好き過ぎてたまらない!好き過ぎる彼氏・彼女へ取る行動と不安の解消法

好きな人との心地の良い距離感って、意外と難しかったりするものですよね。でも、大好きな気持ちは大きくなりすぎると、好きがゆえに不安になることも……。そこで今回は、そんな好き過ぎるからこそ沸き上がる不安を解消する方法や、好き過ぎてたまらない彼女に対して男性がとりがちな行動などをお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:好き過ぎて○○!?

好きという気持ちが大きくなり、感情のやり場に困った場合に「好き過ぎてやばい!」なんて言い方をします。

さらには、好きがゆえに心を痛めてしまうことを「好き過ぎて苦しい……」と表現することも。そして、相手が始終何をしているのか気になってしまう「好き過ぎて不安」なんていう場合に陥ることもあります。

 

2:好き過ぎてたまらない男が相手にとってしまう行動5つ

そんな「好き過ぎる」という感情を、男性が女性に対して思っている場合、どんな行動をとるのでしょうか?

(1)ジュエリーのプレゼント

普段から身につけられるジュエリー。お値段もそれなりに張りますよね。数あるプレゼントの中でもジュエリーをチョイスした彼は、きっと彼女にゾッコンなはず。みんながみんなもらえるわけではないという特別感もあって、「いつでも自分のことを思っていてほしい」という気持ちが込められたジュエリーは、彼の独占欲と誇りを表しているのかもしれません。

(2)街中でのハグ

人前にも関わらず、抱きしめてしまいたくなるのは、愛おしくてたまらない証拠です。それほど、彼をメロメロにできる女性は、彼にとっても自慢の彼女。一緒に歩いているだけで、誇り高い存在なのでしょうね。

きっと、友達や自分の家族にも紹介したがっているはずです。

(3)愛おしそうに見つめる

目線には、思いが最も表れると言われています。

だから彼の目線ひとつで、彼の思いがわかるはず。「なんてかわいいんだろう」とやさしい目をしたり、「この子を一生守っていきたい」という包容力にあふれた目をしたり。注意してみると、そこから彼の意思を読み取ることができますよ。

(4)たまに見せる心配そうな顔

彼女のことを好き過ぎるほどに愛しているならば、いつもハッピーなだけではいられません。ときにはその大きな気持ちが心配につながることもあるでしょう。

それもすべては好き過ぎるがゆえのこと。最終的には、どんなあなたのこともしっかり受け止めてくれるはずです。少しの心配はありがたく受け取りたいところです。

(5)プロポーズ

好き過ぎるがゆえのプロポーズ! それは好きだからこそ、全責任をとるというなんとも男らしい行動。愛の約束と言っても過言ではないでしょう。

好きな人にプロポーズされることを待ち望んでいる女性がたくさんいるはずです。そのためには、彼にもっともっと好きになってもらいたいって思いますよね。

 

3:好き過ぎて辛い!好き過ぎて不安になる理由5つ

続いては、好き過ぎて不安になってしまうのはなぜなのかについて考えてみました。

(1)失いたくない

「こんなに好きになれる人は他にいない」「今の幸せを逃したくない」

愛しい相手のことを失いたくない気持ちがあまりにも強くなり、それが不安になって辛さになるケース。最初は純粋に好きだったはずなのに、いつのまにか失いたくないという気持ちのほうが勝ってしまっているということですね。そうすると、相手に対しての不安度も高まります。

(2)他に代わりの人なんていない

好き過ぎるがゆえに、ほかの人のことが見えなくなるパターンも。始終頭の中は愛しい気持ちでいっぱい、といった感じですね。

「あの人のいない世界なんて考えられない」「別れるくらいなら、いっそ幸せなんて永遠にいらない」など、極端な考え方になってしまいます。最初はこんなに好きになるはずではなかったのに、気づいたら好きが止まらなくなってしまっているということもあるでしょう。

(3)私だけを見ててほしい

好き過ぎて独占欲が高まり過ぎると、そのぶん、束縛したくなります。

束縛するつもりはなくても、ついついわがままの域を超えて、相手にとって居心地の悪い状態を作り出してしまう可能性も。好き過ぎる不安をぶつけて窮屈な思いをさせてしまうのか、自分の心の中で対処するかで、大きく変わります。

