彼氏がケチすぎてゲンナリ…ケチな彼氏の特徴と残念エピソード5つ

いくら大好きな彼と結ばれても、時間の経過とともに、相手の気に入らないところが目立ってくることもあるでしょう。特にケチな男性は、救いようがありません。そんな面を見せられ続けてしまうと、どんどん気持ちは離れていく一方に……。そこで今回は、ケチすぎる彼氏の特徴と、ケチすぎてゲンナリな残念エピソードをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼氏がケチってありえない~!

優しくて、カッコよくて誠実な彼氏。欠点はただ、ひとつだけ。すごくケチ……。デートは絶対に割り勘だし、ごはんに行ってもいつも居酒屋ばかり。

そんな彼氏であれば、カッコよく見えるのも最初のうちだけですね。だんだんカッコよく見えなくなってきて、最終的にはただのケチな人間に思えてきてしまいます。ケチは男らしさだって消滅させる力を持っているんです。

 

2:ケチな彼氏の特徴5つ

(1)割り勘への異常なこだわり

 

ケチな彼氏の代表的特徴と言えるのが割り勘への強いこだわりです。

割り勘にもさまざまやり方がありますが、最も女性に嫌がられてしまうリスクが高いのが、端数までの割り勘です。1円単位で割ってくる男性に嫌気がさしてしまい、女性のほうが多く出すなんていうケースもあるでしょう。

割り勘をすること自体に問題があるのではなく、その行為が男性らしさを軽減させ、女々しく見えてしまいますね。

(2)絶対に損をしたくない

例えば、デートで食事をした際、男性が少し多く払った場合、「2件目ではよろしくね」と念を押してくるタイプ。その日1日の中で、絶対に損をしたくないと思うがあまり、総合的に計算をして、自分が常に利益を得ていたいと考える人ですね。

そんな損得感情が見えなければ、女性側だってお礼をしたいと純粋に思えるでしょうが、要求されるようではガッカリです。

(3)ポイントカードや無料券の乱用

大好きな彼と一緒にポイントを貯めるのは楽しいですし、無料券があればラッキーと思うのが一般的。なので、決してそれが悪いと言っている訳ではありません。

ただ、パンパンになったお財布の中からポイントカードや無料券を必死に探し始めたり、理由も告げずにポイントのつくレストランばかりに連れて行ったり……ん。そういった行動は「ケチだなぁ……」と女性をゲンナリさせてしまうパワーがあります。

(4)「1円でも安い」にこだわる

こっちのメニューのほうがお得だからとか、こっちのガソリンスタンドは1円安いなど、比べる対象が細かすぎる男性っていますよね。

確かに、お金にルーズでまったくそういったことに気を配らないのも問題ですが、あまりにも追求しすぎていると、「その数十円のために、どれだけ時間を使うの」とか「正直、どっちでもよくない?」とつっこんでしまいそうになります。

(5)何かにつけ無駄だと言い張る

一緒に買い物をしているとき、何かと理由をつけて「無駄じゃない?」と言ってくる男性は、ケチ以外の言葉が見つかりません。

無駄か無駄じゃないかを決めるのは、お金を払う本人。いくら、自分が無駄だと思っても、こちらがすることに対していちいち口実をつけてイチャモンをつけてくるようでは、イライラさせられるだけ。相手への配慮に欠けますね。

 

3:ケチすぎる彼氏でガッカリ…エピソード5つ

(1)折半させられたクリスマスプレゼント

「彼氏と一緒にクリスマスプレゼントを買いに行ったんですよ。お互い好きなものを自分で選んで、それを買ってあげるということにしてたので、私は5000円ほどのぬいぐるみを選びました。

すると彼氏が、自分は何もいらないからこのぬいぐるみの半分払ってと言ってきました。結局自分で半分出したぬいぐるみが、その年の私のクリスマスプレゼントです」(Hさん・23歳)

(2)身勝手すぎる飲み放題

「学生時代のときの彼氏は、私がお酒を飲めないと知ってるのに、デートで飲み放題の居酒屋さんに行く男でした。

案の定、私はウーロン茶1杯しか飲まず、彼は浴びるほどひとりでお酒を飲み、最終的に割り勘にされました。自分が飲みたいからって飲み放題にして、自分だけ得をしようとする行為にドン引きしました」(Eさん・24歳)

(3)ガソリン代の請求

「2年ほど付き合ってた元彼の話なんですけど、一緒にドライブに行くたびにガソリン代を払わされてましたね(笑)。それが私の中では普通になってしまっていたんですけど、最近これを友達とかに話すとびっくりされます。それで、普通じゃなかったんだなって気がつきました。まあ、もう別れたのでどうでもいい話なんですが(笑)」(Yさん・26歳)

(4)勝手にツアーコンダクターになられた件

 

「私には、最近付き合い始めた大好きな彼氏がいて、初めて旅行をすることになりました。彼がすべて予約、支払いをしてくれ、後日精算するから割り勘分を払ってと言われ、それは納得していました。

でも、請求された額が思ってた以上に高かったので内訳を聞いてみたら、予約したり予定組んだりした手間賃を加算したと言われて、とてもびっくりしました」(Mさん・26歳)

(5)プレゼントあげない宣言

「元彼に、自分は誕生日も記念日も、モノは絶対にプレゼントしないと決めていると断言している人がいました。理由を聞いてみると、どうせ別れるかもしれないのに、お金を遣うのは無駄だからということでした。それを口にして言う時点で、ドン引きでした。ちなみに、私の誕生日は旅行に連れていってくれました。旅行なら、自分も楽しめるから良いそうです」(Kさん・24歳)

 

4:まとめ

ケチと堅実は近いもの。多少のケチさが出るのはいいんですけど、ケチな男性って、もはや習慣になっています。そのため、一緒にいてもがっかりさせられる頻度が上がり、だんだん気持ちも冷めていってしまうことも。

それでも、ケチが彼のポリシーであれば、いくら彼女だからって、そう簡単に変えることはできません。そんな彼の性格を認めてあげるか、長い目で見て変えていくようにする必要があるでしょう。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!