相場は?新婚生活でそろえるべき家具家電リスト7選と選び方の注意点

結婚が決まったみなさん、おめでとうございます♡ 新生活を始める際に気になるのは「どんな家具や家電を準備すべき?」だというカップルも多いはず。そこで、新婚生活でそろえるべき家具家電リストや選び方の注意点、その相場を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:新婚で家具は何をそろえたらいい?

新婚生活を始めるにあたっては、アレコレと買いそろえる必要があるカップルも多いですよね。

“家具”については、独身時代から使っていたものを使い続けるという選択肢もあるものの、新生活のスタートに合わせて、新調したいと思う夫婦も少なくありません。

でも、予算が限られているなら「何をそろえるべきなのか?」に頭を抱えてしまう実態も……。

 

2:新婚生活でそろえたい家具家電リスト7選

そこで、新婚生活で「新調するなら、まずはここから!」という家具家電のリストを紹介します。

(1)おいしいご飯が炊ける炊飯器

毎日ふたりでいただく美味しい手料理も、新婚生活における醍醐味のひとつ。それだけに、おいしいご飯が炊ける炊飯器は、あったほうがいいに決まってますよね!

鍋を使って炊く調理法もあるけれど、忙しい共働き夫婦などは、スイッチひとつでご飯が炊ける炊飯器があったほうが当然、重宝します。

ご飯の味は、同じお米を使っても、炊飯器次第でまったく変わります。美味しいご飯が炊ける炊飯器があれば、新婚生活はより豊かなものになるでしょう。

筆者の個人的見解では、10万円弱の高性能な炊飯器がおすすめ。ここは、奮発するべきところだと言えます。

(2)ふたり分の食材が入る冷蔵庫

ひとり暮らし用の冷蔵庫では、ふたり分の食材を入れるには、ちょっと窮屈に感じることも多いはずです。

なので、できれば新生活と同時に、ふたり分の食材が十分に入る冷蔵庫を買いそろえたほうが安心。

多忙を極めている夫婦であれば、チルドルームや冷凍庫が大きいタイプを選ぶなど、ふたりの生活スタイルに合わせてセレクトするのがポイントです。

安価なものであれば5万円前後からありますが、性能やデザインにこだわるなら10〜20万程度の予算を考えておきましょう。

(3)寝心地を重視した寝具・ベッド

環境がガラリと変わる新婚当初は、どんなに毎日が楽しく感じても、肉体的疲労も溜まりがちです。

なので、ぐっすり眠れる寝具をそろえるのも、新生活にはマストな心がけに。

ふたりで寝るには窮屈なサイズのベッドや布団では、日々の疲れもとれにくいだけに、ここも奮発したいポイントです。

ベッドを買う際には、相手が寝返りをうったときにもう一方にどのくらい影響があるのかも地味に気にかけたいところ。ショールームなどで、実際に寝心地を試してから購入すことも、失敗しないコツです。

またベッドの寝心地は、値段によって差がでてくるところ。有名メーカーの30〜100万円程度のベッドは満足度の高い寝心地のものが多いですが、「そんなに予算をかけられない!」と思うのであれば、10万前後のベッドでも寝心地はまったく変わりますよ。

(4)大きめのダイニングテーブル

狭い部屋で新生活をスタートさせるカップルなら、「ダイニングテーブルは、場所をとるからいらないよね?」もしくは「ひとり暮らしのときに使っていたローテーブルで十分」なんて結論になることも。

しかし、食事だけでなく、晩酌や、一緒に何かの作業をする際など、家族団らんには必要な家具でもあるので、ふたりで使うのに十分な広さのものはできるだけ早い段階で買いそろえておきたいところです。

新居が狭いのであれば、折りたたみ式を選ぶ選択肢もありますし、椅子を置くスペースがない場合には、ちゃぶ台程度の高さのものがあれば十分です。

予算的には1万円〜100万円程度と幅広く、こだわりだすとキリがない部分でもあります。必需品と割り切って安価なものを選ぶのも方法です。

(5)高性能な電子レンジ

もはや、一家にひとつは「必需品」とも言える電子レンジも、新生活で買いそろえておきたい家電です。

最近の電子レンジは、ボタンひとつで指定したメニューの調理まで賄ってくれるものもあります。共働きで忙しい夫婦であれば、頼れる高性能な電子レンジがベストだと筆者は思います。

こちらも、10万円程度の出費は覚悟したほうがベター。節約にポイントを置くなら5万円前後の“型落ち”製品が狙い目です。

(6)大画面のテレビ

家族団らんタイムに、テレビは必須! テレビを見ながらの会話も増えますし、自宅でのラブラブ感も高まりやすいと言えます。1日の終わりに、ぼーっとしながらテレビを眺めている時間があると、穏やかな幸せを感じるカップルも多いはずです。

テレビは大画面のほうが、ふたりで見るには適しています。

国産メーカーにこだわらければ、10万くらいでそれなりに大きな画面のテレビが買えるので、こちらは予算に合わせて選びたいところ。

(7)ふたりで座れるソファ

新婚生活では、やっぱりこれまで以上に、イチャイチャした時間を楽しみたい!

そんなふうに思っているならば、ふたりで座れるソファがあると、新婚生活はより充実したものに。高価なソファではなくとも、座り心地のいいものを選ぶと、自宅にいる時間もより豊かな時間に感じられるはず。

ベッドと同じく、できればショールームなどで実際にふたりで座り心地を確かめてから買いたい家具です。

ソファも、上を見ればキリがない家具。しかし安価でもデザイン性の高いソファもたくさんあります。3〜5万円程度出せば、満足できるサイズ感のソファが手に入るはずです。

 

3:新婚生活の準備には、ある程度の出費は覚悟して

新婚生活を始めるにあたっては、ある程度の出費は、覚悟したほうが賢明。

もちろん、それぞれが独身時代から使っていた家具や家電を持ち込む方法もありますが、独身時代に使っていた家具って、元カノや元カレの思い出が染みついていたり……しませんか?

せっかくの新婚生活なわけですから、心機一転! ふたりの新しい生活の始まりの印として、新しい家具をそろえることをおすすめします♡