職場への結婚報告ベストタイミングと注意点!朝礼での報告するときの例文も

結婚が決まったら職場への報告も必要です。なんとなく言いづらかったり、どのタイミングで言うべきかわからなくて悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回は結婚報告のベストタイミングと、報告するときの注意点をご紹介します! さらに朝礼で報告するときの例文もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:職場への結婚報告はいつするのがいい?

結婚をするというのは嬉しい報告ですが、職場は働く場所なので、やはりタイミングやマナーが大切になってきます。結婚後も継続して働く場合はもちろん、寿退社する場合も引き継ぎなどをスムーズに行いたいですよね。そのため、報告は慎重に行いましょう!

結婚するのが嬉しくてつい浮かれてしまう気持ちもわかりますが、基本的には、落ち着いた態度で報告するのがいいでしょう。周囲からの印象を左右しますよ。

それでは、さっそく職場への結婚報告について、見ていきましょう!

 

2:入籍後でOK?会社への結婚報告の注意点3つ

結婚の報告は入籍前にしたほうがいいのか、それとも入籍後? タイミングなど、わからないことはたくさんありますよね。

まずは結婚報告の注意点から見ていきましょう。

(1)報告の順番

ついつい仲良しの同僚に真っ先に報告してしまいがちですが、一般的には最初に伝えるのは「直属の上司」になります。

その次に、上長への報告です。これは自分で行うのか、直属の上司から行ってもらうべきか、直属の上司への報告の際に確認しておくと安心です。

その後、職場へのアナウンスをしたり、同僚に報告したり、という流れになります。朝礼で報告するという場合、その際の例文も後ほどご紹介します。

(2)タイミング

職場の人を結婚式に招待する場合、相手のスケジュールにも影響しますので、3か月以上前に報告したいところです。

また休暇をもらう場合や、結婚を機に退職を考えているとうい場合は、職場の慣習にならって早めに伝えましょう。

「結婚をギリギリまで秘密にしておきたい」「なんとなく報告するのが面倒……」などの理由があったとしても、報告を後回しにするのはマナー違反になってしまいます。

(3)伝える内容

「結婚します!」という報告をする際、一緒に上司などへ伝えたい事項がいくつかあります。

結婚式を挙げるのかどうか、上司を結婚式に招待する予定かどうか、新婚旅行などで長期の休暇をとるかどうか、寿退社をするのかどうか、などです。

職場や伝える相手にとって、必要な情報をまとめて伝えるようにしましょう。特に寿退社する場合は、業務の引き継ぎなどもありますから、配慮が必須です!

 

3:朝礼での結婚報告の例文3つ

朝礼や会議、ミーティングなど、みんなの前で結婚報告しなければいけないケースもあるでしょう。

緊張しますが、挨拶をあらかじめ決めていれば無難にこなせます。例文3つをご紹介しますので、アレンジして使ってみてくださいね。

(1)入籍・挙式の時期を告げる場合

【例文】

「私ごとですが、この度、結婚することになりました。

入籍は●月でして、結婚式は●月に行う予定です。今後とも精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします」

(2)苗字の変更を告げる場合

【例文】

「●月に結婚することになりました。相手は株式会社●●に勤務している●●さんという方です。今後は、名字が●●へと変わります。

これから家庭を持ちますが、よりいっそう仕事にも励みますので、どうぞよろしくお願いします」

(3)挙式に職場の人を呼ばない場合

【例文】

「●●部の●●です。このたび、結婚することになりましたのでご報告させていただきます。結婚式は身内だけで行う予定です。

結婚後も仕事は続けさせていただきたいと思っております。これからも変わらず、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いします」

 

4:入籍のみの場合でも職場への結婚報告は必要?

結婚式をする場合、上司や同僚などを招待するために結婚報告をしなければなりませんよね。

でも、挙式をせず、入籍のみの場合は報告は必要なのでしょうか?

やはり、入籍のみでも職場への報告は必要です。苗字変更、保険や年金関係などの事務手続きが発生しますので、1か月以上前に余裕を持って報告しましょう。必要書類を教えてもらえるなど、早めの報告にはメリットも多いものです。

結婚式をしない場合は、ついつい入籍の報告を後回しにしてしまいがちですが、しっかり報告をしましょう。

 

5:職場の友人に結婚報告はどうしてる?

職場で全体に報告する以外にも、職場の友人には個別で報告したいですよね。全体と同時だと、なんとなく寂しい気分になってしまうことも。

しかし、そこは会社なので「直属の上司から」という常識的な報告の順番を守ったほうが無難です。職場の友人に先に報告し、そこから噂が広まってしまい自分が報告する前に、直属の上司の耳に入ってしまうと、気まずい思いをする可能性もありますから。

上司との信頼関係を保つため、また今後の仕事をスムーズにこなすためにも、ビジネスマナーに則った報告したほうが安心です。職場の友人も、常識的に直属の上司から報告しなければいけないということは理解してくれるはず。

全体への報告と友人への報告を同時にする場合は、その後にでも自分の口から直接報告する機会を設けられるといいですね。とくに仲の良い相手なら、直接伝えることできっと喜んでもらえますよ。

 

6:まとめ

結婚が決まったら、職場への結婚報告のタイミングなどもしっかり考えて行動しましょう。

また結婚後に仕事を続けるのかどうか、夫婦で話し合っておくと安心です。ふたりとも、各自の職場で祝ってもらえるような、結婚報告にしましょう!