告白できなかった…告白できなくて後悔した男女のエピソード7選

告白できなくて後悔したことはありますか? 好きな人がいたのに、フラれることを恐れて告白できなかった……。そんな思い出は、甘酸っぱい青春の1ページになっているかもしれません。そこで今回は、そんな「告白できなかった」という甘酸っぱさをテーマにお送りします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:告白できなかったことを後悔している人は意外と多い

“やらない後悔よりやって後悔”という言葉があります。あなたはどちらの後悔のほうがましだと思いますか? 恋愛における告白に限って言えば、“やらずに後悔”よりも“やって後悔”してもいいのかもしれません。

「告白してフラれて後悔するのって結局あとで笑い話になるんだよね。でも、告白しなかった後悔は笑い話にもならないんだよ」(Aさん・35歳男性/教育関係)

筆者は『Menjoy!』のライターとして、いろいろな人に恋にまつわるお話を聞いてきましたが、告白しなかったことを後悔している人は意外に多いという印象を持っています。

 

2:告白できなかった!告白できなくて後悔したエピソード7つ

そこで今回は、過去の恋愛において告白できなかったことを後悔している人に、そのエピソードを聞いてきました。

(1)「あのとき、告白してくれるのをずっと待ってた」

「1年前に、しばらくLINEのやりとりをしていた女性がいるんです。何回かデートもしたし、相手から電話が来て長電話したりしたこともあります。でも、フラれることが怖くて告白できなかったんですよね。そのあと、相手のSNSに、彼氏ができたって書いてあって、失恋したことを知りました。

いつだったか、複数の友人と一緒に飲んだときに“あのとき、告白してくれるのをずっと待ってた”って言われて……。後悔してもしたりないですね」(Rさん・22歳男性)

(2)秘密の目撃

「すげー仲のいい友達の彼女が浮気しているのを目撃したことがあったんですよ。でも、うまくいってないって聞いてたから、そのうち別れるからだろうと思って、わざわざ友人には言わなかったんですよね。

そしたら、結婚しちゃったんですよ、そのふたり。しかも、嫁さんは当時の浮気相手と未だに繋がってて、不倫してるみたいなんですよ。あのとき言ってやればよかったって後悔してます」(Uさん・29歳男性)

(3)ビッグチャンスを逃す

「好きだったというか、連絡を取り合っていた男性がいたんですよ。その人はWEBデザイナーみたいなことやってたのかな。それで将来は独立して事務所を構えたいみたいなことをいってたんですよ。大企業だって潰れるこのご時世ですから、それはないかな〜と思って、そのままフェードアウト。

でも10年ぶりに再会したら、本当に独立して、今や1,000万以上稼いでるんですって。あのとき捕まえておくんだったと思って後悔してます」(Aさん・34歳女性)

(4)悲しい表情が忘れられない

「お恥ずかしながら、私にはずっと好きだった女性がいました。同じ仕事場の女性で、よくお昼ご飯を一緒に食べに行っていたことがあります。私は彼女のことが好きだったのですが、相手は社長のお嬢さん。高嶺の花的な存在で、とても交際を申し込めるような相手じゃなかったんです。

しかしある日、すごく真剣な表情で“私のことどう思ってるんですか?”って言われたんです。“今、交際を求めてきている男性がいます”って。話を聞くと高学歴で性格のいい人のようでした。だから、“応援する”っていったんです。その方が彼女のためだと思って。でも彼女、すごく悲しい表情をしたんです。

10年も前の話ですけど、そのときの彼女の表情が、今でも忘れられません」(Eさん・38歳男性)

(5)たった一言が言えなかった

「もう3年くらい付き合ってて、結婚を考えていた女性がいたんですね。でも、そのとき、ちょうど転勤の知らせが来て中国に赴任することになったんですよ。そのことを彼女に伝えたんですけど、彼女には彼女の人生があるじゃないですか。だから、“一緒に来てくれ”とは言えなかったんですよ。

彼女はそう言ってくれることを待ってたみたいなんですけど、俺の人生に付き合わせることになると思うと、ちょっと言い出せなくて。それが言えてたら、違った人生だったなと思うこともあります」(Tさん・32歳男性)

(6)まわりの目が怖くて

「学生のころ、刺しゅうが趣味っていう同級生の男の子がいたんです。私も刺しゅうが趣味だったこともあり、彼とは話したいなと思っていたんです。正直好きな人でした。

でも同級生たちが“男で刺繍が趣味ってないわー”って言っていて、言い出せなかったんですよね。それから彼は自分が刺しゅうでデコレーションしたアイテムを身につけなくなってしまったんです。

“私も刺しゅうが趣味だから、いろいろと教えてほしい”って言えばよかったなって今でも後悔してます。“なんであんな人と仲良くしてるの?”って言われるのが怖かったんですよね。そんな意見なんてどうでもいいのに」(Iさん・25歳女性)

(7)最後の告白

「もうずいぶん昔の話だけど、いつか嫁さんに“もう一度生まれ変わっても俺はお前と結婚したい”って台詞を言ってやろうと思ってたんだ。嫁さんは長いこと入院してたから、いつ言おうかそのタイミングがわからなくて。でも、ある日急に病院から電話があって、駆けつけたときにはもう亡くなっちまった。

タイミングなんて待つもんじゃない。ないなら今がそのタイミングなんだよって本当に思うよ」(Tさん・81歳男性)

 

3:告白できなかった…モヤモヤを解消する方法3つ

それでは告白できずに後悔したことがあるけど、今ではもうすっきりしているという人にどうやってそのモヤモヤを解消したのかお話を聞いてみました。

(1)実らなくていい恋愛だった

「これはもう単純な話で、実らなくていい恋だったんですよ。うまくいくときって何をしてなくてもうまくいくし、うまくいかないときってどんなに必死に努力したところでうまくいかないじゃないですか。もう1回過去に戻っても、きっとそれはうまくいかない恋愛だったんですよ。縁のない相手だった。きっとそれだけです」(Iさん・28歳男性)

(2)再度チャレンジ

「両想いだと思っていた相手に彼氏ができて、あのとき告白すればよかったっていう後悔は俺も経験したことがありますけど、また同じ後悔をするのかどうかっていう話だと思うんですよ。彼氏がいてももう1回アタックすればいいじゃないですか。それができないならまた“やらずに後悔”しますよってこと。

それが無理だと思うなら、自分にとってそれまでの相手だったってことです」(Uさん・29歳男性)

(3)日にち薬

「時間が解決してくれるっていうのは当たり前の話ですけど、でも間違いがない方法ですよね。俺は特に3か月以上引きずるってことがあんまりないんですよね。

だから、3か月を乗り切ることができればいいわけです。めちゃくちゃ予定を詰めて、忙しくするって感じですかね」(Wさん・30歳男性)

 

4:失敗を恐れるよりも挑戦できない自分を恐れるべき?

今回は告白できなくて後悔したことをテーマにお送りしました。フラれた後悔は終止符が打てたということで次に気持ちを切り替えやすいのかもしれません。しかし、告白できなかった後悔は終止符が打てず、気持ちを切り替えにくいために大きな後悔となってしまう恐れがあるようでした。

本当は失敗を恐れることよりも、挑戦できなかったことを恐れるべきなのかもしれませんね。