今すぐマザコン診断!彼氏や旦那に試したい10のチェックリスト

彼氏や旦那が、もしかしたらマザコンかもしれない……と思ったときは、マザコンかどうかを判別するチェックリストがあれば、試すことができて便利ですよね。そこで今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、マザコン診断チェックリストを大公開。ついでに「マザコン女」についても解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:もしかして彼ってマザコン?

自分の彼がマザコンなのではないか……と疑っている女性は少なくありません。でも結婚した後に、実はマザコンだった……となると困ってしまいますよね。そのため、結婚前に見極めたいという人もいます。

それならば、マザコンかどうかがすぐわかるチェックリストで、彼や旦那をチェックしてみましょう!

 

 

2:マザコン彼氏の特徴は?チェックリスト

では早速、恋愛心理カウンセラーの筆者がピックアップした、「マザコンチェックリスト」をご紹介します。

(1)家事ができないことを公言

マザコンの男性にとって、家事ができないことは恥ずかしいことではなく、当たり前のこと。独身でひとり暮らしでも、ママがや頻繁にって来ては、あれこれやってくれている、なんていう人もいます。

結婚したら、ママの替わりに妻がやってくれればいいだけのこと。なので、家事ができるようになるために努力するなんていうことはありません。

彼女を家に招くときも、掃除や片付けを一切するつもりがなかったり、自分の家に遊びに来た彼女に平気で家事をしてもらうなどの動きがあれば、マザコンかもしれません。

(2)デートの場所は「どこでもいい」

優柔不断なタイプで、デートの場所も食事の内容も「どこでもいいよ」という男性がいます。しかしこれは決断力がなく、常に他人にものごとを決めてもらって生きてきた男性の特徴でもあるのです。

「どこでもいい」は、「キミの行きたいところに合わせるよ」という優しさではありません。

クリスマスや誕生日など、要所要所のエスコートで締めることができる男性ならまだ良いですが、それすらしてくれないようなら、マザコンを疑ったほうがいいかも。

(3)気にくわないと機嫌が悪くなる

「どこでもいい」と言ったくせに、実際自分の気にくわない場所に連れていかれると機嫌が悪くなる男性。

これも、マザコンの可能性が高いでしょう。

幼いころから、機嫌悪く振る舞えさえすればママが都合の良い方向へ誘導してくれていたのかも……。

(4)並ぶのが嫌い

基本的に、マザコン男性は我慢をするのが苦手です。自分が何をしなくても、自分の都合良い方向に物事が進んでくれるのがベストだと、身を持って知っているからです。

(3)でご紹介した、人任せにするくせに気に入らないときは機嫌が悪くなる、というのもその一種でしょう。

そんなこともあり、マザコン男性は、飲食店や遊園地など、並んで楽しむものが嫌いな傾向があります。おいしいものを並ばずに食べたい、目の前まで持ってきてくれて当たり前、というのが彼らの基本的な考え方です。

(5)たばこやガムが好き

マザコン男性は口寂しさを感じる人が多いようです。これは心理学的に母親の象徴でもある「おっぱい」が大好きだから。

別にエロい話ではなく、心理的に母親離れできていないケースでは、つねに口寂しさを感じて、結局たばこやガムを始終口に入れていることがあります。

(6)父親が嫌い

自分の母親から精神的な自立ができていない男性は、自分の父親に対して敵対心を持っていることが多いようです。

父親は、男性の自立過程に関わる、一種の心理的な壁となる存在です。つまり男性にとって母親は、いちばん身近な異性であり、いちばん最初の恋慕の対象です。

しかしその母は父のものであるために、父親というのは男性の人生において、いちばん最初の恋敵となります。

そこを乗り越えて、父親を敵ではないと認識してこそ、男性は他の女性に目を向けることができます。ところが、ここを乗り越えられないと、父親に苦手意識を持ち、敵と認識したまま大人になる傾向が見られます。

(7)承認欲求が高い

マザコン男性は、相手の女性から認めてもらいたいという承認欲求が非常に強いのが特徴です。相手の女性だけではなく、友人知人からも一目置かれたいと思っているでしょう。

したがって自慢話が多くなってしまったり、自分の失敗が許せずに相手のせいにしたりする傾向も強く見られます。どれも、他人から認められたいという気持ちに基づくものです。

例えばケンカのとき、毎回原因をあなたのせいにするような彼氏は危険信号です。

 

3:旦那のマザコン度診断チェックリスト

(1)嫁の都合より母親の都合

マザコンが明らかになるのは、いつだって嫁がピンチのとき……。

例えば夫の実家に訪問する予定だったその日、妻の体調が悪くても予定どおり実家訪問を敢行する、というのも、マザコン夫の特徴。最悪、子どもの体調が悪かったとしても、実家へ連れて行くようなマザコン夫もいます。

嫁の都合より、母親の都合を優先させているなと感じたら、その夫はマザコンかも。

(2)自分は何もしないが妻には完璧を要求

先述したように、家事について、マザコン夫は基本何もしません。それは、ママがやってくれるのが当たり前な環境にいたから。

かといって、妻が100%手を回せるわけではないのが現実。まして仕事をしていたり、小さな子どもがいてはなおさらです。

それなのに、まるで夫が中学生や高校生のとき、ママがやってくれていたのと同じように完璧な家事を妻に要求するとしたら……それは100%マザコンです!

