女性の気持ちを確かめたい!シチュエーション別で女性の気持ちを知る方法

好きな女性の気持ちを確かめたい……! 恋をしている男性なら、誰しもそう思うでしょう。でも女性の気持ちって、男性にとっては複雑でわかりにくく、「女心と秋の空」という言葉もあるように、意外なきっかけでコロっと変わってしまうこともあります。この記事では、そんな難解な女性の気持ちを、意外と簡単に確かめる方法をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:女心は難しい!?女性の気持ちを理解しよう

男性と女性。同じ人間ではありますが、驚くほどたくさんの違いがあります。たとえ長年連れ添った恋人でも、「彼女の気持ちが全然わからない……」「なんで俺のことをわかってくれないのかな……」というふうに、わかり合えないこともあるほど。

ただ、女性の気持ちって、ちゃんと観察することで、けっこう見えてくる部分もあるんですよ。

 

2:女性の気持ちを確かめるには…?シチュエーション別で女性の気持ちを知る方法5

(1)会話中の表情と距離を観察

普段の何気ない会話から確認する方法です。「話すときの表情は、自然な笑顔かどうか」「相手のパーソナルスペースに入っても、嫌がられていないかどうか」といった点に注意して、相手の女性を観察してみましょう。

(2)LINEの内容で判断する

なにげなく使っているLINEにも、女性の気持ちが如実に表れていることが多いです。例えば、脈なしの相手に対しては、極力会話が続かないようなメッセージを送ります。その一方で、「まだ好きというほどじゃないけど、けっこうアリかも」という相手に対しては、女性から質問をしたリ、自己開示も積極的になったりします。

すでに気になっている女性と、何度かLINEのやりとりをしている人は、トーク履歴を見返してみましょう。女性の気持ちがわかるかもしれません。

(3)週末のモーニングコールをお願いをしてみる

予定のない週末に早起きするのは、大変ですよね。ゆっくり寝ていたいものです。そんな週末に、「日曜の朝、6時に起きないといけないんだ。でも、起きられる自信がないから、モーニングコールしてくれない?」とお願いしてみましょう。

普通なら、付き合っていない誰かのためにわざわざ早起きするなんて、嫌ですよね(笑)。しかし好意を持っている相手のためならば、「力になりたい!」「朝から声を聞けて嬉しいから頑張る!」というふうに、協力的になってしまうものです。

(4)食事に行ったとき、直接聞いてみる

もし、一緒に食事に行く機会があれば、「今、気になっている人はいるの?」とストレート聞いてみましょう。

もっとも確実で、男らしく堂々とした方法です。特にお酒が入れば、プライベートな話もしやすくなるので、ディナーがおすすめ。また、“ふたりで一緒にご飯を食べた”という時点で、ある程度、好意を持たれていると判断することもできます。

(5)回し飲みOKかどうか

こちらもご飯を食べに行ったときに使える、気持ちを確認する方法です。生理的に無理な人が使っていたグラスに口をつけるのは、ちょっと抵抗がありますよね……(笑)。

中には、「ひと口ちょうだい」と言って「OK」と口では言ってはいるものの、内心「ちょっとな……」と思っているケースもあるので、相手の細かい表情の変化を見逃さないようにしましょう。

 

3:見誤った!女性の気持ちを勘違いしてしまったエピソード3

(1)よく目が合う子。いけると思ったら……

「職場にいる女の子に恋をしたときの話です。その子とは、頻繁に目が合っていたんですよ。しかも目が合ったら、ニコッて笑ってくれる。

考えごとをしていて何気なく視線を泳がせていると、彼女も僕のほうを見ていたり。それに、離席して自分の席に戻ってきたときは、いつも必ず僕のほうを見ている。

ある日、同僚と飲みに行ったとき、“あの子、めっちゃ目が合うし、絶対俺のこと好きだわ”なんて豪語してしまったんです。このとき僕は、“いいじゃん、お似合いだよ!”といった、支持してくれるようなリアクションを期待していました。

しかし、同僚の彼から、衝撃的なことを聞かされたんです。彼は、こう言いました。“そう、お前がよく目が合うっていう○○ちゃんのことで話があるから、今日の飲みにお前を誘ったんだよ。いつもお前にジロジロ見られて怖いって、この前相談されたよ。気持ち悪いからやめてほしいんだって”とのこと。

よく目が合っていたのは、ただ僕が無意識に彼女のことをジロジロ見てしまっていただけ。それに困った彼女は、“怖いけど、同じ職場の人だし、関係を悪くするのはよくない。とりあえず微笑んでおこう”って思い、苦し紛れにニコッと笑っていたみたいでした。本当に申し訳ないことをしましたね……」(Kさん・31歳/コールセンター)

(2)家に遊びに来てくれたけど…

「ほんの2か月くらい前のことなんですが、街コンで知り合った子の話です。僕はイタリアンのお店でシェフをやっているのですが、その子は“最近料理にハマっているから、教えてほしい! シェフの自宅のキッチンって、すごく興味ある!”と僕に言いました。

僕にはそれが、家に来る口実というか、おうちデートのきっかけ作りに聞こえました。“仲良くなるために、とりあえず相手の得意なことに話を合わせた”って経験、誰にでもあると思います。

そして彼女が家に遊びに来ました。僕は、かっこつけてシャンパンを用意して、女性が喜びそうな話題や、念のためコンドームも準備して彼女を迎え入れました(笑)。しかし、彼女は本当にキッチンを見たいだけだったんです(笑)。デートの口実でもなんでもなく、言葉通り、キッチンを見るだけって感じ。

調理器具や調味料を一通り見て、それをメモして、“やっぱりすごいね! ちょっと素人には手を出しにくいのもあるけど、私もこんなキッチンにしたいな~!”と言い残して、満足そうに帰って行きました……」(Tさん・29歳/調理師)

(3)ふたりきりでおでかけだけどデートではなく…

「大学時代の話です。“○○先輩って、本当にファッションセンスいいですよね!”なんて褒めてくれたり、いつも笑顔で話してくれる後輩の子がいました。正直、“この子、俺に惚れているな”と思っていて。

ある日、そんな後輩から遊びに誘われました。“今まで何度か話していたけど、恥ずかしくて誘えなかったのかな? ようやく勇気を出して誘ってくれたんだな”なんて思っていました。

ところが、ふたを開けてみてびっくり。“彼氏への誕生日プレゼント、なかなか決められないから、アドバイスが欲しい”とのことでした……。

その子の彼氏は、僕とファッションの系統が似ていたらしく、役に立ちそうだったんでしょう。一緒に買い物に行く前日、友達に“俺、○○ちゃんと明日デートするぜ!”なんて言ってしまったので、本当に恥ずかしかった……」(Nさん・26歳/公務員)

 

4:女性の気持ちは複雑。でも、それも恋の楽しみ

女性の気持ちはわかりにくく、「あの子は、俺のことをどう思っているんだろう……」というふうに、モヤモヤしてしまうこともあるでしょう。

しかし、そんな気持ちを味わうことができるのは恋愛ならではのこと。女性の気持ちがわからない……そんなシチュエーションすらも、楽しめるくらいの余裕を持ちましょう。