主婦の不倫の実態!主婦が不倫に走るきっかけと不倫にハマる主婦の特徴10選

芸能界を中心に不倫に関する報道が注目を集めた2016年から、すでに2年が過ぎようとしています。しかし、不倫がなくなったわけではありません。「主婦の不倫が増えている」なんていう話も、最近はよく耳にします。今回はそんな主婦の不倫をテーマにお送りします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:主婦の不倫が増えている?

TVドラマや小説など、今まで不倫というものは物語の題材として扱われてきました。そこに描かれているのはひとときの逢瀬を楽しむ蜜月の日々。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

2013年に『NEWSポストセブン』が40代、50代の主婦500人への不倫に関するアンケート調査を発表しています。それによると、不倫経験のある主婦は14.8%となっています。

また、株式会社MRが既婚女性400名を対象に「浮気・不倫の動向」に関するアンケート調査を実施しています。それによると、専業主婦の不倫経験者は15%ほどなのだとか。しかし、そのほとんどは専業主婦になる前の「就労中」のときという特徴があるようです。

 

2:【主婦の不倫の実態】主婦が不倫に走るきっかけ5

では、実際のところ、どんなきっかけで不倫に走ってしまうのでしょう。不倫経験のある主婦にお話を聞いてみました。

(1)元彼

「同窓会に行ったときに、元彼と久しぶりに再会して“どうしてる?”なんて話をしているうちに懐かしくなって、“今度飲みにでも行こうよ”って、約束をしたんですよね。お互い結婚して子どもがいるんですけど、子育てとかのことを相談するうちに……」(Uさん・34歳女性)

同窓会からの元彼パターン。昔の恋人と久しぶりに会うと、懐かしさもあって、忘れたはずの恋心が再燃してしまうということもあるようです。喧嘩別れをしていない相手というのが特徴な様子。

(2)ママ・パパ友

「子どもが大きくなって幼稚園とか小学校に入ると、自然とママ友とかができるじゃないですか。その中にパパさんもいて、仲良くなるってことがあるんです。特に相手がイケメンだとクラッとくることもありますね」(Oさん・32歳女性)

幼稚園に送り迎えをしているパパさんと話しをするようになり、「少しの間、子どもを見てもらえないでしょうか?」といったことから急接近。そのまま不倫関係に……なんていうパターンもあるようです。

(3)SNS

「専業主婦って、やってみると暇なんですよね。掃除洗濯、ご飯の用意をすべてこなしたところで1日かかるわけでもなく、その暇な時間を持て余して、私はSNSとかネットゲームとかをするようになりました。そこで仲良くなった相手と……って感じですね」(Eさん・29歳女性)

旦那さんが会社にいってる昼間は、ひとりの時間が続きます。最近ではネットゲームやオンラインゲームも男女ともに人気ですから、そこからチャットをしているうちにオフ会で顔を合わせてといったパターンも確かにありそうですね。

(4)趣味仲間と

「私の場合は趣味友達って感じですね。ボルダリングって最近流行ってるじゃないですか。ジムとかもけっこう多くなって。すっかりハマってクライミングジムに通っているうちに、同い年の男性と知り合って、ジムの外でも連絡を取るようになってっていう感じです」(Tさん・32歳女性)

趣味から人間関係が広がるということはよくあること。最近では婚活パーティーにクライミングジムが使われることもあります。不倫に限らず、出会いを求めている人にはいい趣味と言えるのではないでしょうか。

(5)ナンパ

「居酒屋で主婦友と飲んでたら、隣の席の人がすごいイケメンで、チラチラ見てたら声かけられちゃったんですよね。ネットで名前を調べてみたら大企業の社員で、推定年収1000万! すごく相性もいいので、今の旦那と離婚して、そっちと再婚しようかなって思ってます」(Sさん・35歳女性)

居酒屋で声をかけられて、関係を持つようになったなんて人もいました。しかも、場所を選べば高スペックの人と出会えるようです。

 

3:【主婦の不倫の実態】不倫にハマりやすい主婦の特徴5

今度はどんな女性が不倫にハマりやすいのかをご紹介します。今回は、現代の女性の生態に精通していて、『キャバ嬢の淫乱的SEXライフ: こんなにスゴイ!』の著者をもつ、ノンフィクションライターの秋田まちこさんにお話を伺いました。

(1)ブランド志向

秋田:ブランド好きな人で、商品の良さよりもネームバリューで買い物をしがちな人は、不倫に陥りやすい人と言えそうです。ブランド志向の人は付き合う相手も肩書きやスペックで見がちな傾向があり、自分のパートナーよりもより良い肩書きの人を見つけると、浮気をしてしまうことがありますね。

(2)さみしがり屋

秋田:浮気をする女性の特徴として、いろいろなところで挙げられているのが、さみしがり屋。ひとりでいると、どんどんネガティブなことを考えてしまったり、つらくなってしまったりする人は気軽に会える人を求めがち。いつの間にか肉体関係になってしまったなんて人も多いですね。

(3)友人が少ない

秋田:友達が少ない人も、不倫をしがちな傾向にあります。このタイプの人は、ひとつの人間関係に依存するタイプ。好きになった人が既婚者だったときに、キッパリと諦めることが難しい。しかも友人が少ないために、「やめておきな」といった助言をもらえないことも多いので、そのまま突っ走ってしまうなんてこともあります。

(4)自己嫌悪しがち

秋田:自分が嫌いという人や、自分は価値のない人間だと思っている人は破滅的な恋愛に走ってしまう傾向が強いですね。それこそ、自分を傷つけるようなパートナーを選んでしまったり、不倫に走ってしまったり……。

「自分は幸せになってはいけないんだ」なんて思っている人は、一度立ち止まって、振り返ってみてもらいたいです。

(5)結婚前に浮気の経験あり

秋田:これが最も分かりやすい特徴でしょう。結婚前に浮気をした経験のある人は、結婚後も浮気をしてしまう可能性があります。浮気や不倫をくり返すとそのたびに罪悪感が薄れていくので、くり返しがちになります。バレない浮気の仕方を心得ているという人もいるのが特徴的。

 

4:今や不倫相手もネットで見つける時代?

いかがでしたか? 今回は不倫をしてしまうきっかけと、不倫をしてしまう女性の特徴をご紹介しました。

最近ではSNSやマッチングアプリのようにネットを使った出会いも増えてきたので、不倫や浮気宛に気軽に出会えるようになってきているのかもしれません。

みなさんはこの事実をどう考えるでしょうか?

 

【参考】

NEWSポストセブン「不倫経験ある主婦14.8%で相手人数は「2~5人未満」が60.8%

~探偵会社による不倫動向調査~出会いは職場にあり!?現在、就労中の既婚女性の5人に1人が不倫中「働く人妻の不倫率」