不倫で略奪婚すると不幸に?浮気夫・浮気嫁の因果応報エピソード

最初は単なる不倫相手という立場でも、好きな人であればそばにいるだけで幸せだと感じるかもしれません。でもやがて、それだけ満足できなくなってくることも。「彼を自分だけのものにしたい……」そんな欲求が湧き上がってきて、略奪という行動に出てしまうことも……。果たして、そうやって結ばれたふたりは幸せになれるのでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:略奪婚で不幸に…不倫による因果応報とは?

(1)汚嫁・浮気の因果応報はまとめサイトでも人気

不倫された側の立場であれば、パートナーを奪われた挙句、幸せになんてなられたら、たまったもんじゃありません。そんなことが成立する世の中ならば、生きていたいとなんて思わないでしょう。相手に望むらくは、ズバリ、身の破滅……。

そんな、思わず感情移入してしまうようなエピソードが掲載されているサイトは、かなりの人気。自分では絶対に遭いたくないような出来事を疑似体験できます。

読んでいてスカッとはしませんが、いつ自分の身に起こるかもしれないことだけに、危機管理の意味でも、目を通してみてもいいかもしれません。

(2)浮気や不倫で因果応報は本当にある?

因果応報

前世あるいは過去の善悪の行為が因となり、その報いとして現在に善悪の結果がもたらされること。

〈出典:デジタル大辞泉/小学館〉

良いことや悪いことをしたら、必ずそれに起因する結果がもたらされるという法則が、因果応報です。長い人類の歴史の中で受け継がれてきた考え方であり、そこには、裏付けとなる数多の事象が存在するのです。不倫も同じこと。不倫をして、ただで済むはずがありません。

 

2:浮気夫や浮気嫁に天誅!不倫の因果応報エピソード

果たして、浮気や不倫をすると、どんな天罰が下るのでしょう。経験者の方々にエピソードを聞いてみました。不倫進行中、もしくは踏み出そうとしている方はくれぐれもご注意を。

(1)過去の手紙で発覚

「妻とまだ結婚する前、俺はかなり派手に遊んでいたほうで、浮気なんかもしょっちゅうしてました。お世辞にもいい彼氏とは言えなかった。でも、妻の妊娠が発覚して、そういった遊びはピタッとやめて、いい父親になろうと心掛けていました。

それから数年後、子どもも大きくなったので、少し広い家に引っ越すことにしたんです。そこで荷物を片付けていたら、一通の手紙が。差出人は男で、妻への熱い思いが綴られていました。かつて、俺が浮気をしていたころ、妻もそのことを相談していた相手と深い関係になっていたようでした。因果応報としか言いようがなかったですね」(Rさん・37歳)

(2)後輩に彼女を奪われ

「会社の女性社員を好きになってしまい、2年ほど不倫関係にあった時期です。できれば離婚して、彼女と結婚したいと本気で思っていました。

ある日、彼女の家に行ったときでした。見慣れない男ものの靴下が片方落ちているのを見つけたんです。彼女は、”元彼の”と言うので、気にしてなかったんですが……。

後日、会社の後輩と昼飯を食ってたんです。そのときにそいつが、暑いからとズボンの裾をまくったら、靴下の長さが違うんです。指摘したら、”片方なくしちゃったんですよ”と。それを聞いて、あのときの靴下を思い出しました。彼女は後輩ともデキてたんです。妻を裏切っていた私は、大好きだった彼女に裏切られていたのでした」(Tさん・35歳)

(3)離婚直前に突きつけられ

「不倫相手と結婚したくて、主人に離婚を迫っていたときのことです。もちろん、不倫相手のことは内緒にしていました。

離婚について、ほぼ話もまとまりかけたときです。主人がいきなり、子どもの親権は自分がもらうと言い出したんです。あり得ないと言ったんですが、”お前、不倫してるだろ。そんなだらしない女に子どもは渡せない”って……。夫は、1年以上前から気づいていたそうです。バレていないと思ってたのに……。

私は子どもと離れたくなくて、離婚を諦めました。でも、それを夫が許してくれるはずもなく、結局は離婚され、親権も失ってしまいました」(Kさん・31歳)

(4)子どもを巻き込んでしまい

「妻子ある男性と不倫をしていました。ダブル不倫というやつです。それが、向こうの奥さんにバレてしまいました。

私の主人はもちろん怒りましたが、何より向こうの奥さんが大変でした。揉めに揉めたんですが、なんとか収束。子どもだけはとにかく守ろうと、夫ともよく話して、修復に向かっていたんです。