強い愛情を束縛ではなく、幸せに変えたいですね。

(4)自分に自信がない

好き過ぎて不安になる理由として、自分の自信のなさも挙げられます。恋人中心の生活になり、すべては相手のためという思考回路になった場合、何をしていても、どう評価されるかがすべての基準になってしまいます。

なので、相手の行動や反応のひとつひとつに過敏に反応してしまいます。そのうち自分というものがなくなり、結果的に自信をなくしてしまうのです。

(5)恋愛依存症に…

人は、心が弱っているときに何かに依存したくなります。というのは、何か心の支えが欲しくなるからです。

それは、誰しもが感じること。しかし、過度な依存や恋愛に対する強い執着は、自分だけでなく相手のことを傷つけることも。そして、辛い気持ちや不安な気持ちが同時に押し寄せてきます。

 

4:好き過ぎて不安な気持ちの解消法3つ

では、好き過ぎて不安になってしまう気持ちを、どうやって解消すればいいのでしょうか? 数々の恋愛記事を書いてきた筆者が3つ提案します!

(1)何か没頭できることを探す

まずは、気持ちのリフレッシュが必要です。運動するでもいいし、料理をするでもいいし、映画を観るでも、何でも構いません。

彼のことを24時間考え続けると、しっかりした睡眠すらもとれなくなってしまうし、ごはんを食べてもおいしいと感じなくなってしまいます。だから、たまには忘れる時間を持つことが大切。何もかも忘れて、没頭できる何かを探してみてください。

(2)不安な気持ちを打ち明けてみる

不安な気持ちや辛い気持ちをひとりで抱えたままにすると、それはいつか爆発してしまいます。そうなる前に、直接相手に相談してみましょう。

爆発する前であれば、冷静に今の気持ちを話せるはずです。どんどん悪化していく前に改善できることは少しずつしていくことが大事。関係を見直すいいきっかけになるでしょう。

(3)自分が成長できる場所を探す

人生というのは、恋愛だけがすべてではありません。自分が輝ける場所を探してみてください。それが仕事でもお稽古ごとでも趣味でも、何だっていいのです。

成長を実感できるものを続ければ、それは自信につながります。そうすると、だんだん世界が広く大きく感じるようになるはずです。同時に心にも余裕ができるでしょう。

 

5:好き過ぎて辛い…既婚者を好きになったときの対処法3つ

好きになった相手が既婚者で、ダメだとわかっているに、どんどん気持ちが募ってしまって辛くなってしまったら……? 最後は、そんな場合の対処法について紹介します。

(1)割り切る気持ちの強さ

辛さが伴う恋愛を選んでしまった自分を責める必要はありません。だって、いつだって自分次第で離れることはできるのですから。辛くても、一緒にいることを選んでいるのは、他ならぬ自分自身です。

もちろん、心がボロボロになる前に離れるのがベスト。ですが、一緒にいられる間は強い気持ちを持つこと。そして時には割り切ることも必要とされます。

(2)親友に話してみる

自分の心に秘めたり、溜め込み過ぎたりすると、心が疲れてしまって、いっぱいいっぱいになってしまいます。

そうなる前に、まずは周りの人に話すのもいいでしょう。しかし、気軽に人に話せるようなことでもないので、本当に信頼できる親友のみに限定しましょう。誰かひとりでも自分が信頼できる人がいれば、それは大きな支えとなります。

(3)他の人とデートをする

その人との時間だけが幸せだから、余計に辛くなるのです。相手は結婚しているのに、自分だけがその人にゾッコンになってしまうのは、あまりにも不平等。それが心の悪循環の原因になっている場合があります。

自分のことを幸せにしてくれるのはその人ばかりではないということに気づく必要があります。それだけで、気持ちは少しラクになるはずですよ。

 

6:まとめ

好きな気持ちをコントロールするということは大変難しいこと。だって、コントロールできたとしたら、好きでいることすら気づけないかもしれません。

自分でどうすることもできないほどの大きな気持ちこそ、愛だと感じる人もいるでしょう。しかし、それによってどちらかが辛くなってしまったら本末転倒です。

愛とは幸せになるためにあるもの。相手と自分の本当の幸せを考える時間も大切です。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!