出っ歯だとキスが難しいって本当!? 私が体験したちょっと変わったキス体験談

カップルのうちのどちらかが、前歯が前方に出ている、つまりは出っ歯さんであった場合、せっかくいい雰囲気になってキスと思ったときに、歯が邪魔になってしまう……。そんなこともあるそうです。ちょっと変わった出っ歯ならではのキスの体験談や、失敗をしないためのキスの方法をご紹介します。好きな相手が出っ歯……という人はぜひ注目してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:出っ歯だとキスがムード台無し!?

出っ歯とは、歯科医療の世界などでは「上顎前突」と呼び、前歯や上顎が前方に突出している状態のこと。その原因としては、あごや歯の大きさといった先天的なものから、あごの成長不良や過剰な成長、また舌癖や口呼吸などの普段の習慣も挙げられます。

特に日本人に多く見られる骨格という説もあり、特に戦前の日本人には多かった、などとも言われていますよね。

緊張するとただでさえ失敗することもあるキス。慣れていないうちのキスで歯が当たってしまって、という話もよく聞きますが、それが出っ歯となると、さらに失敗する可能性が高まるのでしょうか。

そこで今回は、気になる“出っ歯さんのキス事情”について調べてみました。

 

2:出っ歯な男子とキスすると…私が体験したヘンテコなキス体験談5つ

まずは、出っ歯な男性とキスしたときに起こった体験談について集めてみました。ちょっと変わったキスの思い出が盛りだくさんです。

(1)ぶつかる

「王道ですが、キスのときに、ぶつかるんですよね、前歯同士が。私は出っ歯というわけではないのですが、相手がちょっと出っ歯気味なんです。それを気にしていなかったこともあり、最初のキスがガチッて変な音とともに……。気まずかったですね。

もちろん慣れれば問題ないのですが、それでも勢いよくキスするのは危険」(Iさん・21歳)

(2)つい目が…

「キスしようという雰囲気になると、ついつい目が相手の歯にいっちゃうんですよね。普通の人より歯が目立つので、歯が黄ばんでいたりすると気になっちゃって。でも相手に言うのは失礼だし……。

だから彼の前ではキスがあんまり好きじゃないキャラを演じてました(笑)。気にしすぎかもしれませんが、やっぱり清潔感は大事ですよね」(Mさん・24歳)

(3)歩きながら…

「歩きながら、ふいにキスしたくなることってありませんか? ドキッとしてくれるのも嬉しいし、デートっぽくて好きなんです。

でも、出っ歯の彼氏に歩きながらのキスをしたら、彼の歯が唇に当たって痛かった……。動いているから勢いもあるし、危ない! もう二度としません」(Nさん・27歳)

(4)気にしすぎ

「彼の出っ歯は私の友達にもネタにされるほどで……。冗談で出っ歯、出っ歯って笑っていたんですが、キスのときはあんまり気にならなかったです。

それよりも“キスするとき邪魔じゃない?”って女友達に聞かれるほうが面倒だったかも」(Hさん・22歳)

(5)めっちゃ見た

「初めてキスするとき、彼の出っ歯が気になって、目を閉じずに、めっちゃ見たままキスしたことが(笑)。案外当たったりもせず普通にキスできました。

もちろん彼は目を閉じていたから気づかれてはいないと思いますが、ちょっと失礼だったかなと今では反省しています」(Rさん・24歳)

 

3:出っ歯が気になる女子のためのケガしないキスのしかた5つ

出っ歯を気にしている女性も多いですよね。矯正などできれいに整えることもできますが、費用や時間がかかって大変。周囲にリサーチした内容をもとに、ケガをしないためのキスの方法を探ってみました。

(1)唇で包む

歯が相手になるべく当たらないように、唇で包み込むようなイメージでキスをしているという女性も。まずは口を閉じた状態でしっかりキスをして、そこから少しずつ口を開けていくようなイメージです。

相手へのちょっとした気遣いが、いいキスを生むのでしょう。

(2)ゆっくりと

キスしたい衝動が抑えきれなくなったとしても、勢いよくキスするのはちょっと危険。なるべくゆっくりと唇を合わせましょう。

不意打ちのキスや、酔っぱらったときの激しく求めるキスは、勢いがついてしまいがちなので、より慎重に!

(3)唇をすぼめて突き出す

「チュー」っと、アニメや漫画でキャラクターがキスするときにするような唇でキスというのも手段。軽いフレンチキスなら、これでも十分。

唇をすぼめている顔を相手に見られるのが恥ずかしいという場合は、彼が目をつぶった後、もしくは顔が見えなくなる距離まで近づいた後にきゅっと唇をすぼませてみてはいかがでしょうか。

(4)左右にずらす

キスをするときに歯が当たるかどうかが気になって仕方がない……というときは、左右に口をずらしたキスもひとつの選択。上下にずらすのもあり。これによって、相手の歯とカチッと当たってしまうのが防げます。

ずらす角度などは、相手の唇や歯の事情に合わせて調整しましょう。たくさんキスしているうちに、自然とお互いにしっくりくるキスが見つかるはず!

(5)キスしてもらう

自分からキスをすると感覚がつかめず、相手の唇や歯に出っ歯が当たってしまうこともありますよね。そこで、キスを相手まかせにしちゃうのもひとつの手段です。

キスのうまい男性なら、出っ歯が気にならないような上手なキスをしてくれます。また相手に主導権を握ってもらうことで、気分的にも安心してキスが楽しめますよ。

正直に出っ歯が気になるから、彼からキスをしてほしいと伝えてみたり、相談してみましょう。「案外相手は気にしていなかった!」「気にしなくていいから、もっとキスがしたいと言ってくれた」なんていう嬉しい反応がある場合も。

 

4:まとめ

出っ歯を悩みだと思っているカップルに話を聞いてみると、大好きな相手とキスしているうちに、だんだんふたりの息があってきて、気にならなくなるという意見も聞かれました。

キスは回数を重ねるほど、慣れてくるという性質があります。あまり深く気にしすぎず、上述してきた内容を参考に、最初だけちょっと注意してみるくらいの気持ちでもいいのかもしれません。