着痩せしたい!春夏秋冬…胸が大きい人向けファッションコーディネート7選

自分好みのカワイイ服があっても、体型で断念してしまうことってありませんか? そんな悩みの中でも、胸が大きいために着たい服を諦めている人も少なくないでしょう。今回はそんなお悩みを抱える女性に向けて、胸が大きい人に似合うファッションコーディネートについて調べてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:胸が大きい人の服選びって?

体のラインを出すと胸が強調されてしまうし、かといってオーバーサイズのものを着ると太っている印象が強くなる……。胸が大きいことで服装選びに苦労してしまって、なにを着ればいいのか迷子になってしまう人も多いことでしょう。

胸が大きい人が注目すべきポイントは服の素材感やシルエット。ニットなら圧縮素材の生地が詰まったものだったり、シャツならハリ感がしっかりしたものを選ぶことで、胸元が目立つことを防げます。

また、Aラインのトップスやワンピースは、体のライン出にくいものの、胸のふくらみに引っ張られて着太り感が出てしまいます。このように、選ぶ素材によって太って見えてしまうため、着やせを意識しながら、服装を選んでいきましょう!

 

2:春夏秋冬…胸が大きい人向けファッションコーディネート10つ

ポイントを押さえた次は、具体的な服装が知りたいですよね! ここでは季節別に、胸が大きい人向けのコーディネートについてレクチャーしていきます。

(1)春ならシャツワンピースで女性らしさを演出

View this post on Instagram

 

佐々木希さん(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿

春は冬のもこもこした服装から薄着に切り替わる時期。なのでシャツワンピで綺麗にまとめてみるのがおすすめです。選びのポイントは、ウエストマークされているものをチョイスすること。胸に集まりがちな目線を、ウエストのくびれに向けさせることができます。

細ベルトでウエストを意識させるのもよし、ウエストをリボンで絞れるもので可愛さを出すもよし! また足首が適度に見えるスカート丈であれば、メリハリがしっかりつきますよ。

(2)春ならボートネックトップスで鎖骨美人に

View this post on Instagram

 

Mika Ahnさん(@ahnmikaofficial)がシェアした投稿

鎖骨や首元を綺麗に見せてくれるボートネックは、胸元が開いていないので谷間が見えてしまう心配もなく、女性らしさを感じさせる服装です。また、華奢なネックレスを身に着ければ、目線が自然とアクセサリーにいきやすいでしょう。

スカートにも細身のパンツとも相性がいいですから、気軽に取り入れやすいアイテムですね。

(3)夏ならフレンチスリーブが強い味方に

View this post on Instagram

 

近藤千尋さん(@chipichan.1215)がシェアした投稿

胸の大きな女性にとって、二の腕や脇のお肉もまた気になる存在! ノースリーブを着たいけど、ボリューム感が強調されそうで、ちょっと抵抗が……という人には、フレンチスリーブがおすすめ。ゆるく体に沿うフレンチスリーブで二の腕をカバーしつつ、女性らしさを出せるアイテムでしょう。

ただし、サイズはジャストよりもややゆるめの、ゆとりのあるものをチョイスするよう意識して。

(4)夏ならロングカーディガンで”縦のライン”を意識する

全体的なバランスとしてIラインを意識した服装をすると、縦のラインが綺麗に見えるので、胸元が強調されないというメリットがあります。

ロングカーディガンに深すぎないVネックで胸元をすっきり見せつつ、細身のパンツを履くことでバランスのよい印象を与えることができるでしょう。

(5)秋ならストールやスカーフで首元からもおしゃれを

View this post on Instagram

 

吉川 愛さん(@ai_yoshikawa_official)がシェアした投稿


胸が大きいから隠したい……! そんな気持ちでストールやスカーフを着こなしにプラスしている人も多いと思いますが、ポイントを押さえないと隠したつもりが余計に胸元を強調してしまうので要注意!

すでに胸元にボリュームがあるので、そこにボリュームのあるストールや膨張色を取り入れてしまったりすると、バランスが悪く見えてしまうからです。使うときはモノトーンの色や、シャープなデザインのものを選ぶようにしましょう。また、胸の下までくるような長いものを取り入れるのもおすすめです。

(6)秋なら暗めの色をチョイスして引き締め効果を

View this post on Instagram

 

近藤千尋さん(@chipichan.1215)がシェアした投稿


明るい色は膨張して見えてしまいがち。なので、秋は暗い色を選んで”引き締め効果”を意識しましょう。

さらに縦にラインが入ったニットを選べば、Iライン効果も出せてしまうので一石二鳥に!

(7)冬なら首つまりトップス×細身パンツでIラインを意識

View this post on Instagram

 

YURI_EBIHARAさん(@yuri_ebihara)がシェアした投稿


首つまりニットは、胸元が強調されると思って遠ざけていませんか? しかしポイントを押さえていれば胸元を気にすることなく着ることが可能です。というのも、トータルのコーディネートを見たときに縦のラインができていれば、それほど胸が目立つことはありません。

首つまりニットと細身のパンツの色を合わせて縦長にみせ、そこに細身のロングコートを合わせれば、冬のIラインコーデの完成です。

(8)冬なら後ろ下がりニットでおしゃれシルエットに

View this post on Instagram

 

Emiri Henmiさん(@emiri_hemmi)がシェアした投稿


だぼっと感のあるニットは、女の子らしさが増してカワイイですよね。しかし宗男大きな人は、全体的に着太りしているような印象を与えてしまうのが難しいところ。そんなときは、うしろ下がりデザインのものをチョイスしてみて! 前と後ろのバランスでスッキリ見えますよ。

(9)オールシーズンいける!フロントインはウエストラインを魅せるワザ

View this post on Instagram

 

Emiri Henmiさん(@emiri_hemmi)がシェアした投稿

フロントインはボトムスに前側だけトップスをしまうことで、胸まわりにも適度にゆとりをもたせることができて、全体がバランスよく見えます。ウエストがしっかりしているスカートにウエスト周りに余裕のあるトップスをインするだけで、きれいなシルエットをつくることができます。

(10)スカート&パンツどちらでも足首見せでスタイルUP

View this post on Instagram

 

SHIHOさん(@shiho_style)がシェアした投稿

胸元のボリューム感で、全体が太めな印象を与えてしまうことを悩んでいる人はスカートやパンツから足首を見せることを意識してみましょう。スカートなら、丈が長めで足首が見えるものだと、足首の細さがスリムな印象を与えやすくなります。これはパンツスタイルのときも同様です。

 

 

3:季節問わず、楽しみながらオシャレセンスを磨こう!

自分の体型と相性の良いファッションを知っていれば、魅力的にみせるスキルも上がります。

シルエットや素材感、全体のバランスを意識してみると、気になっていた胸元が目立たなくなったと感じられるのではないでしょうか。ここで紹介したアドバイスを参考にぜひ自分に合う服装を見つけてみてくださいね!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!