結婚の現実…思ってたのと違いすぎ!既婚女子が絶叫した結婚の理想と現実エピソード8つ

愛しい人と愛を育んでゴールイン!でも、結婚してみたら「現実と独身時代に思い描いていた理想が違いすぎる!」となるケースもあります。今回は、結婚してから初めて感じた理想と現実のギャップについてのリアルなエピソードや、結婚してから気づいた旦那の本性に参ってしまった……という実体験をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚の理想と現実…やっぱり違うの?

結婚の理想と現実は違う……と、よく世間で言われています。身近な友人が「現実は、甘くなかった」「現実は厳しいよ」と口にしているのを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

これからの結婚生活に理想を抱いている人であれば、「結婚してみたら、悲惨な展開に、なんてことになったらどうしよう……」と、一抹の不安がよぎることもあるかもしれません。

結婚の理想と現実は、本当にそこまで違うものなのでしょうか。周囲の既婚者カップルに、リアルなエピソードを聞いてみました。

 

2:結婚の理想と現実!結婚して感じた理想と現実のギャップエピソード5選

まずは、結婚生活への理想と現実にギャップを感じたことのある既婚者5名に、その実情を語っていただきましょう。

はたして、どんなギャップがあるのでしょうか。

(1)喧嘩しないと思っていたのに、意見の相違ばかり

「交際中にはほとんど喧嘩しなかったのに、結婚してからは口論が増えました。やっぱり運命共同体となると、いろいろと価値観の違いも見えやすいですね……。

独身時代は、友達から“夫婦喧嘩した”って聞くたびに、“なんで喧嘩になるの? どっちかがすぐに折れれば済む話じゃん”って思っていましたが、現実は甘くなかったです」(Yさん・32歳女性)

(2)ラブラブ夫婦になれると思ったのに、セックスレスに

「付き合っているときには、周囲からも羨ましがられるほどラブラブだったので、結婚後もずっとそれが続くと思っていました。

なのに、結婚3年目にして、早くもセックスレスになってしまったし、会話もほとんどありません。結婚って、理想どおりにはいかないんだなぁって痛感しています」(Rさん・30歳女性)

(3)週末はいつも一緒に過ごせると思っていたのに、意外と違った

「結婚したら、週末は夫婦で楽しく過ごせると思って楽しみにしていたのに、現実は一緒にいると相手のことを煩わしく感じたり、喧嘩も増えたりで、そう甘いものではありませんでした……。

夫婦でのデートもほとんどなく、今ではふたりで外食に行くのも年に数回。しかも夫は、私に相談もなく勝手に趣味の予定を入れて出かけることもあり、思ったより寂しい週末を過ごしています」(Oさん・28歳女性)

(4)すぐに子どもに恵まれると思っていたのに、難しかった

「結婚して、それなりにエッチしていれば、自然と子どもに恵まれると思っていたけど、現実には違いました。

友達はみんな結婚してすぐ妊娠したから、私もそうだと思っていたんですが……。現在、不妊治療中を頑張っています」(Tさん・35歳女性)

(5)結婚しても性格は変わらないと思っていたのに、妻が“女”じゃなくなった

「結婚を決めるときには、相手選びについては慎重になっていたつもりだったんですが、今では失敗したとすら思っています。

妻は、独身時代は身なりも小ぎれいでお化粧もしっかりしているタイプだったのに、結婚した途端に別人に……。

ぶっちゃけ、結婚するためにキレイにしていたんじゃないかって疑ってしまうくらい。見る影もありません。もはや“女”を捨てています」(Fさん・40歳男性)

 

3:結婚相手も理想と現実は違った?結婚してわかった旦那の本性3つ

さて、結婚生活だけでなく、結婚相手についても、その理想と現実は大きく違った……ということも、実際にはあるようです。

そんな本音を抱いている3名の妻たちに、実態を語っていただきましょう。

(1)思ったよりマザコンだった

「結婚前にはまったく気づきませんでしたが、結婚してみたら、予想外にうちの旦那はマザコンでした。

義母も義母で、夫婦の話に過干渉気味なんですけど、そんな義母に対し、肯定的なことばかり言って、私のことをないがしろにする夫に、だんだんと嫌気がさしてきました」(Hさん・42歳女性)

(2)将来性があると思ったら、そうでもなかった

「独身時代は仕事に意欲的で、それなりに稼ぎがあったはずの夫ですが、結婚してからというもの、仕事での出世欲もなく、“いかに楽して稼ぐか?”ばかりに興味が向いていて、ウンザリします。

20代のころには周りの人より稼いでいたのに、そんな性格が影響して、今ではあっという間に周囲に年収を抜かれてしまいました。友達夫婦と比べると、生活レベルも逆転していて、正ガッカリです」(Sさん・39歳女性)

(3)子供をかわいがるかと思っていたら、違った

「うちの旦那は、独身時代には子ども好きだって言っていたので、子どもができたら、それなりにかわいがってくれるんだろうって思っていたのに、実際には違いました。子育ては私に任せきりで、育児にまったく協力してくれません。

子どもが小さいと大変だからと言って、滅多に家族で出かけることもなくなりました。本性はそんなに子ども好きでもなかったみたいで、騙された気分です」(Hさん・38歳女性)

 

4:理想と違う「結婚生活」は存在する…

結婚前に思っていた「こんな夫婦になりたい」「こんな結婚生活を送りたい」という理想……。

そのとおりになることもあれば、そうはならないこともあるのが人生です。

理想と異なる結婚生活を目の当たりにしたときに、どんなふうに軌道修正できるかも、“結婚の幸福度”と大きな関係があるかもしれません。