セックスで女性が感じるのはココですから!男子学んで!女性が感じるエッチテク

セックスで女性がいちばん感じるところはどこだか、おわかりですか? 「女子が感じるのはココでしょ」とわかっているつもりでも、もしかしたらそれは演技されていて、うっかり勘違いしている可能性もあります。この記事では、女性が本当に感じるエッチのテクニックが何かを、筆者と一緒に学んでいきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「それで感じるとかムリ」セックスでイケていない女性は多い

オーガズムを感じる女性はどのくらいいるのでしょうか? 少し古い資料にはなりますが、「【ジェクス】ジャパン・セックス・サーベイ」の全国の男女5,029人に対しての調査結果によると、今までセックスでオーガズムを感じたことがある女性の割合は81.1%であることがわかりました。

数字を見ただけだと「多い」と感じる人もいるかもしれませんが、男性だけでみると、セックスの際にほとんどの人がオーガズムを感じています。男性と比べると、やはりまだまだ女性は少ないのではないでしょうか?

「それで感じるとかムリ……」と彼女に思われていたらどうしよう……。イクのが当たり前な男性からすると、セックスでイケない女性を前に「自分が下手だから?」と不安を感じる人もいるかもしれません。

しかし、オーガズム問題は女性の体質やその日の体調なども関係しているもの。なので、逆にセックスの技術的な側面に固執しすぎると、間違ったセックスをしてしまうこともあるので、注意が必要なんです!

というわけで、まずは女性を理解することから始めてみましょう。次の章では、女性がリアルに感じているポイントをチェック。今まで勘違いしていた何かに気づくかもしれません。

 

2:女性が感じるのはココ!女子のリアルな意見10個

女性がセックスの際に感じるのはどこなのでしょう。筆者の周囲にリサーチした内容をベースに、10人の意見をご紹介します。

(1)ムード

女性にとって、セックスにおけるムードづくりは重要です。「今からセックスを始めます!」というよりも、その雰囲気に流されて……というような少しロマンチックなシチュエーションを望んでいます。

例えば、一緒に映画を見ながらイチャイチャして、映画が終わり、そのエンドロールとともに色っぽい空気に……なんていうのもいいでしょう。

男性にとっては(女性にとってもですが)、大事なことには間違いないのですが、セックスを始める前にコンドームを準備される姿なんて見せられた日には、スーっと冷めてしますのが女性ってものなのです。

つまり裏を返せば、雰囲気作りがバッチリなら、もうそれだけで感じちゃう女性だって多いってことなんです。

(2)キス

多くの女性はキスが大好き。むさぼられるようなキスを望んでいる人もいるでしょう。

「キスは愛の証だと思います。セックスだけだとどこか不安になることもありますが、キスをしてもらうと愛されている自信がつきます」(Mさん・24際)

Mっ気のある人なら、舌を吸われるのも好きでしょう。下唇をかまれるのが興奮するという人もいます。

とにかく愛を感じるキスという行為。雰囲気作りにも生かせるかもしれません。愛があるなら、ここだけは省かないでほしいところです。

(3)耳

耳が性感帯という女性も多いです。触られたり舐められたり、少しくすぐったい感じがたまらないんです。

舐めすぎは禁物ですが、優しく舐めたり、くすぐったりしてみてくださいね。

(4)キスマーク

意外にも、キスマークを残されるのが好きな女性は多いのです。深く愛し合った印がキスマーク。そう考える女性が多いのです。

「キスマークって彼が“自分のモノだ”と示す印。つまりマーキングというわけですが、それに愛を感じて、されたいと思う女性は多いのでは? もちろん見えないところに」(Kさん・22歳)

