キス友を持ちたい女性の心理は?友達なのにキスしてくる男性心理も

キス友とは、 「キス」と「友達」をかけあわせた言葉。その言葉から想像できるとおり、キスをすることを含んだ友人関係です。普通の感覚であれば、恋人以外とキスをすることに対して抵抗を感じるでしょう。しかし、キス友がいる女性って意外といるようなのです。そんなキス友を欲しがる女性の心理、また友達なのにキスをしてくる男性の心理について紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:キス友とは?

キス友とは、ただの男友達でありながら、キスまではする、という新しい男女関係です。あくまで“キスをする友達”であって、そこに恋愛感情がないのがベース。ただ、キスをしているうちに、どちらか一方に、だんだん恋愛感情が芽生えてしまうこともありそう……。

もし相手のことが好きになってしまった場合、「好きなのに、私のことをキス友としか見てくれない……」といった状況に陥ってしまうので、かえってつらい関係になってしまうかもしれません。

 

2:彼氏持ちも?キス友を持ちたい女性心理3つ

ではここからは、キス友を持ちたいと思う女性の心理について。実際にキス友がいたことがあるという3人の女性に、お話を聞きました。

(1)単純にキスが大好き

「私は、キスが好きだからっていうシンプルな理由で、キス友をつくりました。正直、キスができるなら相手は誰でもいいんですが、“誰でもいいからキスしよう!”っていう感じで、手当たり次第にキスをするわけにはいきませんよね(笑)。そこはさすがに、女としてのプライドがあります。

だから、私にとって関係を秘密にしておきながらキスができるキス友は、本当に都合がいいんです。もちろん彼氏ができたらキス友の関係は解消しますよ。でも、今も彼氏はいないし、彼氏ができるまでキスをずっと我慢するなんて無理(笑)」(Nさん・24歳/大学事務)

(2)寂しい気持ちが我慢できない

「私には、彼氏とキス友の両方います。彼氏とは付き合って1年7か月になるんですが、東京と三重の遠距離なので、全然会えなんですよ。寂しい気持ちが我慢できなくて、ついキス友をつくっちゃいました……。

彼氏以外の男性とキスをすることに対して、最初は罪悪感がありました。でも最近はもう、“エッチはしていないからギリギリセーフ”という気持ちで、寂しさを紛らわしています」(Hさん・22歳/製菓業)

(3)男遊びをしたい

「“キス友になろう”っていう話をしたわけではありませんが、付き合っていないのにキスをしている男性なら、いっぱいいますよ(笑)。

“私のことが好きなんだろうな”って男性とは、キスまではさせてあげます。性格悪いって思われるかもしれませんが、複数の男性から好意を寄せられている状態って、やっぱり嬉しいというか、最高の快感(笑)。

“自分のことを好きになってくれて嬉しい。でも、付き合うかどうかはもう少し真剣に考えさせて”なんて言いながらキスをしておけば、たいていの男性は、キープ状態でも信じて待っていてくれるんですよね」(Sさん・23歳/サービス業)

 

3:キス友がいるメリット3つ

続いては、キス友がいるメリットについて考察していきます。

(1)キスがうまくなる

キス友がいるということは、自ずとキスをする機会が増えるので、当然キスがうまくなることに期待できます。

可愛らしいキスから官能的なものまで、いろいろなキスを楽しむうちに、キスだけで男性を落とせるようなテクニシャンになれるかもしれません。

(2)変な男にひっかからないで済む

キス友がいることで、精神的に満たされるため、カラダ目当ての男性や一夜を共にしたいだけの男にひっかからずに済むようになるかもしれません。

そのような男に騙されてしまうのって、「寂しい気持ちに負けてしまって、つい……」という理由が多いですが、キス友とのスキンシップで満たされていれば、寂しさに流されてしまうことは、滅多になさそうですね。

(3)彼氏ができる可能性アップ?

「干物」とか「干からびる」なんて言い方をすることもありますが、長い間、ときめきのない生活を送っている女性って、潤いが足りずココロもカラダもカサカサして、魅力的に見えないことがあります。

一方、恋をしていたり、彼氏がいて頻繁にスキンシップをしている女性は、キラキラ輝いて見えるもの。

彼氏がいなくても、キス友がいれば、男性と触れ合うことができます。干からびることを防ぎ、魅力的に見える女性のキラキラ感を維持することができるでしょう。

 

4:友達なのにキスしてくる男性心理3つ

では最後に、友達なのにキスしてくる男性心理についても触れておきます。

(1)男として意識してほしい

仲良しだけど、友達以上の関係になかなか進めない、そんな関係にもやもやした男性は、キスをしたいなーという思いを抱えているため、チャンスがあればキスをするでしょう。

「友達ではなく、恋愛対象として、ひとりの男として見てほしい」そんな思いを、言葉ではなく、キスで伝えるのです。

(2)ただしたいから、する

友達だと思っていた相手にキスをされたとき、「なんでキスしたんだろう……? 私のこと、好きなのかな?」というふうに、あれこれ考えてしまいますよね。しかし、男性のほうは特に思惑はなく、「ただキスをしたい気分だったからしただけ」という場合もあります。

悲しいことかもしれませんが、男性は「別に好きな相手でなくても、可愛ければキスしたくなる」という人が大勢いるのです……。

(3)エッチがしたい

エッチがしたくてたまらない男性は、そのあふれる欲求からキスをします。こういった人のキスを受け入れてしまうと、エッチのOKサインだと思われてしまうので要注意。

この手の男性は、キスがうまいことも多く、また、お酒が入っているなどで正常な判断ができない状況でやられてしまうと、つい流されてしまいかねないので気をつけて。

 

5:キス友は、生活を豊かにするかも

「付き合っていない相手とキスするなんてダメでしょ!」と思う人は多いでしょう。しかし、先ほど紹介したように、キス友がいることで得られるメリットは意外とたくさんあります。

退屈な毎日をガラッと変えてしまうことだって、あるかもしれませんよ。