(3)マザコンじゃない体裁を装う

マザコン夫の中に多いのが、「自分はマザコンなんかじゃない!」と主張する人。

マザコンを隠したいという気持ちがあるのも事実ですが、それ以上に彼らは、マザコンであることが自然すぎて、自分がマザコンであるという自覚がないのです。

「親のことを大事にしている自分を俺ってマザコンかなぁ……」と不安がったり、「母親と仲良い俺って、ちょっとマザコン傾向だよね」などと自分を茶化したりできる人は、たいしたマザコンではない可能性が高いでしょう。

 

4:実は女性にもマザコンは多い⁉︎男性に嫌われるマザコン女の特徴

(1)恋人よりも親優先

マザコン女性が恋人よりも親を優先させるのは、正直なところ親が怖い、という気持ちが根底にあるからです。

親の言う通りにしていないと、恋人との付き合いも制限されてしまう……という不安からか、例えばデートの予定をしていた日に親から「今日帰ってこられない?」などと打診があると、恋人との約束を断って、優先させることがあります。

(2)どこでもまずはお母さんと行く

話題の観光地や飲食店。どこであっても、恋人より前にお母さんと行っちゃってしまっている……という女性もいます。男性としては、どこへ連れて行っても、「ここお母さんと来たことある~」と言われて、テンションが下がることも……。

ミーハーなお母さんの都合でどこでも行ってしまうなら、せめて男性には言わないでおくほうがいいかもしれませんね。

(3)お母さんがだめと言ったものはだめ

判断基準が自分ではなく、母親の価値観になってしまっているパターンです。

外出先から服装まで自分ひとりでは決められません。何か提案したときにNGになってしまう場合、ダメな理由は「お母さんがダメって言ったから」……。これでは、デートに誘っている男性も辟易してしまうでしょう。

ちなみに、婚前旅行を計画し、途中までは彼女も乗り気だったのに、いざ旅行の前日になって「お母さんにダメって言われたから……」とキャンセルするようなケースも実際にあります。

婚前旅行の良し悪しはともかくとして、お母さんの影響でドタキャンになるようなら、結婚後の生活が心配、と彼が思っても不思議ではありません。

(4)お母さんと連絡を取る機会が多い

マザコン女性は、マザコン男性以上に、自分のお母さんと連絡を取る機会が多いでしょう。

実家を出て自立しているように見えても、母親と毎日のように連絡を取り合い、ほんの些細なことやくだらないことでも知っておいてもらったほうが良い……などと考えてしまいがちです。

(5)お母さんのことが好きではない

マザコン女性は、必ずしもお母さんのことが好きでいるとは限りません。

マザコン男性は、100%お母さんのことが大好きなのですが、これが女性と男性との違うところ。

マザコン女性は、お母さんから束縛されてマザコンを強要されているケースが少なくありません。自分からお母さんに連絡をしなくても、お母さんから連絡が入るし、あえて返信しなければ「どうして返信しないの?」と問い詰められたり怒られたり……とにかくお母さんがしつこい。

そんなわけで、マザコン女性の中にはお母さんを実は毛嫌いしている人も多いものです。

(6)母親についていてあげないと…と思っている

ここまではマザコン女性の特徴を見てきましたが、そんなマザコン女性の母親は、どのような人が多いと思いますか?

答えは、「子どものような母親」です。つまり自分の娘に依存してしまっているケースが多く、買い物に行くにも「娘を連れて行ってあげる」というタテマエで、「娘に付いてきてもらう」人がほとんど。

結果的に、母親の面倒を見ているありさまです。

「お母さんには私がついていてあげないと……」と言うタイプの女性は100%マザコン女性、危険信号ですよ!

 

5:「毒親」という言葉もある!マザコン男女に要注意!

マザコン男性は、妻となる女性にとって付き合いにくいものです。またマザコン女性は、夫となる男性にとって付き合いにくい相手であると言えるでしょう。

このふたつに共通しているのは、親の側が子どもに依存して、それを当然と思っていること。

マザコン男の母親は、まず間違いなく息子のことが大好きですし、マザコン女の母親は、娘がそばにいてくれないと気に入りません。そして、子どもが自分のことをいちばんに扱ってくれないと機嫌を損ね、扱いが難しくなります。

したがって双方とも、下手をすると、自分の子どもとそのパートナーを別れさせようとしてくることさえもあります。

そうでなくても、母親の束縛から逃れ、せっかく彼氏や彼女ができたり、結婚したのに、母親の言動が元で別れてしまうことも……。

女性は、自分自身が必要以上のマザコンになっていないか、振り返ってみる必要がありそうですね。

男性のマザコンについては、彼が優しい男性なのか、それとも凶悪なマザコンなのかに気をつける必要があります。

母親を含め、家族を大切にできないタイプの男性は、結婚後、新しい家族を大切にしてくれない可能性もあります。一方で、母親ばかりを大切にする男性は、パートナーの女性を苦しめて母親のために尽くすことも。

彼の母親と自分との関わりかたをよく観察し、一生を共にできる相手なのか否かを、しっかり見極めましょう!