さすがにいい大人が人目につく場所にキスマークをつけていたらイタいですが、見えないところなら別。こっそりとキスマークを見るだけで、興奮ものです♡

(5)乳首

乳首もほとんどの女性は性感帯でしょう。挿入をする前に必ず愛撫してほしいところのひとつです。

「乳首を舐めたり吸ったりしている男性の姿は、赤ちゃんみたいでたまらなく可愛い! 舐めながら彼に顔を見られるのも好きです♡」(Mさん・24歳)

強く吸い過ぎるのはNG。優しく舌で愛撫されるくらいがちょうどいいでしょう。

耳のところでも少しお話しましたが、愛撫というのはくすぐったいような触れるか触れないか、そんなあいまいな感じが癖になるのです。強く触ったり舐めすぎは失敗のもと。これは耳や乳首だけではなく、ほぼすべてところに言えることです。

(6)アソコを舐める

男性の中には苦手な人もいるかもしれません。しかし、なるべくやってもらいたい愛撫です。

「シャワーを浴びたあとのセックスだったら、じっくりたっぷり舐めてもらいたい!」(Hさん・25歳)

ちゃんとシャワーを浴びて清潔にしたあとに、舐めてあげるといいでしょう。

(7)たまに激しめなピストン

常に激しめなピストンは苦手という女性も多いです。しかし、たまに激しめにしてあげるのはアリ。女性の表情やリアクションを見ながら調整するといいでしょう。

最初はゆっくりと、徐々に激しくなるものいいですね! 激しすぎると痛いのでは?と思うかもしれませんが、男性が思っているより大丈夫だと筆者は思います。

ただ最初から最後まで、常に全速力で駆け抜けるのは控えておいてほしいところです。

(8)騎乗位で下から

男性の上に女性が馬乗りになって腰を振る体位が騎乗位。

「自分が指導権を握っていたと思いきや、いきなり下から思い切りつかれる感じは癖になる♡ しかも奥まで入るからたまらないです」(Mさん・24歳)

女性がセックスの指導権を握ると見せかけて、下からガンガン突かれるという一連の流れ、女性はけっこう好きなんです。「好きに動いていいよ」と言っておきながら、最終的に男性が下から思い切りついてくる。このドS感がたまらな~いという声、よく聞きます。

(9)イクときは言ってほしい

女性は男性の感じている顔も大好き。我慢しないで思いっ切り感じてほしいものです。

「男性のイクときの余裕ない感じがたまらない。タイミングが合えば一緒にもイキたい」(Mさん・24歳)

また、イク際は「イクっ!」と言って思い切り喘いでもらいたいものです。そんな彼の姿を見るだけで興奮しちゃう♡

(10)手に暇を持て余さないで

挿入中も、両手に遊ばせておかないでほしいという意見も多数。胸を触るだとか、頭を撫でるとか、何かしてほしいものです。

好きな人には、いろんな部分に触れてももらいたいものなんです。

 

3:「へたくそ!」女性が感じると思ってやってるんだるけど止めてほしいこと10個

お次は男性は良かれと思ってやっていても、実は苦手な女性もいる……。そんなセックスプレイを紹介します。

(1)イラマチオ

イラマチオとは、オーラルセックスの一種。男性が自らの男性器を女性の口に入れて、相手の頭部を手で押さえる行為です。男性にはこの苦しさがわからないでしょうが、ドSな人は好きかもしれません。

「イラマチオを強制してくる人、正直、苦手です。あれ、めちゃくちゃ苦しいんですよね」(Hさん・22歳)

喉の奥まで入れられるとかなり苦しい行為ですが、無理強いはしないでもらいたいのが女性の意見です。

(2)激しすぎる手マン

中をぐじょぐしょとかき回す手マンも、苦手な人は多いです。

「手で触られること自体は嫌いではないんですが、がっつりとやられるのは苦手ですね。あとは爪を切っててもらいたい」(Mさん・24歳)

手でするのであれば、優しく触ってもらいたいもの。

(3)唾を垂らす

唾を垂らしてくる男性。やたらキスの際に、唾液を相手に飲ませるプレイもありますが、女性からすると意味がわからないもの。

「何がいいのかわからない。たまに唾液を垂らしてくる男いるけど、なんなの?」(Mさん・24歳)

