プロポーズしてくれない…プロポーズしてほしい気持ちを重くなく伝える方法

大好きな彼がなかなかプロポーズしてくれない…….。お付き合いも長くなってくるのに気配がないとなると、結婚したいと望む女性としてはモヤモヤしますよね。そこで今回は、プロポーズしてほしい気持ちを重くなく伝える方法や、結婚の可能性がない彼と別れを考えたときにしておきたいことなどを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:プロポーズしてほしいのにしてくれない彼…その心理とは?

「そろそろプロポーズしてほしいのに、彼にはその気がないみたい」

「もう3年も付き合っていて、まわりはみんな結婚しているのに、なんで私の彼だけ結婚しようって言ってくれないんだろう……」

こんなお悩みを抱えていると、そんな彼氏の心理を知りたくなるのも女心です。もちろん、「オレは結婚しない主義」という人も中にはいるでしょうが、たいていの場合、タイミングが異なっていたり、まだ図りかねていたりするものです。

 

2:プロポーズしてほしい…!その気持ちを重くなく上手に伝える方法5つ

プロポーズしてほしいのに、彼氏がなかなかしてくれない場合、女性が結婚したがっていることに気づいていない可能性もあります。

そこで、プロポーズしてほしい気持ちを、重くなく伝える方法を5つ紹介します。

(1)友達の結婚話をしてみる

まずは、王道ながらも効果的な方法から。

「今度、学生時代の親友が結婚するんだ。結婚って、やっぱ素敵だよね。憧れる~♡」などと、軽めにその話題を持ち出してみましょう。

結婚にポジティブなイメージをもっていることをさりげなく伝え、人並みの結婚願望があることを彼氏に理解させるのが目的です。

(2)親が「結婚はどうするの?」と聞いてきたことにする

「親から電話があって、“その彼と結婚しないの?”って聞かれちゃったぁ」などと、親をダシにしつつ、軽く彼との結婚について、具体的に話題を出してみるのも方法です。

「私も、そろそろしてもいいかなーって思うけど、あなたはどう?」と、雑談レベルで探りを入れておくと、彼も結婚への心づもりができるかも!

(3)「結婚もいいかも」と曖昧な言い方をしてみる

彼氏に“結婚願望はない女”だと誤解されていそうな気がするならば、なにかの話題につなげて「最近、結婚もいいかもって思うんだよね」などと、さりげなく言っておくのも方法です。

このケースでは彼に「それほど結婚したいと思っていないのかと思ったら、そういうわけでもないんだな」と理解してもらうことが大事です。

(4)「こんなドレス、いつか着てみたい」とウェディングドレスの話題にもっていく

テレビや雑誌を見ているときに素敵なドレスの写真があったら、さりげなく「こんなドレス、いつか着てみたいなー」とつぶやいておくのもおすすめです。

ただし、あまり重くならないように、あくまでも“つぶやく”レベルにとどめておくのがベター。

彼に話しかけるのではなく、ひとり言のように口にすると、ライトに伝えられます。

(5)子どもがほしい願望を軽く語ってみる

「将来、子どもは3人ほしいなぁ」や「芸能人の○○が第二子出産だって!」などと、子どもにまつわる話題をちょこちょこ出しておくのも、彼の結婚アンテナを刺激する会話に。

こちらも重くならないよう、あくまで“世間話レベル”を貫いて話題にするのが、成功のポイントです。

 

3:プロポーズをしてくれない彼…別れるべき?プロポーズをしてくれない彼と別れる前に出来ること3つ

プロポーズを心待ちにしているのに、なかなかしてくれない彼と付き合っていると「このままズルズル続けていても、結婚はできないだろうから、そろそろ別れようかな……」と思い人も多いでしょう。

しかし結論を出す前に、まだまだ出来ることがあるかもしれません。

そこで、なかなかプロポーズをしてくれない彼と別れる前に出来ることを3選紹介します。

(1)体当たりでぶつかってみる

「これ以上、待てない!」と思っているなら、モヤモヤとした気持ちにケジメをつけるためにも、彼に正面からぶつかってみるのもおすすめ。当たって砕けろの精神ですね。

結婚できないならそろそろ先のことを考えなければいけないし……と具体的なことを考えているならば、結果が悪くても、諦めがつきやすいですしょう。彼の本心がちゃんと聞ければ、気持ち的にもスッキリするはず。

(2)期限をもうけ「結婚しないなら別れる」と話してみる

「年齢的にそろそろヤバい」という理由で結婚を焦っているならば、彼に素直にその気持ちを伝えてみるのも方法です。

「私は将来的に子どもが3人ほしいから、そろそろ結婚して、子づくりを始めたい年齢だ」など、なぜ“結婚”をしたいのかをきちんと伝え、彼にも真正面から向き合ってもらえればベストです。

ここでその話から逃げるような男であれば、その後ズルズル付き合っていてもいい結果が得られる可能性も低いでしょう。なので自分の気持ちを整理する術にもなります。

(3)お見合いや婚活パーティに行き、自分の気持ちを確かめる

なかなかプロポーズしてくれない彼と「別れようか、どうしようか」と迷っているなら、お見合いや婚活パーティなど、結婚に直結する出会いの場に出かけてみるのも方法です。

ここで、彼以上に好きになれそうな人に出会えれば、それはそれですし、「やっぱり、今の彼以外考えられない!」となれば、苦しくとも今の関係を継続するべき。自分の気持ちを明確にし、納得させることが出来ます。

 

4:プロポーズされないなら逆プロポーズもアリ!

最近では、女性からのプロポーズも以前より一般的になりました。「いろいろ試したけど、彼にはまったく響かなかった……」となってしまったなら、最終手段として“逆プロポーズ”もアリです。

モヤモヤと付き合いを続けるよりも、結果に白黒つけるほうがいい場合もあるかもしれません。最終最後の手段として、頭の片隅に置いておいてもいいかもしれませんね。