここに問題があるわけです。つまり女性は立場によって、本音と行動がずれたことがないから。

もちろん、この「わからない」というのは、男女という性別だけでなく、20代と50代という世代別でも生じます。さらに、生まれ育った国や地域によっても。なので、わからなくて当たり前なんです。

ちょっと哲学的ですが、わかりたい、わかるものだと思うからつらくなります。わからなくていいんだと考え方を変えてみてはどうでしょうか。

(2)男の本音と男心は別物?

よく『Menjoy!』でも、男心をテーマに話をします。男心とは、辞書的に言えば、

おとこ‐ごころ【男心】

1 男の気持ち。男に特有の心理。「男心をだれが知る」

2 女にひかれる男の気持ち。男の浮気な心。「男心をそそる」

3 女が男を恋い慕う心。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

とあるので、つまり男女で差のある心理ということになるわけです。

男女ですべての心理が共通していればいいのですが、もって生まれた性格や考え方、その後の育ってきた環境の中で習得された性格や考え方は、人それぞれ違います。

親兄弟であれば、一緒に暮らしている時間が長いので、何となくわかったりするの。ですが、付き合いたての男女、ましてやまだ付き合ってもいない状態だと、わからなくて当然です。

そんな男心に加えて、本当のことをいうと相手を傷つけてしまったり、場の雰囲気を悪くするという配慮から、「よかれと思って」と建前を使い、本音を隠します。そうなると、もうますます相手のことがわからない状態。ですが、それがあたりまえなんです。

 

2:好意あり?恋愛心理学でみる男の本音

とはいえ、そんな「わからなくてあたりまえです」という答えで、このコラムを閉じてしまうと身も蓋もないので、研究をもとに、恋愛にまつわる男性の本音や男心に迫ってみましょう。

(1)見た目じゃなくて、中身

これは、男の建前です。はっきり言って、男性はみんな見た目(=容姿)を重視します。

一般的には、かわいい女の子とは“かわいげのある性格”であって、甘えてくれたりする女性が好きというように思いがちです。ですが、本当はそんなことはありません。

顔が綺麗、スタイルがいい、オシャレ、センスがいい。男性心理としては、やっぱりそんな女性が好きなんです。

(2)専業主婦になってくれる控えめな女性が好き

これも男の建前です。世間的には少し景気が上向きつつあると言われているとはいえ、これまでの経験から、少しでもよりよい経済状態を求めています。そのため、結婚相手としての女性であれば、相手の女性がどれくらい稼いでいるのかということを男性は気にしています。実際は、自己主張が明確で、しっかり働いている女性が好きなんです。

(3)いつも一緒にいたい

そしてこれもまた、男の建前です。必ずしも、束縛がイヤだから一緒にいたくないというネガティブな本心ではありません。ポジティブな面でいえば、対等な人間同志の繫がりと支え合いが大事と考えていて、共生していく関係を求めています。

そのため、「甘えてくれる女性が好き」と口では言っていても、どっしり寄りかかられるような関係は望んでいないんです。

(4)楽な関係でいたい

一方でこれは、男の本音です。楽な関係とは、束縛しないとか、浮気してもOKというよりも、「気疲れしない関係」と言い換えることができるかもしれません。

言わず語らずともわかりあえる関係を求めているんです。一緒にいて安らげる、癒される相手を、男性は探してるのです。

 

3:まとめ

もしあなたが彼に「性格のいい子だよね」とか、「控えめな子だよね」といわれたら、脈なしと思ってもいいかもしれません。もちろん、すべての男性が同じ考え方とは限らないので見極めは大事です。ですが、その見極め(本音と建前の区別)が難しいわけですが……。

すでにお伝えしたように、恋愛を含めた人間関係で、相手のことがわからないのはあたりまえです。そう思って、気に悩まないようにすることこそが、最も大事なんです。