舌を絡ますのはいいですが、唾液となれば少し違ってきます。苦手な人が多いので注意してください。

(4)大人のおもちゃ

大人のおもちゃを行為中に用いてくるような男性もいますが、あまり興味のない女性は多いです。

そもそもおもちゃとは女性がひとりエッチで使用する道具。相手がいるのにプレイ中に必要ありますかね?なんて思っている人もいるみたいです。

使い方をよくわかっていないと刺激が大きいいので、痛いと感じることもあります。使用する際は使い方をよく理解してからにしましょう。

(5)スパンキング

行為中、いきなりお尻を叩かれたらびっくりしちゃうかも。

「これも好きな人は好きかもしれないけれど、全然良さがわからない。何も興奮しないかな」(Hさん・22歳)

そのようなプレイが好きな人はいいですが、お尻を叩かれて感じる人というのはごくわずか。男性の自己満なことが多いのではないでしょうか。

(6)アクロバティックな体位

定番な体位とは違う、少しアクロバティックな体位は女性を疲れさせます。例えば、駅弁などが有名でしょう。

一度はやってみたいかもしれませんが、それで十分。そこまで気持ちいいわけでもないですし、やはり定番のがいい、という女性は多いです。

(7)いじわるな言葉責め

Mの人ならいいかもしれませんが、そうでもない女性にいじわるな言葉責めをしても、内心笑われていると思ってください。

「ヤリマンだな」「このビッチ」「でかいケツだな~」など、ディスる要素を含む言葉責めは、嫌いな人は嫌いです。難しいかもしれませんが、相手が本当に喜んでいるかどうかを見極めましょう。

(8)雰囲気のないセックス

女子が感じるセックスで“雰囲気”が大事だと言いましたが、その逆です。

「その日の雰囲気でセックスの良し悪しもかわります。個人的に今からやるぞ!と、意気込まれるのは苦手」(Mさん・24歳)

「今からセックスします」と意気込んだ感じや、コンドームを出しておくのは少しムードをぶち壊します。

ムードを作り、流れができてから女性は男性に身を任せたくなるのです。

(9)質問責め

多少の質問ならいいのですが「次、どんなことしたい?」「どこ責めてほしい?」「気持ちいい?」など質問責めをされては、少し返答に迷うところです。

「質問に答えるのも頭を使うので、そのあたりは男性に身を任せたいですね」(Kさん・21歳)

セックス中はなるべく何も考えたくないですよね、それなのにやたら質問されても気が散るという人もいるようです。

(10)顔射

最後の射精のとき、顔に出したがる人いますよね。

これを好きな女性は本当に少ないのでやめたほうがいいでしょう。されたほうはドン引き。「え、これする人、本当にいるんだ」と、内心思うでしょう。

 

4:まとめ

女性がセックスで感じること、嫌がることを紹介してきましたが、女性読者からしたら、人によっては「え、私はそれムリ」だったり、「んー、逆に、私は好きかも」など、いろんな意見が飛び交うことでしょう。

この記事で紹介してきた内容をもちろん参考にしていただきつつも、本当に女性が感じるエッチテクニックとは……を考えるなら、お互いを気遣うことがよりよいセックスへの近道です。

世の中の男女の数だけセックスがありその嗜好は人それぞれ。お互いの相性も重要です。女性も嫌なものは嫌だと相手に伝え、男性も自分のことばかりを考えずに、女性の体を考えてあげる。そんなセックスにおけるコミュニケーションをしっかりとることが、何よりも大切なのだと筆者は思います。

 

【参考】

【ジェクス】ジャパン・セックス・サーベイ 全国男女5000人を越える性の大規模実態調査 ラブ活キャンペーン特設サイト内にて一般公開!!-ジェクス株式会社