忙しい彼女について彼氏が思うこと全部!会いたいときはどうしてる?

女性もバリバリ働く時代ですから、男性と同様に仕事が忙しくて、恋人と会う時間がとれなかったり、連絡の頻度が少なくなってしまうことってありますよね。そんな忙しい彼女と付き合っている彼氏は、彼女についていったいどう思っているのでしょうか。今回は、忙しい彼女に対する男性の本音をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼女が自分より忙しいと男は…

彼女のほうが忙しいという場合、彼氏は「彼女が忙しい時期を抜けて生活が落ち着くのを待つ」「彼女のタイミングがあるので、連絡がくるのをひたすら待つ」といった、待ちの時間が多くなります。

この待ち時間に、大人しく彼女のことを思ってじっと待ってくれる人もいれば、つい出来心で、彼女には言えないようなことをしてしまう人も……。

では、実際に忙しい彼女を持つ男性の本音と、彼女を待っている間に感じていたことについて、見ていきましょう。

 

2:もっと会いたい…忙しい彼女に対しての男の本音5つ

(1)しかたないけど、ちょっと残念な気持ち

「僕の彼女は、仕事が超忙しい人です。毎日残業は当たり前、ときには週末も出勤しています。でも、彼女は、“この仕事、ずっとやりたいことだったし、楽しいよ!”と言っているので、仕事に追われるのも、なんだかんだ悪くは思っていないんですよね。

でも、彼氏という立場では、正直ちょっと残念な気持ちかな。全然デートできないんですよ。この前なんて、前もって約束していたのに、“ちょっと片づけたい仕事があるから……”と言われてドタキャンされてしまって。

仕事だから仕方ないけど、正直“たまにはかまってよ……”って言いたい。でも、それを伝えたら、仕事の邪魔になっちゃうから言わないんですけど」(Tさん・24歳/公務員)

(2)会えない時間が長いからこそ得られる喜び

「彼女はすごい忙しい人です。でも忙しいからって放置されるのは、もう慣れてしまいました(笑)。

毎度のことなんですが、彼女が忙しいときには、まったく会わないし、連絡も必要事項の連絡だけで、最小限にしています。

彼女の仕事が落ち着いてきたら会うんですが、そのとき“今まで会えなかったぶん、思いっきり甘えてやる!”という感じで、全力で甘えてくるんですよね。それが本当にかわいくて。あの甘えまくりの彼女を見るためであれば、会えない時間も我慢できる(笑)」(Yさん・25歳/飲食業)

(3)他の女性との連絡が増える

「恋人が忙しくて相手してくれないときって、ついほかの異性に連絡をとってしまいがちじゃないですか? 男女どちらも共感してもらえると思うんですけど……。

例に漏れず、僕は彼女が忙しいときに、他の女の子にラインを送っちゃいますね。浮気ってわけじゃないですよ。ただちょっと寂しいから、それを埋めてほしいなって。実際に、“彼女が忙しくしているときに、ほかの子とふたりで遊びにいく”とかそういうのは一切ない。ただ連絡をとるだけ。

でも、ついこの前、元カノに連絡をしてしまったときは、ちょっと罪悪感みたいなのがありましたね。変な気をおこさないように気をつけないと」(Kさん・27歳/営業職)

(4)すごく不安になる

「忙しさを理由に、会えなかったり連絡の頻度が減ったりするのって、すごく不安になります。というのも、以前、“最近仕事で忙しいんだ~”と言われて、実は浮気されていたっていう経験があるんですよ。

その子とはずっと前に別れて、今は新しく彼女ができたんですが、今の彼女もけっこう忙しくて、連絡が遅くなることがあります。本音を言えば、“本当は他の男と会っているんじゃない?”と問い詰めたい……。

でも、もし本当に忙しくて大変な毎日を過ごしているのに、そんな詮索をされたらめっちゃウザいだろうし……。不安を抱えながら、なんとか付き合っています」(Nさん・25歳/塾講師)

(5)キープの女性を探す

「もし彼女が、忙しくて全然会えない人だったら、ほかの女の子に連絡して、彼女候補を探しますね。でも、まだ彼女がいる状態なので、ふたりで会ったりはしない。ラインのトークでいい感じになっておくだけでとどめておく。

