結婚が怖い…!結婚が怖いと感じる男女の心理と対処法

結婚に対して「怖い」という思いを抱いている人も少なくないんです。筆者個人としては、結婚はとてもいいものだと思いますが、自分の育った環境や家族関係が原因で、結婚を前向きに捉えられなかったり、今の生活が変わることに不安を抱いたりする人もいるようです。そこで今回は、結婚が怖いと感じる人の心理や、結婚不信に陥ったときの対処法や克服法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚が怖い、不安と感じる独身男女は多い?

晩婚化はますます進んでいますし、結婚をしない人生を選択する人も増えてきました。しかし、結婚して家族を持つ人生を選択する人の割合はまだまだ大多数を占めます。ですが、結婚に対して不安を抱いている人というのも、少なくないんです。

内閣府『平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書』によると、20 歳~39歳の未婚男女の「結婚生活を送る上での不安要素」となるのは、「配偶者と心が通わなくなる・不仲になること」(57.1%)が最も高く、続いて「経済的に十分な生活ができるかどうか」(56.5%)、「配偶者の親族とのつきあい」(46.6%)という結果に。

こうした結果も、結婚するのが怖いと考えてしまう人が多いことを裏付けているかもしれません。

 

2:結婚が怖い…なぜ?「結婚が怖い」という男女の心理5つ

なぜ結婚が怖いと思うのでしょうか? そこには男女ともに共通した理由がありそうです。一般的に考えられるものを紹介します。

(1)自由がなくなるから

結婚を躊躇する理由の中でも、「自由がなくなる」という不安は、多くの人が感じていること。独身なら、誰にも気兼ねせず好きなときに好きなことができたけれど、結婚すると家族を優先しなければならない場面も増えてきます。充実した独身生活を送っていると、遊びに行くことや趣味にお金を使うことが制限されてしまうかもしれない、という懸念が大きくなってしまいますよね。

(2)仕事に集中できなくなるから

女性であれば、家事や子育てと仕事を両立しなければならない可能性があります。よって仕事に全力を注ぐことが難しくなるかもしれません。男性であっても、家事や育児のため、仕事を最優先というわけにはいかなくなります。

仕事が順調であればあるほど、結婚によってライフスタイルが変わってしまうことに、不安を感じる人が多いようです。

(3)家庭環境が劣悪だったから

不仲の両親のもとで育ったなど、家庭環境が良好とは言えない人は「結婚が怖い」と思ってしまうことも。普通の家庭を知らないので、結婚に対するイメージがわかなかったり、結婚=不幸なもの、嫌なものとしか思えなかったりするようです。

また、家庭環境が悪かったことで、「結婚しても、夫や子どもを不幸にしてしまうかも……」とネガティブに考えてしまう人が多いということもよく耳にします。

(4)裏切られるのが嫌だから

浮気された経験がある人や、浮気癖のある彼と付き合っている人は、結婚しても浮気されてしまうかも……と思ってしまうようです。

付き合っているときならまだしも、結婚後や、子どもができてから裏切られるとダメージが大きいので、それなら結婚なんていっそのことしないほうが……と後ろ向きになってしまうパターンも。

(5)バツイチだから

一度離婚を経験している人も、結婚を怖いと感じてしまう人が多いようです。一度失敗しているので、また同じ失敗を繰り返したらどうしよう、また離婚することになったらあのストレスをもう一回味わうのか……と不安を感じてしまうのです。

また、両親が離婚している人も、「私も離婚するかもしれない」と思って、結婚に対して消極的になってしまう傾向にあります。

 

3:結婚不信に陥ったときはどうしたらいい?対処法と克服法3つ

では、結婚不信に陥ってしまったとき、どうすれば結婚に対して前向きになれるのでしょうか?

(1)幸せな結婚をしている人に話を聞く

結婚に対して悪いイメージやネガティブなイメージを持っているのであれば、結婚して幸せになっている人に、話を聞いてみましょう。できれば、結婚前に感じていた不安や、結婚する決め手になったこと、結婚後どう努力して幸せになったかなど、具体的なエピソードを聞いておくといいかもしれません。

ただ幸せなエピソードだけでなく、努力したことも聞いておくことで、結婚に対する不安を打破するきっかけが見つかるかも。

(2)夫または妻の悪口を言う人の話は聞かない、信じない

世の中には、いいことは口に出さず、悪いことばかり口に出す人もいます。結婚して家族ができて、幸せな生活を送っているのに、人には「結婚しないほうがいいよ」と言ったり、パートナーの悪口を言ったり、ひたすら愚痴をこぼしたり……。

しかし、そんな人の話は何の参考にもならない!と心得ておいたほうが賢明です。未婚者の夢や希望を潰すようなことを言う人の話を、真剣に聞く必要はないでしょう。

(3)恋人と結婚観を話し合ってみる

結婚が怖いという気持ちを恋人に相談し、恋人の結婚観について聞いてみるのもひとつの方法です。

結婚はひとりでするものではなく、ふたりでするもの。結婚に対して不安なことがあるなら、ふたりで話し合い、ふたりで解消することであなたの結婚不振を解消できるかもしれません。

 

4:結婚が怖いものかそうでないかは、夫婦次第!

両親が不仲だった、家族関係が良くなかった、友達が離婚した、既婚者から嫌な話しか聞かない……。

いろんな理由で結婚が怖くなる人は多いものです。しかし、人はそれぞれ性格も育った環境も違います。結婚がいいものになるか悪いものになるかはこれからのふたり次第ですよ!

 

【参考】

内閣府 平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!