復縁が無理なパターンと絶対無理な状況から復縁する5つの方法

一度は仲良くなったふたりなのに、別れてしまった恋人同士。どちらかに気持ちが残っていても、「復縁なんて無理……」となってしまうこともよくあります。では復縁が無理なパターンには、どんなものがあるのでしょうか。恋愛心理カウンセラーの筆者が、絶対無理な状況からの復縁成功の秘訣までご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:復縁は無理と言われた…

別れた恋人に復縁を持ちかけたら、「無理」とバッサリ……。友達に相談してみたら、「それは無理じゃない?」とグッサリ……。

そんな復縁のあれこれで、落ち込んでしまったことはありませんか。

一度はこじれたふたりだから、すんなり復縁するのは難しいもの。しかし、それをさらに絶対無理にしてしまうこともあれば、一発逆転して、復縁できる秘訣だってあるのです。まずは復縁が無理なパターンから見てみましょう。

 

2:復縁が無理な5つのパターン

(1)謝らないまま別れた

別れた時点にさかのぼってみましょう。どのような別れ方だったでしょうか。

何らかの意見の相違があったり、ケンカをして相手から責められて別れに至った場合、別れる前に反省の姿勢がまったく見えなかった場合は、その相手と復縁しようと考える人はあまりいません。

なので、例えば、あなたがまったく謝らずに別れに至ったケースでは、復縁の可能性がどうしても低くなってしまうでしょう。

(2)今でも相手が悪いと思っている

復縁したいんだけれど、別れる原因になったことについて、今でも自分ではなくて相手のせいだと思っている……なんていうことはありませんか。

最悪の場合、自分が浮気したケースでも、彼が私をかまってくれないから寂しくて浮気しただけ……。だから彼が悪い! でも彼のことは好きだから復縁したい! そんな都合のいいこと考えている女性もいます。

残念ながら、これでは復縁は難しいでしょう。

(3)復縁したいけど自分は変わりたくない

別れというものは、浮気などの特定の事件だけが原因ではありません。

日常の生活習慣や、相手に対する言葉のかけ方など、ちょっとした部分の積み重ねが別れにつながることも。

こんなとき、復縁はしたいけど、こうした自分のクセや習慣を変えられない……と思っていると、復縁は当然難しくなります。

(4)何が悪かったかわからない

別れた後、復縁したいとなれば、自分が悪かったところ、直さなくてはいけないところ、変わらなくてはいけないところに目を向けて、見直すのことが大切です。そうしなければ、結局同じことを繰り返すだけ。

逆に、自分の何が悪かったのかが未だにわからない……という人は、復縁に向いていません。

(5)別れてから相手にたくさん連絡した

復縁したいときによくあるのが、別れた後、復縁してもらおうとして、相手に山ほど連絡をしてしまうケースです。

忘れられたくない、謝って相手の気持ちを変えたいなど、動機はさまざまでしょうが、恋愛に冷めている相手にメッセージを送っても無意味になることがほとんどです。

それどころか、「冷めてしまった自分の気持ちすらわかってもらえないのか」と、ますます距離を広げてしまう可能性が高いのです。

 

3:絶対無理な状況から復縁する5つの方法

(1)しばらく連絡を断つ

 

復縁の基本は、まず一度、しばらくプライベートな連絡をやめる、ということです。

しょっちゅう連絡が来ていて、何をしているか丸わかりの相手に対して、人はあまり興味を示しません。まして元カノ、元彼であれば、冷めた目線で見られてしまうことがほとんど。

「あれ、最近連絡ないけど、あいつ何してるのかな……」と思わせる気持ちで、連絡は控えましょう。

(2)見た目を改革する

以前のあなたと別れたのですから、以前のままのあなたと復縁することはあり得ません。

つまり、相手に復縁をしたいと思わせるためには、あなた自身の変化を相手に実感させる必要があります。簡単に変化することができて、相手に変化を感じさせることができる部分は「見た目」です。

また、見た目の疲れ具合こそが、徐々に別れを導いた原因になっているケースもあります。

清潔感やオシャレさなど、見た目を変化させて、自分は変わるんだ!と実感してみましょう。

(3)別れの原因を徹底的に洗い出す

どうしてふたりが別れることになってしまったのか、その原因をできるだけ多く挙げてみましょう。

書き出してみるのもおすすめです。別れる原因となった内面を変化させることで、相手にも「もしかして、復縁したらうまくいくかも」と思わせることができる確率が高まります。

(4)自分の目標を定めて生き生きと過ごす

別れの原因となった部分を克服することとは別に、あなた自身が人間として魅力的でなければ、やはり復縁は叶いません。

フラれた、自分なんてダメだ……などなど、鬱々として過ごしていれば、それを魅力的と思ってもらえることもまずないでしょう。

仕事上のことでも趣味でも、自分自身の目標を恋愛とは別にしっかり設定しましょう。そして、それに向かって生き生きと過ごすことが、自分を輝かせ、相手の目をこちらに向かせる秘訣となります。

(5)SNSに近況を投稿する

元彼、元カノとの連絡が途切れてしまいがちな状況において、SNSは大きな味方。

頑張っている自分、魅力的な自分や、自分の考え方・理念を発信していれば、さまざまなつながりを通して、復縁したい人にあなたの姿が伝わることもあるでしょう。

復縁を狙う期間に、直接相手に連絡することは控えたいですが、今の自分の輝きを見てもらう手段のひとつとして、SNSは効果的に利用しましょう。

 

4:復縁は満を持して申し出を!

お互い好きなのに別れてしまった……というケースを除いて、復縁はスムーズにいかないのが普通。

焦っても、すぐに元に戻らないのは当たり前です。

こと復縁に関しては、時間をかけるほうが効率的。しっかりと準備をしてから、満を持して復縁を申し出るようにしてください。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!