社内恋愛で結婚する場合の注意点!報告のタイミングと結婚後に退職すべきかどうか

社内恋愛に憧れたことありませんか? 好きな人と同じ空間に長くいれば、仕事の時間だって幸福感が増すかもしれません。でも社内恋愛は、バレると厄介なことも多くあります。では、社内恋愛からの結婚って、どんなことに注意しなければならないのでしょうか? また結婚が決まったらどのタイミングで報告をするのがベストなのでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:社内恋愛で結婚したときは転職か退職すべき?

社内恋愛している人は多いですし、そのまま結婚するカップルも珍しいことではありません。ですが、同じ会社同士の社内恋愛で結婚をするとなると、ふたりがそのまま同じ職場で働き続けることを、良く思わない人がいるというのも事実です。

以前は社内結婚した場合、どちらか(主に女性側)が転職か退職をする、というケースが多かったですが、現在は女性も仕事を続けるのが当たり前ですから、結婚したからといって仕事を辞めたり変えたりしなくてもいい風潮が広がっています。

とはいえ、会社の中の雰囲気を壊さない必要はありますから、同部署であれば部署異動をしたり、普段からプライベートと仕事を完全に分けるように努力する必要はあるでしょう。

 

2:結婚まで隠す?社内恋愛で結婚前提に付き合っているときの注意点5つ

社内恋愛から結婚前提で付き合うときには、どんなことに注意が必要でしょうか? 筆者の周囲の女性たちの意見を元に紹介します。

(1)絶対秘密主義がおすすめ

「私の同僚がバレバレの社内恋愛をしていたんですけど、女性陣みんなからの評判は最低でしたね。付き合うなら周りにバレないよう、秘密にしておいたほうがいいと思います」(Mさん・35歳)

社内に恋人がいると、どうしても仕事中にあれこれ話しかけたくなってしまうもの。ですが、他人の目があることも忘れずに。ニュートラルな人ももちろんいますが、あれこれ話のネタにしがちな人もたくさんいるでしょう。

特に結婚前提なら、みんなに祝福してもらうためにも、秘密にしておいたほうが良さそうです。

(2)通勤電車も危険

「通勤電車がいつも一緒だったりすると、“あのふたり怪しいね”って話題になります。もし社内恋愛を隠したいんだったら、行きと帰りの電車も別々にするくらいにしないとダメ

でしょ」(Hさん・28歳)

職場では会話をせずに、付き合っていることを隠し通せていると思っても、行き帰りの電車で同じところを見られた瞬間にアウトになってしまうことも。このあたりの周囲のチェックもかなり厳しいので、ガードが必要です。

(3)仕事はさらに頑張る

「社内恋愛している人って、普通に外の人と恋愛している人にくらべても嫉妬されやすいです。だから、仕事はなるべく隙を見せないように頑張らないと、無駄に責められちゃうと思います。

私自身の体験ですけど、ちょっとメールの文章間違えたら“彼のことばかり考えてるからだよ”って言われちゃったことがあるので……」(Kさん・34歳)

認められるお付き合いにするためには、仕事がデキる女になる必要もあるようです。「彼と仕事とは関係ないし……」と主張したくなりますが、周囲の人の目って、なかなか変えられないことも。

(4)お揃いは危険

「私の友達は、彼氏とお揃いのペンを使っていることから、社内恋愛していることがバレたそうですよ。そのペンはちょっと高めのモノだったから、文房具好きな人に気づかれちゃったって。

キーホルダーや小物くらいならバレないと思っていても、バレるんですね!」(Nさん・30歳)

好きな人と一緒なモノを使いたいという気持ちって、確かにありますよね。ですが、社内恋愛の場合は、どこからバレるかわかりません。もし秘密にしておきたいなら、結婚するまでは我慢したほうがいいかも。

(5)SNSにも注意

「週末のSNSの投稿でけっこうわかりやすいですよね。同じ写真を載せていなくても、場所とか動きで、なんとなく一緒にいるなぁって想像できちゃう。付き合っていることを隠したいなら、SNSにも細心の注意が必要でしょう」(Sさん・26歳)

SNSってプライベートなことを載せることが多いですよね。でも、見ている人って、怖いくらい見てます。社内恋愛がバレたくないなら、職場の人と繋がらないようにするか、彼と綿密に連携したうえでSNSにアップすべきかも。

 

3:社内恋愛から結婚!報告のタイミングは?3つ

では、秘密の社内恋愛で愛を育み、晴れて結婚が決まった!となったら、いつ誰に報告すればいいのでしょうか? そのタイミングを経験者に聞いてみました。

(1)入籍が決まったあと上司に

「私の場合は彼から正式なプロポーズをもらって、ふたりで入籍の日を決めた後に、まずは上司に報告しました。入籍の3か月前でしたね。

結婚後もお互いに仕事はそのまま続けたかったので、“○○さんと結婚することになりました。今後も仕事は続けていきたいと思っています”と、そこで伝えました。

また入籍だけで式はしなかったので、入籍日の直後に部署の会議で上司から公表してもらって、職場のみんなに祝福していただきました」(Tさん・38歳)

(2)おめでた婚ですぐに

「社内恋愛していた彼と、いずれ結婚したいねと話してはいたんですけど、具体的には決めてなくて。

でも、私が妊娠したことがわかって、すぐに上司に、結婚と妊娠の報告をしなければいけなくなりました。彼と話し合って出産前に退職することになり、上司にはその旨を伝えました。退職したのはその5か月後です」(Sさん・32歳)

(3)結婚式の日取りが決まったときに

「私たちは、結婚式に上司や同僚を呼びたいと思っていたので、結婚式の日取りを決めてから上司に報告することにしました。結婚式の4か月前でした。上司に報告したときには、結婚式の日付を伝えてスピーチをお願いしたいことも伝えました。全然気づかなかったよ!と驚きながらも、喜んでくれたので良かったです」(Aさん・36歳)

 

4:社内恋愛はメリットもたくさん

社内恋愛って毎日好きな人の顔が見られますし、お互いのスケジュールも把握しやすい、人間関係に不透明な部分が少ないなど、メリットもたくさんあります。

しかし、幸せな結婚にするためには、付き合っている段階では周囲に隠し通すほうが、スムーズに運びやすいということも。バレないよう周囲に目配せしながら、秘密の恋愛を楽しむのもいいでしょう。