カウンセリングでセックスレスは解消できる? その効果が知りたい!

現代社会の大きな問題で、離婚の原因にさえなるセックスレス。つらい思いをしている人や、冷めてしまった関係を嘆いている人も多いでしょう。そんな人に知ってほしいのが、セックスレスのカウンセリングです。今回は、専門家の先生のお話をもとに、セックスレスカウンセリングが実際に行っていることや、その効果について紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:カウンセリングでセックスレスを改善できるの?

セックスレスのカウンセリングは、専門に取り扱っているカウンセラーが日本にはまだ少なく、十分に定着していないと言えます。そのため、「本当に役に立つの?」「カウンセリングを受けると効果はあるの?」といった疑問をもつ人もいるでしょう。

今回は、そのあたりの実態を紐解いていきます。

 

2:セックスレスのカウンセリングって何をするの?カウンセラーに聞いてみた

今回の取材にご協力いただいたのは、神奈川県横浜市にある、「リスタ・カウンセリング・ルーム」の千田恵吾先生。20年以上にわたり、年間100~200組のカップルや夫婦のカウンセリングしているプロフェッショナルです。

千田先生のお話をもとに、セックスレスのカウンセリングについて、5つのポイントをまとめてみました。

(1)女性心理を男性に理解させる

千田先生:「セックスレスカウンセリングは、女性ひとりではなく、パートナーと一緒に相談に来ていただくことを推奨しています。

パートナーとふたりでセックスについて話し合っても、意見が平行線のまま一向に解決しないということも多いのが実態。お互いの意見を聞くためにも、ふたりでカウンセリングを受けなければ、問題解決しない場合もあります。

セックスレスに対する不満やつらい気持ちって、なかなかうまく伝えられなかったり、言葉で表現するのが難しかったりしますよね。そのもやもやした気持ちを、専門のカウンセラーが分かりやすくパートナーに解説してくれるので、繊細な女性の心を理解してもらうことができます」

(2)男性心理がわかる

千田先生:「いったいなぜ男性は女性の気持ちがわからないのか?」「セックスに対して男性はどう思っているのか?」といった、女性では知り得ないことを知ることができます。

同じ人間でも、男性と女性では、考え方や価値観が大きく異なる部分もあります。男女が良い関係を築くには、違う考え方を持ったとき“どうして、わかってくれないの?”と思うのではなく、“男性はこういう考え方だから”というふうに、違いを受け入れることが欠かせません。

そのためには、男性心理を女性が知っていることが重要です」

(3)セックスレスの予防

千田先生:「結婚したての夫婦や付き合い始めたばかりのカップルなら、セックスレスなんて無縁のものだと感じるでしょう。しかし、予防のために、セックスレスカウンセリングを受けておくことも重要です。

最初は彼氏のことが好きで好きでたまらない気持ちでも、だんだんと飽きてしまったり、マンネリ化してしまうことってありますよね。そうなってしまわないよう、普段の生活の中で、どんなことに気をつけたらいいのかなどの、具体的なアドバイスを聞くことができます」

(4)セックスに対する精神的なケア

千田先生:「相手が愛するパートナーだとしても、セックスに対して、恐怖心や抵抗のある女性は少なくありません。そんなつらい思いを抱えた女性たちの精神面のケアも、カウンセリングの対象となります。

中には、性的な快感に対して、罪悪感や自己嫌悪感のような感情を抱いてしまう女性もいます。そのような感情を抱く女性に寄り添ってケアをしてくことも、カウンセリングの一環です」

(5)経験が少ない女性には、技術的な指導も

千田先生:「セックスの経験がまったくない、あるいは経験が少ないという人は、セックスって痛そうとか、全然気持ち良くないと思っていることも多いでしょう。

そのような女性に対して、痛みを抑えるためにどんなセックスをしたらいいのか、といった技術的な指導もしています。

普段、男性本位のセックスを強いられている人は、こういったカウンセリングが有効かもしれません」

 

3:カウンセリングの効果は?

では、カウンセリングの具体的な効果はどうなのでしょうか? ここでは3つの効果を解説していきます。

(1)離婚を踏みとどまることができる

千田先生:「最初は“そういえば、最近全然していないな”といった程度でしょう。それが次第に進行していってしまい、“冷え切った関係だし、我々夫婦はもう終わりだな”なんて思ってしまうことがあるのが、セックスレスの怖いところです。

セックスレスのカウンセリングを早めに受けることで、離婚の危機を回避できる可能性は十分にあります」

(2)お互いのことがよく分かる

千田先生:「一緒に住んでいるのに、最近パートナーのことが全然よくわからない」という人もいるでしょう。そのまま放っておくと、どんどん疎遠になっていくかもしれません。

しかし、カウンセリングを受けることで、しっかり話す場を設けることができます。ふたりの間にある距離感やわだかまりを解消できるかもしれません」

(3)問題意識を共有できる

千田先生:「セックスレスは、男女で温度差がある場合もとても多いです。女性からすると、深刻なセックスレスだな……と問題視しているのに、男性側では、最近してないけど、まあ大丈夫でしょと軽視しているケースも多々。

大きな問題だということを共有し、ふたりで解決していく問題だと認識することが、早期解決には肝心です」

 

4:いいカウンセラーを見つけることも大事です

「セックスレスって、デリケートな問題だし、話すのに抵抗がある……」という人も多いでしょう。しかし、包み隠さず話をしなければ、なかなか解決しないのも事実。話しやすいと感じるカウンセラーを見つけるのが大切です。

もし「素直に話せない……」「カウンセラーさんがちょっと苦手なタイプで……」というような抵抗を感じるならば、他のカウンセラーに相談してみましょう。

今回お話をおうかがいした「リスタ・カウンセリング・ルーム」は、スカイプで相談することも可能です。

もし近所に「セックスレスカウンセラーがいない」という人や、「一度近所のカウンセラーに相談したけど、ちょっと合わない感じがする……」という人は、スカイプカウンセリングを行っているサロンを探すのも手。自分に合ったカウンセラーを探すのが、解決への近道と言っても過言ではありません。

 

5:できるだけ早めのカウンセリングが重要

セックスレスになっている人は、できるだけ早くカウンセリングを受けることをおすすめします。セックスレスの進行を放置してしまうと、夫婦関係に大きな影響を及ぼすことになります。

「たかがセックスレス」なんて軽視してはいけません。少しでもセックスレスだと感じたら、早めにカウンセラーに相談しましょう。

 

【取材協力】

「リスタ・カウンセリング・ルーム」千田恵吾先生