こんな僕に対して、“ひどい!”とか“最低!”って思う人もいるでしょう。でも、付き合っているのに全然会えないのって、意味わかんなくないですか? 全然会えない人とダラダラ付き合っていても、何も楽しくない。

それに、別れてから次の人を探し始めるんじゃなくて、付き合っているうちに浮気にならない範囲で次の候補を探すほうが、賢い時間の使い方と言えるでしょ」(Kさん・29歳/経営コンサルタント)

 

3:連絡はマメがいい?忙しい女性が彼氏からしてほしいこと5つ

(1)連絡頻度は少なめに

「忙しいときって、LINEのメッセージがめっちゃきていると、なんかウザくないですか? 中でも、“返信まだ~?”とか“お~い、返事早く~”とか、催促してくるメッセージが何通もあると、本当にイラっとする(笑)。

もちろん、メッセージを送ってくれる相手に悪意はないだろうし、私のことを気遣ってくれるメッセージもあったりする。

でも、通知がいっぱいきていると、基本的にウンザリするので、私が“忙しい”と言ったら、連絡頻度は少なめにしてほしいですね」(Iさん・28歳/アパレル)

(2)メッセージより画像や動画を

「忙しいときに、“いつもお疲れ様! 今日も仕事で忙しいと思うけど、1日頑張ってね!”とか、労うラインメッセージを送ることって、あると思うんですよ。でも、それよりも、画像や動画のほうが嬉しかったりするかな。

忙しくて疲れている状態だと、たとえ私のことを気遣ってくれたメッセージでも、“わざわざ文字を読むのしんどいな……”って思うことがあるんですよ。

でも、画像とか動画なら、何も考えず見るだけで楽しめるから、嬉しいし気分転換にもなるんですよね」(Mさん・27歳/不動産事務)

(3)SNSの更新は控えて

「忙しくて大変なときに、恋人がSNSを更新しまくっているところを見ると、無性に腹立つのは私だけでしょうか(笑)。

もちろん、遊びに行ったり、おいしいものを食べたり、それをSNSにアップするのもすべて本人の自由ですよ。私がそれを制限する権利はありません。

でも、“私がこんな大変な思いをしているのに、こいつは……”っていう、苛立ちを感じずにはいられない……(笑)」(Kさん・30歳/飲食店勤務)

(4)「何かあったら頼ってね」って適当に言わないで

「彼女が忙しいときに、漠然と“何かあったら頼ってね”っていう男、嫌いですね。“全然違う業種に勤めているあなたが、私の力になれるわけないでしょ”って感じ(笑)。

もし仮に、私が彼を頼ったとしたら、本当に力になろうと努力してくれるのかもしれないけど、正直 “彼女が困っているのを放っておけない俺”というアピールにしか聞こえないからウザい」(Sさん・26歳/研究職)

(5)たまに生活のリズムを合わせてくれる

「忙しいときに嬉しかったのが、私の生活リズムに合わせてくれたときですね。私、仕事が忙しすぎて、毎日終電で帰るような生活をしていた時期があったんですよ。そんなとき、彼は私の帰宅に合わせて、夜遅くまで起きていてくれたんです。

彼の仕事は朝早いから、本当は寝たかったはず。でも、その日のランチ休憩のとき彼に送った“久々に声聞きたいな~”っていうメッセージを見て、夜遅くまで私を待っていてくれたんです。

15分くらいの電話でしたが、彼の声を聞いて、また頑張ろうって思いました」(Eさん・27歳/出版社)

 

4:忙しいときこそ、コミュニケーションが大切

忙しいと、会う時間がとれなかったり、連絡が遅くなってしまいがちですよね。しかし、そんなときこそ、コミュニケーションが大切です。

“コミュニケーションが大切”といっても、何通も何通もLINEのやりとりをする、といった頻度を増やすというわけではありません。

「〇月〇日ごろまでは、仕事で忙しくなりそう」といった忙しくなりそうな時期の目安を事前に伝えたり、「落ち着いたら、思いっきり甘えさせてね」といった、相手の心が離れてしまわないようなコミュニケーションをしておきましょう。