夫婦のスキンシップを制するものは結婚生活を制す!旦那が喜ぶスキンシップ

毎日一緒にいることが当たり前になると、夫婦間でのスキンシップを怠ってしまいがち。毎日顔を合わせているからこそ、「今日じゃなくてでいっか」「いつでもできるから」と思ってしまうもの。ですが、スキンシップは継続することが大切。今回は、より良い夫婦関係のためのスキンシップについて、夫婦力向上アドバイザーとしても活動している筆者がご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:夫婦のスキンシップはなぜ重要?一度なくなると恐ろしいことに…

恋人同士のころより、会話やキス、お風呂やセックスなど、スキンシップの割合が減ったと感じる夫婦は少なくありません。中には、「スキンシップのきっかけがつかめない」「あんなに気軽にできたキスやセックスがなかなかできない」という人も。

それもそのはず。毎日顔を合わせているからこそ、危機感や緊張感、新鮮味がなくなり、スキンシップがとれなくても大して焦りもしなくなるし、徐々にスキンシップが減っていることに気づかないこともあります。

スキンシップは習慣でもあるので、一度なくなると再びスキンシップをとるきっかけがつかめなくなり、取り返しがつかなくなることもあるんです。

 

2:毎日続けたい夫婦のスキンシップ&コミュニケーション5つ

お互いの気持ちを再確認できるスキンシップは、たまに行うのではなく、できれば毎日続けたいもの。では、具体的にはどんな方法があるのでしょうか?

(1)アイコンタクトありの挨拶

「おはよう」「おかえり」「ただいま」のあいさつはちゃんとしているという人も多いけど、きちんと目を見て話せているかと言われればどうでしょう?

朝の忙しい時間、夜遅く帰ってきたときなど、あいさつはするけれど心がこもっていないのは、スキンシップとは言えません。きちんと相手の目を見て、「おはよう」「おかえり」「ただいま」を伝えるよう心がけて。

(2)毎日のキス&ハグ

毎日のキスやハグは、夫婦の絆を確認できるとても効果的な方法です。新婚のころは毎日していたキスも、疲れたり忙しくておろそかになったり、喧嘩などのタイミングで一時的にキスをすることがなくなると、そのままキスやハグの習慣がなくなってしまうこともあります。

一度しなくなってしまうと、再び元の状態に戻ることが困難になります。さほどキスやハグをしたいテンションでなくとも、スキンシップの一環と考えて毎日続けてみましょう。

(3)何気ない会話

毎日の何気ない出来事を話すことも、夫婦にとって大切なコミュニケーションのひとつ。相手のことを信用しているからこそ、日々の何気ない出来事の中で、自分が感じたことや思ったことを相手に伝えたいと思うもの。反対に、日々の出来事を話したくないと思いはじめたら、夫婦としては黄色信号かもしれません。

(4)毎日LINEをする

「おはよう! 今起きたよ」「今家に着いた。ただいま」など、恋人時代には当たり前のように取り合っていた、他愛もない連絡。でも、結婚して一緒に暮らしているうちに、些細な連絡を省くようになってしまった人も多いでしょう。

毎日顔を合わせるから、いつも同じような時間に帰るから……とついつい連絡する手間を省いてしまいたくなります。ですが、些細なことでも毎日欠かさず続けることで、相手を気にかけているという気持ちを示すことにつながります。

あってもなくても問題のないような小さなコミュニケーションこそ、夫婦間で無くしてはいけないものなのかも。

(5)ハンドマッサージ

晩ご飯を食べてから寝る前などのひとときに、夫婦でハンドマッサージをするのはいかがでしょうか。手にはたくさんのツボが集まっており、体のあちこちの不調にも効果がありますし、何より気持ちいいです。

また、自然とふたりの距離感が近くなって、相手の体温を感じたり、おしゃべりをしたりできますので、愛情がうまれやすいでしょう。

 

 

 

3:妻たちに聞きました!うちの旦那が喜ぶスキンシップ3つ

では、世間の仲良し夫婦はどんなスキンシップを行なっているのでしょうか? 旦那さんが喜ぶスキンシップ方法を聞いてみました。

(1)手をつなぐ

「男性は、肌と肌が触れ合うスキンシップが大好きと聞きました。実際に、うちの旦那は手をつなぐことがとても好きで、独身時代も結婚してからも、出かけるときはよく手をつなぎますし、寝るときも手をつなぐことがあります」(35歳女性・営業事務)

(2)ぎゅ〜っと強めにハグをする

「軽くハグをするよりも、強く抱きしめるほうが好きみたいです。毎朝、出かけるときにハグをする習慣がありますが、お互いの体温を確かめるような感覚で、ぎゅっと強く抱きしめてきます。うちの夫が寂しがりだからかな(笑)」(30歳女性・研究員)

(3)お風呂に入る

「私は本当はひとりでお風呂に入りたいのですが、夫がお風呂に一緒に入ろうと誘ってきます。特にお風呂に一緒に入ったからといってイチャイチャすることもないのですが、なんとなく1日の終わりに、一緒にお風呂に入るということが好きみたいです」(34歳女性・専業主婦)

 

4:継続は力なり

夫婦関係がもっと良くなるためにスキンシップは欠かせないもの。スキンシップの内容はもちろんですが、スキンシップをとる回数や、毎日のスキンシップを怠らず続けることが、夫婦仲を深めるためにとっても大切なこと。

夫婦関係こそ、「継続は力なり」です!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!