浮気がバレるのはどんなとき?バレるきっかけと浮気の隠し方

浮気がバレるのはどんなときだと思いますか? ケータイを見られたり、一緒にいるところを目撃されたりなどはよくある話。ですが、そのバレ方に、男女差などはあるのでしょうか。そこで今回は、女性が浮気をしている場合、その浮気がバレるきっかけと、女性が浮気をどのように隠しているかについて、徹底解剖してまいります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:女性の浮気は男性にくらべてバレやすい?それともバレにくい?

諸説あって一概には言えませんが、女性の浮気は、男性の浮気とくらべるとバレにくいとも言われることが多いです。

その理由としては、一般的に、女性のほうが細やかな面にまで気がつきやすいから。そのため浮気をしたときにも、「こうやったらバレるだろうな」というリスクに対するケアができて、細かい部分まで気が回りやすいのかもしれません。

 

2:女性の浮気がバレるきっかけ5選

女性の浮気のほうがバレにくいとはいっても、バレるときはバレる! そこで、浮気がバレた“きっかけ”について、浮気された経験をもつ5名の男性から聞いてみました!

(1)LINEの表示で…

「元カノに浮気されていたのを知ったときの衝撃は忘れられません。

普通に“自撮り”で2ショットを撮影していたら、画面に浮気相手の男からのLINEがバナー表示されたんです。

思いっきり慌てた様子で、指でスワイプして消してましたが、内容もバッチリ読めちゃったので、関係を問いただしました。

すると、その場で浮気を認めたので、速攻で別れましたよ」(Hさん・33歳男性)

(2)香水が変わった

「前のカミさんとは、カミさんの浮気が原因で離婚しています。僕が最初に変だなと思ったのは、香水の匂いが変わったことでした。

それまでは、僕が好きだと言っていた香水しか使わなかったのが、ふとしたときに変わっていたんですよね。“これは男の影響だろうな”と思ったらビンゴ(笑)。

それがきっかけで、妻の浮気を疑い始め、最終的に証拠をつかむに至りました」(Sさん・42歳男性)

(3)飲み会が増えた

「うちは共働き夫婦なのですが、以前は飲み会なんて必要最低限しか出席しなかったのに、やけに“今夜、飲み会だから”と言い出したので、“もしかしたら浮気しているんじゃないか”と、ピンときました。

調べてみると大当たりでした。“飲み会”と嘘をついては、男とデートをしていたみたいです。探偵事務所に依頼し、揺るがぬ証拠を得たところで妻に見せたところ、観念して相手の男と別れさせました」(Eさん・45歳男性)

(4)聞いたことのない友人の名前が頻繁に出てきた

「同棲している彼女が、週末にひとりで外出する頻度が増えてきたんです。

それ自体はあまり気になっていなかったんですが、僕が聞いたことのない“友人”の名前がたびたび出てくるようになり、“なんか変だな”と感じたのが、浮気を疑ったきっかけです。

最初は泳がせてみたんですが、あるときに“いつも遊んでいる山本さんって誰? 写真を見せて”と言ったら、彼女の顔が真っ青に。

“あれだけ頻繁に遊んでいるなら、写真の一枚くらいはあるだろう”と詰め寄ると、途端にしどろもどろになり、最終的に浮気を白状しました」(Uさん・34歳男性)

(5)エッチが変わった

「離婚した妻が浮気をしていましたが、気づいたきっかけはズバリ、エッチです。

あるときに、フィット感が変わったというか、なんとなく違和感があって、それから“おかしいな”って思うようになりました。

その後もたびたび違和感があったので、調べてみたところ、よその男と付き合っている事実が判明しました」(Fさん・44歳男性)

 

3:絶対にバレない!浮気する女性たちの上手な隠し方5選

他方で「私の浮気は、絶対にバレない」と豪語するツワモノもいます。そこで、そんな自信満々の女性たちに、浮気の隠し方を尋ねてみました。

(1)事前にアリバイ写真を仕込む

「夫から、“写真を送って”とか“その日の写真を見せて”と言われたときにも慌てないで済むよう、私は事前にアリバイ写真を仕込んでいます。

その日の口実に使った友人と会ったときに、写真を撮り溜めておけば、“今、この子と飲んでまーす”と言いつつ、日付と時間を変更して、本当っぽいLINEを送るのにも役立ってます」(Yさん・33歳女性)

(2)浮気専用のメッセージアプリを使う

「普段使っているLINEとかだと、うっかり開いているのが見られちゃったり、誤発信とかのリスクもありますよね。都度消すのも大変で、つい忘れちゃったり。

なので、浮気相手にしか使わないメッセージアプリを使って、連絡をとっています。当然通知はオフ。アプリ自体も、相当探さないと見つからないような奥地に置いてあります」(Sさん・35歳女性)

(3)協力者を準備しておく

「まわりに何人か不倫している友人がいるので、あらかじめ協定を結んでいて、誰かがヤバくなったら、事前の依頼なしでも口裏を合わせるよう、約束しています。

これで旦那が疑って、“本当に●●ちゃんといたのか、この場で確かめる”と言って、電話されたとしても大丈夫」(Wさん・39歳女性)

(4)バレそうな日は会わない

「第六感が働いて、“今日は、夫に疑われていそう”と少しでも思った日には、潔くデートをキャンセルして、家にいるようにしています。

本当は彼と会いたいけれど、無理をすればリスクが上がりますから。

これまでに、この第六感のおかげで二度ほど危機を逃れています」(Aさん・43歳女性)

(5)全部は言わないけど、一部は本当のことを言う

「夫に、その日にあったことを全部は言わないけど、一部は真実を伝えるようにしています。

行ったレストランや食べた食事の内容、彼との会話の中身で差し支えのない箇所なんかは、全部“彼”の部分を女友達に置き換えて報告。

こうすることで、あとから話のつじつまが合わなくなる事態を避けやすくなっています」(Mさん・34歳女性)

 

4:女性の浮気だって、バレるときはバレる

一般的には「バレにくい」と言われる“女性の浮気”ですが、それでもバレるときにはバレます。

みなさんのまわりにも「バレてないはず」とタカをくくっていて、浮気がバレた女性がいるのではないでしょうか……!?