背徳感の意味は?背徳感を覚えた恋愛エピソードやセックス体験6選

やってはいけないとわかっていることを、我慢しきれずついついやってしまった経験はありませんか? そして、その「やってはいけない」という縛りのせいで、なおさらよく感じてしまったり……。そのような感覚を「背徳感」といいます。今回はこの感覚について深掘りしていきます。実は恋愛につきものだったり、燃えるようなセックスをするのに必要だったりするんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:背徳感の意味は?

なんとなくわかるようでいて、正しい意味を説明しづらい「背徳感」という言葉。まずはこの言葉の意味を、辞書で確認しましょう。

はい‐とく【背徳】

道徳にそむくこと。「―行為」「―者」

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

つまり背徳感というのは、「いけない……」と思う感覚のこと。罪悪感とも言い換えられます。恋愛においては、ダメだとわかっているのにズルズルと……なんていうことは多いですよね。またときにはセックスを盛り上げる役目を果たすことも。

では、具体的に背徳感を感じるときとはどういうときなのでしょうか? 背徳感を感じる恋愛のエピソードやセックスエピソードを見ていきましょう。

 

2:背徳感を覚えた恋愛エピソード5つ

まずは、背徳感を感じた恋愛エピソードを見ていきましょう

(1)友達の彼を略奪

「私は昔、友人の彼氏を奪ってしまったことがあります。仲の良い友人の彼氏だったのですが、仲良しのグループみたいに、ふたりと一緒に会うことが多くなりました。

しかしある日、気軽な気持ちで連絡先を交換してから、彼とふたりでやりとりをすることが増えていきました。

最初は友人に悪いなって思ったのですが、自分の気持ちに逆らうこともできなくて……。結局、私たちの関係がバレて友人と彼は別れることに。そのまま私たちは付き合うことになったのですが……。何とも言えない気持ちです」(Aさん・25歳女性)

自分の気持ちに正直になり、最終的には結ばれたとなれば美談にも聞こえますが、それは略奪愛。本人自身もモヤモヤしているように、良い悪いの判断が難しい恋愛ですね。

(2)彼は大好きだけど浮気してしまう

「私は少し前まで、浮気をしていました。どうしてなんでしょう……。彼氏に対して後ろめたい気持ちがありながら、浮気相手と会ってしまうんですよ。悪い胃と思っているなら、そんなことしなければいいのに……。

もちろん彼のことは好き! でも、彼が構ってくれないときは特に寂しくて、浮気相手に連絡をしてしまうんですよね」(Bさん・22歳女性)

彼氏に悪いなぁと思いながらも、どうしてもやめられない。そんな状況には、「やめたほうがいいのに」と頭では思いながら、実は共感できるという人も多いのではないでしょうか。

(3)彼女に甘えてヒモ状態に

「彼女と同棲し始めたときに、仕事をクビになってしまって、さらに貯金もなくて、彼女のヒモ状態でした。最初は相手に申し訳ない気持ちがあり、職を探していたんですが、なかなかいい仕事が見つからずに半年以上もヒモ状態が続きました。

面接を受けに行く交通費も飯代も彼女に借りて……。優しい彼女だからつい甘えていたんでしょう。

結局なかなか就職先も見つからずに、彼女にはとうとう愛想をつかされてしまいました」(Cさん・27歳男性)

恋人同士だからと、ついつい甘えてしまい、それが度を越してしまうことってありますよね。そのあとは「ダメだとわかっているのに……」という気持ちとの葛藤……。恋愛における甘えが、背徳感につながることもあるようです。

(4)元彼が忘れられずストーカー化

「別れた彼氏のことが忘れられなくて、彼がよく行く場所に行ったり、家にも行きました。ひどいときは彼の職場で出待ちをしていました……。完全にストーカーですよね(笑)

“こんなことしてる自分ヤバくない?”と思いながらも、その人のことを考えることを止められない。そんな自分がいやなのですが……」(Dさん・22歳女性)

あまりに度が過ぎると、通報してしまう可能性もなきにしもあらず。ストーカー行為は、1年以下の懲役や100万円以下の罰金が科せられるだけではなく、慰謝料を取られてしまう可能性があるので、重々注意してください。

(5)心配で彼の携帯を見てしまう

「悪いとは思いながらも、つい浮気が心配になって、彼氏の携帯を見てしまうんですよね……。

そして、自分が悪いのはわかっていながらも、少しでも女の影があったなら、それを理由に“見ておいて良かった”と、自分を正当化してしまいます」(Eさん・22歳女性)