ところがある日、娘が幼稚園から帰ってきたら、”お母さん不倫してるの?”と言うんです。いったい誰がそんなことを……。娘に尋ねたところ、”知らないおばちゃんが教えてくれた”と。おそらくは向こうの奥さん。子どもまで巻き込むなんて、最悪です……」(Yさん・34歳)

(5)最果ての地に転勤

「会社の同僚の話です。彼の奥さんも同じ会社だったのに、後輩の女の子に手を出してしまったんです。僕は友人として”やめておけ”とは言ったんですが、聞き入れてもらえず、やがて不倫が発覚するハメに。

奥さんは会社に残り、後輩の子は居づらくなって退社、そして男は転勤という結末を迎えました。飛ばされた先は、北の最果ての地。そいつが寒がりなことは知っていたので、なんともかわいそうでしたが、これも因果応報……」(Eさん・34歳)

 

3:浮気男が不幸に!最低男の因果応報エピソード

「男は浮気をするもの」と言われ、女性の浮気よりも罪が軽いように思われているところがあります。でも、しっかり罰を受けている方もいるようです。そんな最低男たちの悲惨なエピソードがこちら。

(1)別れた直後に事故

「元彼には正式な彼女がいて、私は2番目という存在でした。その彼はギャンブルばかりしている人で、お金がなくなっては私にせびってきた。合計で100万円ぐらいは貢いでいたと思います。

さすがに私の貯金もなくなってきて、“もうお金はあげられない”と言うと、すぐにふられてしまいました。でも、その直後です。彼が事故に遭ったと聞きました。

車を運転していて、ガードレールに追突してしまったようです。保険も入っていなかったので、車の修理費や治療費合わせて、100万円近くかかったそう。私が貢いだ額とほぼ同じでした。不誠実なことをすると自分に返ってくるものなんですね」(Mさん・29歳)

(2)スニーカーを売られた

「僕は趣味でスニーカーを集めていて、クローゼットにけっこうなレアものを何足もしまっていました。あるとき、友だちと行ったクラブで女の子と知り合いました。僕は彼女がいるんですが、酔っていたこともあり、家に連れて帰ってしまったんです。それから何度かその子を家に呼んでエッチしていました。

しかしある日、クローゼットの中のスニーカーを見たら、何足かなくなってるんです。まさかと思ってその子にLINEしてみたんですが、既読スルー。そこから一切連絡が取れなくなりました。

たぶん、ネットオークションとかで売られてるんでしょうね。彼女にバレないようにしないといけなかったので、何も行動には移せませんでした」(Nさん・28歳)

(3)マッチングアプリで詐欺に

「彼女がいる身でありながら、マッチングアプリで出会いを求めてしまいました。細身の子が好きなんだけど、彼女はポッチャリなんです。そういうこともあり、好みの体型の子と付き合いたかったんです。

すると、タイプバッチリの子がアプリで見つかって、会うことに。でも当日待ち合せ場所に来たのは、ポッチャリ……いや、それどころじゃないかも。プロフには、体型は細身って書いてあったのに。”最近太っちゃって”とか言うけど、絶対嘘。詐欺だ!って思いました」(Kさん・30歳)

(4)土下座を目撃される

「彼女がいるんですが、友だちに飲み会に誘われたので参加することに。そうしたら、ひとりの女の子と仲良くなったんです。酔っていることもあり、うちに誘ったらOKが出て。ところがマンションに着いたら、その子に電話が。なんと彼氏からでした。しかも、今から迎えに来るという……。

でも僕は、まだ手は出してなかったし、その子にちょっとカッコいいところを見せたいと思ってしまい、堂々と待ってたんです。

しかし、やって来たのがめちゃめちゃゴツい男で。これはヤバい……と思って、早々に土下座で謝りました。しかも、それをほかの住人にも見られ、屈辱的でしたね」(Jさん・29歳)

(5)浮気中にボヤ騒ぎ

「友だちの家でボヤ騒ぎがありました。で、その理由を聞いたんですね。その日は、家に浮気相手が来てたみたいなんです。お腹が空いたということで、料理を作ることになって、そいつは料理ができるので、浮気相手とふたりで作ろうってなったそうです。

で、遊び心で、女に“裸にエプロン”をさせたらしいんです。そうしたら、それに興奮してしまい、料理を放り出してエッチ。火を点けっぱなしだったため、ボヤ騒ぎに発展してしまったそう。それが原因で、本命の彼女に浮気相手の存在がバレてしまい、フラれたそうです」(Iさん・31歳)

 

4:罰を受ける覚悟で

人を裏切っておいて、ただで済むはずがありません。楽しんだら楽しんだぶんだけ、辛いことがあります。因果応報とは、この世の摂理。浮気や不倫をする際は、それ相応の罰を受ける覚悟でお臨みください。