長続きするカップルの特徴からわかる!カップルが長続きする秘訣10選

これまでいちばん長く付き合った人との交際期間はどれくらいでしょうか。片思いの後にやっとの思いで付き合えたという人もいれば、とりあえず付き合ってみたという人もいますよね。でもどうせ付き合うなら、長く付き合いたいものです。そこで今回は、長続きするカップルから学ぶ、恋が長続きする秘訣をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:長続きするカップルの「長続き」ってどのくらい?

まず、交際期間がどれくらいだと「長い」と言えるのでしょうか。筆者の周りにいる、20〜30代の男女20人にアンケートをとってみました。

Q.交際期間がどのくらい続くと、長続きしていると感じますか?

1年・・・8人(40%)

2年・・・6人(30%)

半年・・・3人(15%)

3年以上・・・3人(15%)

この結果から考えると、1年ないし2年くらい交際していると”長続き”と言えるのではないでしょうか。

 

2:長続きするカップルの特徴10選

ここからは、長く交際しているカップルを調査して見つけた、長続きカップルだけに見られる特徴をご紹介します。

(1)同じような趣味がある

交際が長続きすればするほど、デートはどうしてもマンネリ化してしまいます。しかし、同じような趣味があれば、デート先に困ったときも無理に考える必要がなく、何度でも楽しめるので、お互いに満足できる時間を過ごすことができるでしょう。共通の趣味がない場合は、一緒に楽しめる趣味を探してみるのも、長続きのためには良い影響が出そうです。

(2)気持ちを言葉で伝えている

「私の彼氏は、特別な日でなくても”いつもありがとう”と言ってくれる。そのひと言だけで付き合っててよかったと思える。それが長く続くいちばんの秘訣かな」(28歳女性/看護師)

会うたびに、またメールをするたびに伝える必要はありませんが、気づいたときには「ありがとう」という気持ちを、お互い素直に伝え合いましょう。シャイな男性も多いと思いますが、先に女性から伝えることで、彼の意識も変わっていくはず。

(3)イライラしない

大好きな人とはいえど、考え方や暮らし方が完全に一緒ということは絶対にありません。自分と意見が合わなかったり、どうしても直してほしいクセがあったり、相手のペースが気に入らないことは、どんなカップルにもあります。

でもそこでイライラしないことが重要です。言いたいことがあるときは、感情的にならず、落ち着いた状態で伝えましょう。変えてほしいことも、「こうしてほしいな」など、相手にお願いする話し方にすれば、相手も素直に受け止めてくれやすいです。

(4)互いを信頼している

「彼が仕事で遅い日が多く、周りからは”もう3年も付き合ってるし、浮気されてるんじゃないの〜?”と茶化されることもあるけど、信じてるから細かく聞いたりはしない」(28歳女性/自営業)

彼氏から連絡がこなかったり、帰宅が遅いことが続いたりすると、浮気を疑う女性も多いですが、これは長続きのためには良くありません。

彼が浮気の常習犯ならまだしも、仕事で忙しいのかもしれないし、接待中なのかもしれない。気になるとは思いますが、まずは相手を信頼して見守るようにしましょうね。また、隠し事をせず、なんでも話すというのも長続きの秘訣なのだとか。

(5)言いたいことを言い合える

なんでも思ったことを言っていいというわけではありませんが、言いたいことを我慢して伝えないままでいると、不満はどんどん積もっていくもの。言いたいことが言える関係であることも長続きのポイントです。

伝えるときはできるだけ冷静に伝え、話し合いましょう。また、LINEやメールでなく、直接会って話すほうが本当の気持ちが伝わりやすいです。

(6)約束を破らない

デートの約束やふたりでの決めごとは、本当にやむを得ない場合を除き、できるだけ破らないようにしましょう。

付き合いが長いと馴れ合いが出て、後からはいってきと予定を優先させたりしがちですが、あまりにも約束を破られると、信頼が薄れていってしまいます。

(7)適度な距離感を保つ

付き合ったばかりというのは、ワクワクして心も躍りますよね。もちろん、そういう気持ちを無理に抑える必要はないと思いますが、最初のうちにベタベタしすぎると、だんだんお互い疲れてきて、長続きしなくなってしまう原因に。また「休日のどちらか1日は自分の時間にする」という意見も多かったです。

(8)金銭感覚が似ている

お金の遣い方が違うと、必ずと言っていいほどケンカになってしまいます。今はまだ考えていなくても、付き合うということの先にあるのは”結婚”です。「この人と一生一緒に暮らしていけるのか」という部分で、金銭感覚はとても重要な要素。「ケチな人は絶対イヤ!」「浪費家は絶対イヤ!」と思っている人は、付き合う前にも要チェックです。

(9)自然体で居られる

一緒にいることに慣れてしまうと、どんどん”素”が出てきますよね。これは長続きという点では、決して悪いことではありません。自分の恥ずかしい部分を見せられる相手であれば、居心地も良く、ずっと一緒にいても安心して過ごせるでしょう。

