性欲がわかないのは異常?それとも普通?性欲がわかない女性の本音と不安

女性にだって性欲はあります。ただ、男性に比べると弱い傾向ですので、男性が求めてきても、素直に応じられない場合もあります。セックスに積極的になれないと、パートナーとの関係も心配になりますよね。そこで今回は、性欲がわかない女性の本音と、そのために抱える不安についてご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:悩む…私は性欲がわかないタイプなのかも

つきあっていれば、彼とセックスをするのは普通なこと。良好な関係を維持するのに欠かせない行為とも言えます。しかし、女性の中には、セックスに積極的になれないことで悩んでいる人も多いのです。

その原因は、いったい何のなのか……。自分が悪いのか、それとも彼のほうに問題があるのか。悩めば悩むほど、答えが見えなくなってくる。そのため、「私は性欲がわかないタイプだから」……と自分に言い聞かせている人もいるようです。

 

2:性欲がわかないのは異常なの?性欲がわかない女性の本音と不安

「性欲がわかない……」と悩んでいる女性たちは、その原因をどう捉えているのでしょうか? 本音と不安を語ってもらいました。

(1)子作り以外でしたくない

「セックスって、子どもを作るためにするものじゃないですか? そういう目的があるならできるんだけど、普通にはあまりしたくない。要するに、快感を得るためにして、快楽に溺れているわけだから、なんか子どもを作るのとは真逆の目的なような……。

もしかしたらどこかで、セックスを神聖なものとして捉えているのかもしれません」(Tさん・32歳)

(2)基本、カラダを触られるのがイヤ

「昔から他人にカラダを触られるのが苦手。特に男性からは……。だから、できればセックスもしたくありません。でも、付き合っていると、やっぱりしないといけないじゃないですか。

だから正直、彼氏とのセックスですら、苦痛に感じてしまうことがあります」(Rさん・28歳)

(3)セックスしたいと思ったことがない

「私は、求められるからするだけで、今まで一度も自分からセックスしたいと思ったことがありません。

それは、すごく好きな人が相手でも、です。異常なのかな……って悩んだこともありますが、受け入れるだけならそこまで苦痛ではないので、一応はします。嬉しいとか愛されてると実感できるとか、そういった感情はまったくありませんね」(Mさん・33歳)

(4)お酒を飲まないとしたくならない

「昔からセックスが苦手でした。恥ずかしいというか、親に言えない、悪いことをしているような感覚になってしまって……。ただ、お酒を飲むようになってから、ちょっと変化がありました。カラダが火照ってきて、頭がボーッとしてくると、してもいいかな……っていう気持ちになるようになったんです。

ただやっぱり、シラフのときは、まったくダメですね」(Yさん・28歳)

(5)挿入だけなら…

「セックスが嫌いっていうわけではないんです。挿入されるだけなら、全然平気だし、むしろ相手の体温や存在を感じられて好きかもしれない。ただ、挿入だけで済まないじゃないですか。ほかにもいろいろしないといけないじゃないですか。例えば、舐めたり、擦ったりとか……。

ちょっとああいうのが苦手なんですよね。もしかしたら潔癖なのかも」(Sさん・30歳)

(6)トラウマがあって…

「私は歳の離れた、ちょっと不良っぽい姉がいたんです。私が小学生のとき、親がいないときに男の子を連れ込んで、セックスしてたんです。声が聞こえてくるんですよ。それが本当に嫌で……。

それがトラウマになっているのか、いつの間にか抵抗が生まれてしまって、今でも性欲がわかなくて、積極的になれないです」(Wさん・31歳)

 

3:性欲がわかなくても彼氏と仲良くつきあう方法

性欲がわかないせいで、彼氏とセックスができない。もしくは苦痛に感じてしまうという人は少なくありません。ではそういう女性は、彼との幸せな生活は望めないのでしょうか……? 前項を踏まえて、彼と仲良く付き合う方法を考察してみましょう!

(1)正直に打ち明ける

性欲がわかない体質であるなら、それをパートナーに打ち明けてみてはいかがでしょう。愛があるなら、きっと受け止めてくれるはず。むしろ、それぐらいで関係が崩れてしまうようなら、セックス云々の問題ではなく、いずれは別れてしまうことになるのではないでしょうか。

ふたりで話し合ってみて、互いに譲歩し合って着地点を見つけてもいいですよね。心を開いたときに、また新たな展開が待ち受けているでしょう。

(2)お酒の力を借りる

お酒というのは、昔から男女の仲を深めるのに用いられてきました。お酒のせいで思いがけない過ちを犯してしまった……。そんな失敗談を耳にしたこともあるはずです。

お酒の影響力は、経験者の数が物語っています。その力を借りない手はありません。彼と一緒に飲んでいるうちに、気分が盛り上がってくる可能性もあるので、試してみる価値はあるでしょう。

(3)目的を明確にする

普段はまったく性欲がわかなくても、子作りのためならセックスできる……という方も多くいます。なので、目的を明確にしてみてはいかがでしょう。子作りのためと思えば、苦痛ではないはず。

でも、目的が子作りである必要はありません。「彼の健康のため」とか、「浮気防止のため」と考えて、気持ちを切り替えてみてもいいでしょう。愛する彼が喜んでくれるなら、マイナスばかりではないはずです。

時間とともに、気持ちや感覚は変化していくもの。受け入れているうちに、予想もしなかった感情が芽生えてくるかもしれませんよ。

 

4:悲観的になりすぎないように

性欲がわかないからといって、あまり悲観的に考えすぎないほうがいいと筆者は考えます。なぜなら、悩むほど事態が深刻になる可能性があるから。

男性だって、加齢による性欲減退はまぬがれないわけですから、いつかはこういった問題に直面することになります。そのたびによく話し合って、乗り越えていくのが、愛というものではないでしょうか。