合コンから付き合う確率は○%!成功者に聞いた合コンから付き合うまでの流れ

社会人の大切な出会いの場のひとつである合コン。実際に、そこから交際に発展する確率はどのくらいなのでしょうか。高いのか、それともまったく低いのか……。そこで今回は、合コンがきっかけで恋人ができた男女に聞いた、合コンから付き合うまでの流れと、合コンから交際に発展する可能性について、ご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:合コンで人を好きになった!付き合える?

「合コンで出会った人を好きになっちゃった♡」

恋人づくりのために参加したガチの合コンはもちろんのこと、付き合いで参加した合コンでも、思わぬ出会いにめぐり合うことがあります。

「合コンで好きな人ができちゃった……!」そのほとんどはひと目ぼれに近い感情かもしれません。ルックスや雰囲気で「この人、良いかも……」というところから恋が始まります。

ではそんな出会いをしたときは、どのようにアプローチしていけばいいのでしょうか?

 

2:きっかけ作りも!合コンから付き合うまでの流れ5ステップ

そこで、筆者の周辺で「合コンをきっかけに付き合った人」を探し出してみました。

現在お付き合いしている彼氏と、その前の彼氏という、ふたりの彼氏を合コンでゲットしたというSさん(27歳・女性)の経験談を参考に、合コンから付き合うまでのスタンダードな流れをご紹介します。

(1)合コンでは「共通の話題」を見つける

付き合うまでのアクションは、すでに合コン中に始まっています! 気に入った人を見つけたときは、まずはその人との会話をいかに楽しむかが重要になります。

そこで重要なのが「共通の話題」。例えば出身地や、職場、趣味など、小さなことから共通点を探していきましょう。

後からLINEなどのやりとりをするときに、会話のフックがないとなかなか連絡が続かない、ということがありますので、たくさん共通点があれば、自然と距離が縮まります。

(2)相手が興味を持つデートの誘い方を考える

最近開かれる多くの合コンでは、グループLINEができ上がるでしょう。そこから気になる人に個別にLINEを送る、という流れになります。

ここでSさんは、お相手から「映画を見に行かない?」「ビールがおいしいお店あるから、行こうよ!」というお誘いを受けました。

モテ女のSさんですが、「ご飯くらいなら割と誰でも行けるし、ふたりで話してみたら印象が変わることもある」というカジュアルな気持ちで、1回目のデートに臨むのだとか。

確かに、余程の警戒心の強いタイプでなければ、「誘われたら、とりあえず1回は行ってみるか」という考え方は、男女共に多いですよね。そのため、まずは「誘ってみる」「誘いに乗ってみる」という姿勢が大事です。

「ビールが好きって言ってたよね? クラフトビールのおいしいお店を知ってるから行こうよ!」と、相手の興味をそそるようなお誘いだとなお乗りやすい! 共通点や相手の興味のある分野を引き出して、デートに誘ってみてください。

(3)次のデートのアポを取る

一度目のデートが終わったら、「ありがとうLINE」を送ります。

デートに誘った側であれば、「次は●●行こうよ!」と、次回のアポにつながるメッセージを送っておくのがいいでしょう。

ただし、ここであいまいな返事をされてしまったら、その恋は難航するかもしれません。ここで見切りをつけるかどうかの判断はご自身で。

(4)相手の様子を探りながら告白のタイミングを計る

無事に2回目のデートにこぎつけて、それを終えたあたり……。相手の様子を見ながら、告白のタイミングを探ります。

ちなみにSさんの現在の彼氏は「合コン→1回デート→付き合う」の秒試合だったのだそう。

何回目で告白するか、恋人になるのかは、お互いのフィーリングの問題。お互いに相性が良ければ、すぐにお付き合いに発展するケースもあるでしょう。もちろん、数回デートを重ねてから告白、というパターンも多いと思います。

(5)友達にも恋バナをしながら恋愛を楽しもう

付き合うまでのプロセスを見ていきましたが、合コンから付き合うまでのプロセスは、言ってしまえば、友人の紹介で付き合うプロセスとほぼ同じ。

ですが、合コンならではということでは、「この前のあの人と……」という会話で友達同士で盛り上がれるというのがあります。

秘めた恋は、なんだか悶々としてしまい、ときにつらくなってしまうもの。また知らない男性の話を友達にしても「いいじゃん」「付き合っちゃいなよ」というポジティブ返しがたまに的外れに感じることも。

合コンであれば、「あの人、こうだよね」とか「そんな一面があるんだー」とワイワイ盛り上がりますし、ジャッジも客観性を帯びます。何より、恋バナに花が咲くのも、恋愛の醍醐味だと思いませんか?

 

3:合コンで知り合って付き合う確率ってどれくらい?3つの意見

では、続いて合コンで知り合って付き合う確率ってどのくらいなのでしょうか? すごく高いのか、逆にすごく低いのか……とても気になりますよね。当然、調査機関が全合コン参加者にアンケートをとったデータというのは存在しないので、筆者の周辺で、合コンに数多く参戦している女性たちの意見を聞いてきました。

(1)15%くらい

「私の実感では、合コンで彼氏ができる確率は、限りなく低いと思います。私は人生5回目の合コンで彼氏をゲットしましたが、私の知る限り、アラサーの合コンは、だいたい1回の合コンで1人付き合ったら奇跡!って感じなので」(Aさん・29歳女性)

(2)50%くらい

「大学4年生のときに、初めての合コンで彼氏ができました。女子がその気になれば、合コンに来ている男子は落とせると思う。相手に彼女がいなければ、の話ですけど。

女子が肉食で攻めたら、2分の1くらいの確率でうまくいくんじゃないかな」(Bさん・25歳女性)

(3)わからない

「ぶっちゃけ、その確率は、合コンの質にも深く影響しますよね。だって、付き合うかどうかは、合コン参加者の男性のスペックや、女性のルックスで決まりますから。そこがうまくマッチングすれば付き合うだろうし、そうじゃなかったら、付き合うどころか連絡先すら交換しないだろうし。

合コンは短い時間で自分の“タイプ”かどうかを見極めるんだから、出会いの場が合コンだろうが紹介だろうがアプリだろうが、付き合う確率は変わらないと思います。すべては、参加者次第かな」(Cさん・27歳女性)

 

4:合コンは非効率的という意見も

筆者が調査した中では、「今どき、合コンをするくらいなら、マッチングアプリのほうがいい」という意見も多数聞かれました。

確かに、合コンはタイプの人がひとりもいなくても、少なくとも2時間程度の時間を費やすことになります。一方のマッチングアプリは、最初から自分の条件に合う人を検索できますし、タイプの人の中でさらにやりとりをして自分に合いそうな人とだけ出会えるという点で、合コンより効率的だと言えます。

とはいえ、あの「今日はどんな人が来るのかな?」「大外れじゃん(笑)」なんていう女子トイレ内での会話は、合コンならではの楽しみ。また先ほどの少し触れたように、合コン後の「どうなった?」「実は……」なんていう会話も盛り上がります。

そう考えると、たまには合コンに出向いて、出会いを求めてみるのもあり♡と筆者は思います!