離婚後の再婚までの期間って?離婚後にすぐ再婚するときの注意点

一度、離婚をしたからといって、このままずっと独身と決める必要はありません。とはいえ、同じ失敗は繰り返したくはないもの。もし次があるのなら、前回の経験を踏まえて慎重に進めたいと思いつつ、めぐり合わせによっては、離婚してからすぐに再婚する、ということもあり得ますよね。そこで今回は、離婚後すぐ再婚するときの注意点などをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:いつから100日になったの?離婚後の再婚禁止期間

離婚してすぐに、本当の運命の相手と呼べる人に出会ってしまう場合だってあるかもしれません。そうなると、すぐにでも再婚したくなるでしょう。しかし、女性の場合、離婚後にある一定期間を空けなければ、再婚できない仕組みになっています。その期間が100日です。

これは、前の夫の子どもを身ごもった状態で結婚するのを防ぐために、民法で定められてるもの。子どもが生まれてきたとき、前夫の子なのか今の夫の子なのか曖昧にさせないという、子どもの地位を守るための制度です。

以前、この期間は6か月でしたが、医療の発達により妊娠がわかる時期が早くなっているということから、平成28年に100日に改正されました。

 

2:離婚してすぐ再婚する女性が気をつけること

再婚の際、同じ失敗を繰り返さないためには、ことを慎重に進める必要があります。離婚してすぐ再婚する場合、どんなことに気をつけるべきか。元ナンバーワンキャバ嬢で、多くの離婚や再婚の相談を受けていた、ライターのナナミ・ブルボンヌさんに話を聞いてみました。

(1)妊娠していないかどうか

大木:離婚してから、再婚禁止期間中に妊娠が発覚するケースもなくはありません。今までそういう状況の女性から一度だけ相談を受けたことがありますが、結局は妊娠が発覚したことで、結婚は破談になってしまいました。

お腹の子どもの父親がどちらなのか?ということで、もめにもめたらしく、どちらの男性とも関係も悪くなり、シングルマザーの道を選ばざるを得なくなったそうです。

(2)相手の女性関係

大木:以前、旦那に浮気されて離婚した女性がいました。落ち込んでいましたが、また恋愛をして再婚。ようやく幸せな日々を手に入れたかと思いきや、新しい旦那さんの女性関係で、再びもめることに……。

こういう女性は、いつまでも同じことを繰り返しがち。おそらく恋愛の傾向として、男性を追いかけていたいタイプなんでしょう。

ですが、やっぱり再婚するなら、安定を求めるべき。急いで結婚しようとせず、まずは相手の女性関係をしっかり把握しておくべきです。

(3)金銭面

大木:愛する男性の収入などに対して、口を挟みにくいのはわかります。しかし、結婚するならそういった面も把握しておかなければいけません。

再婚したら相手に借金があった、という例もあります。思い描いていた幸せな日々が、借金返済に追われる日々になってしまったと……。

結婚してからの発覚は最悪です。そんなことにならないために、金銭面も明確にしておいたほうがいいでしょうね。

 

3:離婚後の男とすぐ再婚!最適な離婚から再婚までの期間は?

再婚は慎重を期したほうがいいとは言うものの、あまり期間を空けすぎると幸せを逃してしまいそうな気もします。では、離婚から再婚までの最適な期間はどれぐらいなんでしょう。引き続き、ナナミ・ブルボンヌさんに伺いました。

(1)じっくり見定めてから

大木:離婚した女性の中には、「離婚した傷を癒やすためにも、早くほかの人と結婚して幸せになりたい」と言う人もいれば、「もう結婚はコリゴリ」と言う人もいます。

前者のタイプは、前のめりにならないよう気をつけるべき。一度は失敗してるわけですから、それを糧に相手をじっくり見定めたほうがいい。再婚に至るまで、付き合ってから1年ぐらいの交際期間は必要ではないでしょうか。

(2)男の気が変わらないうちに

大木:女性には、100日間という再婚禁止期間がありますが、男性にはそれがありません。離婚後すぐにでも再婚が可能です。

ある女性は、既婚者の男性と付き合っていて、奥さんと別れたあとに結婚する約束をしていました。ところが離婚後、男はハメを外していろんな女性に手を出し始めたそう。

男はそもそも移り気なものです。気の変わらないうちに、早めに結婚してしまうというのも、ひとつの方法でしょう。

(3)離婚した年齢にもよる

大木:離婚後、じっくり考える時間は必要です。しかし、時間が経つということは、確実に老化しているということでもあります。

若い女性であれば、数年であればそれほど見た目も変わらないでしょう。それが、すでにある程度の年齢に達している女性となると……。

男性は、どうしても若い女性に目が向きがちです。結婚相手として考えるときも、若いに越したことはないでしょう。するとやはり、女性は歳を重ねるほどに、再婚できる可能性が低くなってきます。そう考えると、あまり猶予はないかもしれません。

 

4:離婚後スピード再婚した実例エピソード

離婚後、再婚禁止期間を経てすぐに再婚した女性は、果たして幸せになっているのでしょうか? 実際に経験したほうに、話を聞いてみました。

(1)子どもがいたので

「2歳の子どもを抱えて離婚。両親が協力的であったとはいえ、女手ひとつで子どもを育てるのは、正直、不安でした。しかし、離婚して半年経ったころ、ある男性と知り合ったんです。

その人はすごく子ども好きで、うちの子もすぐに懐いていました。そして、交際3か月で結婚に踏み切りました。かなりのスピード再婚ですが、子どもが小さいうちにして良かったと思います。もう、元の父親を忘れてるんじゃないかっていうぐらい、仲良くしています」(Mさん・32歳)

(2)マッチングアプリで

「離婚して、すぐにマッチングアプリに登録しました。バツイチだし、誰も相手にしてくれないだろう……と思っていたら、なぜか次々と“いいね”を押してもらえて、何人もの男性とデートしました。

そこで調子にのってしまったのがいけなかった……。いちばんお金を持っていると思われる男性と付き合い、半年ぐらいして再婚。仕事が忙しい人で、あまり会っていなかったせいで本性に気付かなかったんです。ものすごいモラハラ男でした。私のことをとにかく支配しようとしてくる……。耐え切れず、半年で再び離婚しました」(Sさん・30歳)

(3)反省する時間も必要

「私は、男性に対してすぐに批判的なことを言ってしまうところがあり、そういったことが大きな原因となって離婚に至りました。でも、離婚後にいい出会いがあり、1年以内に再婚することができたんですね。

最初は仲良くやってたんだけど、1年ぐらいして気付いたんです。私、また同じことしてる……って。やっぱり批判的なことばっかり言ってしまって。じっくり反省する時間は必要だと思いましたね」(Kさん・34歳)

 

5:焦っても仕方ない

離婚後すぐに再婚して、良かったという人もいれば、失敗したという人もいます。確実に言えるのは、焦らないことでしょう。焦ってもいいことなし。心に余裕を持っているときのほうが、順調にことが運ぶものです。

 

【取材協力】

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをするかたわら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。『キャバ嬢とヤレる極意』の著者。