セックス向上のためのトレーニング10選!女も男ももっと気持ちよくなれる

セックスの質を上げようという思いから、パートナーといろいろなセックスを試しているという人、いるのではないでしょうか。でもやり方だけでなく、フィジカルの部分にも注目してみて。もしかすると、体力がないせいで疲れちゃう……というのもあるあるなんです。そこで今回はセックスの品質向上のためのトレーニングについてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:セックスはトレーニング次第でもっと良くなる?

どんなことにも言えることですが、何かを上達させたいと思ったら、それについて鍛錬を重ねる、つまりトレーニングをすることが近道です。そして、セックスについても例外ではありません。さまざまなトレーニングを行うことで、パートナーとのセックスをよりよく改善させることができるでしょう。

そこで今回は、男女の体の事情や性関係に強みを持つ、看護師とライターの二足のわらじを履く大木アンヌさんに、セックスのトレーニングについて、お話を伺ってきました。

 

2:簡単にできる!セックスのためのトレーニング5つ

セックスに役立つトレーニングには、どんなものがあるのでしょうか。まずは男性から紹介していきましょう。

(1)ストレッチ

大木:本格的なトレーニングに入る前に、ストレッチで柔軟性を高めるのは大事なこと。これもセックスのためのトレーニングのひとつなんです。セックスをしている最中というのは、普段はしないような無理な体勢になることもあるますし、不安定な姿勢を長時間維持しなくてはならなくなることもあります。

そんなときに、ストレッチ不足だと、足がつってしまったり、ときには腰を痛めてしまうことも。

またストレッチというと体を伸ばすことばかりイメージされがちですが、体を動かしながらする動的ストレッチであれば、筋力アップも望めて、セックスが向上できる体に近づけるでしょう。

(2)ジョギング

大木:ジョギングもまたおすすめのワークアウトです。セックスというのは、大汗を掻くこともあるくらいの運動量があり、終わった後には疲れを感じるという男性も多いのではないでしょうか。その体力を維持させるためにも、ジョギングなどの有酸素運動がおすすめ。心肺機能を鍛えることで、どんなに激しいピストン運動をしても息切れをしない身体づくりを目指してみてください。

セックス後に感じる疲れも改善されるかもしれません。

(3)背筋トレーニング

大木:筋トレはおおむねセックスの質の向上には役立ちますが、特に背筋のトレーイングをすることをおすすめします。脊柱起立筋という、腰を振るのに必要な筋肉を鍛えることができるので、ダイナミックかつ持続力のある腰振り運動が可能になるでしょう。

また、身体を支えるための体幹を鍛える腹筋や腕立て伏せ、懸垂なども、セックスの質を向上させるトレーニングになるでしょう。

(4)スクワット

大木:背中や体幹を鍛えたることができたなら、今度は脚です。スクワットなどで大腿筋を鍛えるといいでしょう。この大腿筋は、勃起力に影響があると言われているので、「途中で元気がなくなってしまった」とか「最近どうも調子の悪いときがある」といった人には、スクワットがおすすめです。

これはなぜかというと、大腿筋を鍛えると、男性器への血流をよくする効果が期待できるから。よって、男性器の衰えをある程度抑えることができるというわけです。

(5)睡眠

大木:最後に、トレーニングとは少し離れますが、セックスの質をよくするためには、睡眠は欠かせない要素でしょう。寝不足ではセックスの最中に集中できなくなってしまうこともありますし、セックスをする前にうっかり寝てしまった……なんてこともあるでしょう。

上記のようなトレーニングの効果を高めるためにも、十分な睡眠をとることをおすすめします。

 

3:どこを鍛える?女子がするべきセックストレーニングのポイント5つ

それでは今度は女性編です。セックスの品質向上のために、女性はどんなトレーニングをすればいいのでしょうか。

(1)正しい姿勢をキープ

大木:いいセックスは、まずは姿勢から。特に女性の場合、普段まったく運動をしていないという人も多いと思いますが、そういった人は、正しい姿勢をキープすることから始めてみてください。

姿勢が悪いと、使えていない筋肉が出てきてしまったり、特定の筋肉だけが衰えてしまったりします。そういうことを防ぐためにも、普段から自分の姿勢には意識を向けたほうがいいですね。

(2)ヨガ

大木:男性編ではストレッチをおすすめしましたが、女性もさまざまな体勢にあることがあるので、柔軟性を身につけていくことがいいでしょう。

ヨガはポーズによって体幹を使ったり、足腰の筋肉を使ったりと、いろいろな筋肉を鍛えることができるのでおすすめです。

(3)スクワット

大木:女性におすすめのトレーニングとして挙げられるのは、男性と同じくスクワットです。

「筋トレなんかしたら、筋肉がついて太くなってしまうのでは……」と思っている女性も少なくありませんが、よほど高負荷で専門的な筋トレを行わない限り、女性がムキムキになってしまうことはないでしょう。むしろ、ある程度の筋肉がある方が基礎代謝が上がって痩せやすい身体になります。

スクワットは下半身全体を鍛えられます。毎日続けることで、膣圧のアップも期待できます。

(4)骨盤底筋

大木:スクワットと並んでおすすめしたいのが、骨盤底筋の筋力アップ。ここの筋力を鍛えることで頻尿や尿漏れ、骨盤臓器脱、膣の緩みなどを予防することができると言われています。

やり方は簡単。足を肩幅に開いて立ち、ゆっくりと息を吐きながら膣を引き上げるようなイメージで、肛門周辺の筋肉を閉めていってください。限界まで閉めたら5秒キープしましょう。そして次は、息を吐きながら5秒かけて筋肉を緩めていきます。これを数回繰り返していきます。

(5)ストレスの発散やリラックス

大木:男性のパートで睡眠を挙げましたが、これは女性にも当てはまること。まずは十分な睡眠をとり、疲れを残さないことが大切。特に女性の場合はストレスがあるとセックスに集中できなかったり、気持ちがノッてこなかったりということが起こります。セックスをする前に緊張していては楽しめないことでしょう。

ストレスの発散を行ったり、安らぐ香りのアロマを焚いて、心身ともにリラックスすることが大切です。

 

4:まずは日ごろのボディケアから始めよう

いかがでしたか? 今回はセックストレーニングということでセックスの質を改善させることのできるトレーニング方法をご紹介しました。また女性の場合、膣トレ専用のグッズも市販されているので、そういったものを使ってみてもいいでしょう。

 

 

【取材協力】

大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。