後ろめたいと感じながらも、Eさんのように自分を正当化してしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、相手の承認なしに携帯を勝手に見るのは、重大なプライバシーの侵害ということだけは覚えておきましょう。

 

3:背徳感がたまらない!超エロい背徳感セックス体験6つ

背徳感を感じる恋愛エピソードは、苦々しい気持ちを表しているものが多い印象でしたが、セックスにおいては、それが媚薬効果になることも多いようです。

(1)生でのセックス

「正直、ゴムありでもゴムなしでも、私はあまり変わらないと思っています。しかしゴムをつけずにしている、その“いけない”行為に、私はつい興奮してしまいます」(Mさん・24歳女性)

「ゴムなしの気持ちよさもあるけど、それ以上に、彼女に生で俺のモノを入れてやっている感とか、独占欲とかがたまらないんだよね。そしてダメだダメだと思いながらも、ついつい興奮してそのまま出したりしちゃったことも……」(Tさん・35歳男性)

ゴムなしセックスが好きという人は少なくありませんが、それは感覚的なものだけでしょうか? きっとこのように、観念的な部分でゴムなしに惹かれているのかもしれません。

(2)人妻とのセックス

「結婚をしている女性とのセックスは、格別に興奮しますね。だって旦那さんがいるんですよ? ちゃんとした相手がいるのに、自分と今セックスをしているって考えると、いけない関係がたまらないんですよね」(Tさん・35歳男性)

人妻にどうして男性は興奮するのでしょう……。包容力や円熟味など、いろいろと理由はありますが、禁断な関係だから、というのも大きな一因でしょう。

(3)いじわるなセックス

「SMプレイが好きなんですよね~。どうして好きなのかっていうと、女性の困る顔がたまらないんですよ。ダメと言われれば言われるほど興奮しますね。特に男性って、全員そんなもんじゃないでしょうか」(Kさん・26歳男性)

S気の強い男性は、「ダメ」と拒まれれば拒まれるほどに興奮すると言います。もちろん本気で嫌がっている場合は別ですが、「ダメ」と言われるほど、ついいじめたくなるようです。

(4)外でのセックス

「公衆トイレや外なんか、本来してはいけない場所でのセックスに興奮するんですよね。誰か来ちゃうかもしれない……そんなドキドキ感がたまらないんです」(Kさん・26歳女性)

本来してはいけない場所でのセックスに興奮する人は多いのではないのでしょうか? しかし、他人に迷惑をかけるようなセックスは、公然わいせつ罪など罰則の対象になることもあるので、注意が必要です。

(5)第三者がいる前で

「第三者がいる前でのセックスはたまらないですね。ときには、その人をも巻き込んでしまうことも……。普通とは違うシチュエーションに戸惑いながらも興奮します」(Hさん・28歳男性)

セックスは、ふたりきりの場所で行う行為ですが、第三者がいる前ですることに興奮を覚える人もいるようです。普通であればありえないこのシチュエーションに「やばいよ、やばいよ」と思いながら腰を振るのが止まらないのでしょう。

(6)ハメ撮りセックス

「絶対に誰にも見せちゃダメだよ!とか言いながら、彼が私とのセックスをスマホで撮影したことが何度かあります。

人に見せちゃだめだよ、とか言いつつ、誰かに見せられない保証なんてないのに……。どうして危ない橋を渡ってしまうんでしょうかね」(Hさん・20歳)

ハメ撮りも背徳感を感じるセックスのひとつ。しかし、俗にいう“リベンジポルノ”は他人事ではありません。思わぬトラブルに発展する危険性もあります。その一瞬は興奮するかもしれませんが、やはり後々のことを考えると、彼氏にハメ撮りをお願いされても断るようにしましょうね。

 

4:まとめ

筆者は、恋愛やセックスと「背徳感」は切っても切れない関係にあると思っています。背徳感が癖になって深みにハマる恋愛もありますし、背徳感を求めてセックスに走る人もいます。

しかし、エピソードにもあったような浮気や不倫、そして行き過ぎたセックスなどにおいては、そのスリルを味わいたいがために身を滅ぼすような事態を引き起こす可能性もゼロではありません。

ダメだと言われれば言われるほどやりたくなってしまう。ダメだとわかっているのにやめられない。そんな気持ちは、誰しも持っているもの。しかし、それで自分が不幸になってしまったら元も子もありません。恋愛やセックスにおける“背徳感”とは上手につき合っていきたいものですね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!