(10)相手のことを尊敬している

どちらかが相手のことを見下してしまうと、どうしてもケンカになってしまいます。好きになったということは、必ず相手に素敵な部分があるから。彼のいい部分・尊敬できる部分をよく見て、常に相手を尊重することを忘れないでください。

 

3:長続きするカップルのLINE!その頻度や特徴5つ

ここからは長続きするカップルのLINEにはどんな特徴があるのか、ご紹介します。

(1)毎日ダラダラやり取りしない

スタンプを打ち合い続けたり、話すこともないのに会話を無理に続けようとすると、だんだんしんどくなってしまいます。続かないLINEをするぐらいなら、いっそやめてしまいましょう。

1年以上付き合っている長続きカップルは、LINEのやりとりは週に3〜4日ほどが多いようです。「毎日連絡をくれないと無理!」という女性も多いのですが、彼の仕事の状況や忙しさも理解して我慢することも大事です。

(2)必要最低限のことだけやり取りする

LINEは簡単にやりとりできるから、ついついどうでもいいことまで送りがち。しかし「なんでもかんでもLINEで伝えない」という長続きカップルは多いようです。

というのも、「楽しい話や大事な話はできるだけ会ったときに残しておきたいから」なんだとか。次のデートの話題のためにも、LINEはほどほどに。

(3)メッセージの間隔

「LINEで返事する間隔は、彼の間隔に合わせるようにしてる。例えば彼が1日に1回返信するペースの人であれば同じぐらいにして、返信が早い人ならできるだけ自分も早く返すようにしてる」(30歳女性/事務職)

「適度な間隔が空いたほうがお互い気楽なので、即返信はしないようにしている」(31歳女性/フリーター)

たまに、まるで届くのをスマホの前で待っていたかと言わんばかりの即既読から即返信の人っていますよね。即返信が続くと、こっちも急いで送らなければいけないと焦らせることになるので、適度にしておきましょう。

(4)シンプルな文章

付き合う前や付き合ったばかりのころは、絵文字を使ったり、できるだけ長く文章を打ってやりとりしますよね。

しかし、付き合いが長続きすればするほど、時間をかけて長文を打つことが面倒にもなってきます。付き合いが長いカップルは、短文でシンプルな文章でのやりとりがほとんど。だからと言って愛情が薄れているわけでもなく、コミュニケーションツールとして便利に使っている証でしょう。

(5)既読・未読を責め合ったりしない

「既読無視した!」「わざと未読にしてるでしょ!?」……付き合いたてのカップルのそんなやりとりを、筆者は目の前で見たことがあります。これってLINEあるあるですよね。

既読や未読はどうしても気になってしまいます。でも、そんなことを気にしてケンカしていたらキリがない! 多くの長続きカップルは「急ぎの用件じゃない限り、1〜2日ぐらい平気で放置しちゃう」というぐらい、大らかな気持ちでいるようです。

 

4:長続きするカップルかどうかわかる診断5つ

ここからは、上記を踏まえて、自分たちが長続きするカップルなのかどうかわかる診断をご紹介します。

(1)毎日連絡がなくても耐えられる?

長く続けば続くほど、相手が忙しいとき、余裕があるとき、と状況は変化します。1〜2日連絡がないぐらいで怒っていたら、相手もしんどくなってしまいます。さみしい気持ちもわかりますが、できるだけ耐えるようにしましょう。

(2)好きだという気持ちや感謝の気持ちは伝えてる?

こちらも上でご紹介しましたが、気づいたときには感謝の気持ち・好きだという気持ちを伝えましょう。特に、記念日や誕生日には必須。まったく伝えないでいると「本当に俺(私)のこと好きなのかな?」と疑われてしまうこともあります。

(3)ふたりでいるとき、沈黙が続いたら耐えられる?

沈黙が気にならない関係ってすてきです。これは彼氏彼女だけでなく、友人関係にも言えることですよね。時間はかかると思いますが、沈黙が続いても自然でいられるようになれば、お互いに居心地がいいという証拠にもなります。

(4)ケンカしたときにすぐ謝れる?

カップルにケンカはつきもの。どうしても許せないこと、イヤなことは必ずあるし、ついつい感情的になって怒ってしまうことは誰にだってあります。

でもどちらかがすぐに謝ることはとても大事。ケンカを長引かせたり持ち越してもメリットはありません。イライラが募れば、そのまま会わずに自然消滅で別れてしまうということも。お互いケンカはその場だけで、相手を許してあげる、という気持ちを心掛けましょう。

(5)自分のダメなところを見せられる?

彼氏彼女の前では、いい格好をしたいですよね。でも、長く一緒にいると、自分の恥ずかしいところや、ダメなところを見せてしまうときが必ずきます。それが絶対イヤなら長くは続かないし、ましてや結婚なんて無理! お互いにいいところもダメなところもすべてさらけ出して、認め合える関係がベストです。

 

5:まとめ

カップルが長続きするためには、「ただ好き」だけでは難しいですよね。お互いが努力して、相手に合わせなければなりません。そしていちばん大事なのは、相手を思いやる気持ち。それさえあれば、ケンカをしても、うまくいかないことがあっても、最後にはきっとわかり合えるし、仲も深まり続けるでしょう。