恋人探しに使えるアプリ5選!恋人の探し方と疲れたときの対処法

恋人が欲しいけれど、どうやって恋をするのかすらわからなくなってきた……。そんな忙しい社会人は多いもの。昔の恋人をSNSで探したり、友達の結婚報告に落ち込んだり……。恋人が欲しいのにいない時期、部屋でSNSを見ては負の気持ちに傾きがち。そんなときは、恋人探しに使えるアプリに頼るしかない! 恋人の探し方や、疲れたときの対処法についてもご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:恋人が欲しいと思うと、ついSNSで昔の恋人探しをしてしまう

「あ~。恋人が欲しいな~」

そう思って、でも具体的にどうすることもなく、ついつい昔の恋人をSNSで探してしまったことのある人は多いのではないでしょうか?

筆者も気持ちが落ち込んだときは、SNSに走りがち。

「そういえば、あの人元気かな?」と、ふと過去の恋人を思い出して、SNSを検索。「えっ!? 温泉行ってる! 誰とかな、彼女かな……」なんて勝手にひとりで想像して、意味もなく悲しい気持ちになってしまうことがあります。

寂しいときほど人は過去の楽しかった記憶をたどってしまいます。ですが、過去にとらわれていてはなかなか次のステップには進めないもの。できることなら過去は思い出に、そしてネクストステージに進みたいものですね!

 

2:恋人探しに使えるアプリ5つ

ではここからは、前向きに恋人探し! 家で「恋人欲しい~」と嘆きながらもリア充のSNSを見て落ち込む時間があるなら、マッチングアプリをやりましょう! そこでここからは、恋人探しに使えるアプリをご紹介します。特にここでは、婚活よりも恋人探しに向いているものをチョイスします。

(1)知名度ナンバーワン!「Pairs(ペアーズ)」

これから恋人探しをしたいという人におすすめなのが「ペアーズ」。会員数も知名度も、マッチングアプリの中ではナンバーワン。

登録会員数が多いため、地方に住んでいる人にもおすすめ。また年齢層も幅広く、自分が「付き合うならこんな人がいいな……」というイメージに近い相手が見つかりやすいでしょう。

 

(2)相性診断がすごい!「with(ウィズ)」

「占い好き」の女性におすすめのアプリが「with」です。

さまざまなメディアで活躍中の、メンタリストDaiGoさんによる「相性診断」をもとにマッチングすができるのもポイント。心理学や統計学の手法を応用することで高いマッチング率の高さを生み出しているのが最大の特徴です。

恋をする前に己を知ることはとても大事なこと! 性格分析などをするだけでも参考になるので、筆者イチオシのアプリなんです。

 

 

(3)すれ違いが運命を呼ぶ!? 「CROSS ME(クロスミー)」

「会いたいタイミングで、近くにいる人と出会いたい」という、一期一会を大切にしたい人にぴったりなのが「クロスミー」。GPS機能を使って、近くの人とマッチングできるので、「運命」を感じる出会いを期待できます。

筆者が使ってみたところ、東京や大阪などの都市部ではすぐにマッチングできるものの、それ以外のエリアだと、そもそも登録ユーザーが少ないことから、すれ違いが起きにくいため、マッチングが難しい傾向にあります。

 

(4)趣味でつながる!「タップル誕生」

特定の趣味があって、その趣味でつながることを希望しているなら、「タップル誕生」がおすすめです。休日は、自分と同じ趣味を持つ恋人と楽しみたいという人にぴったりです。

登録しているのは20代の若いユーザーが多く、大学生もちらほら。気軽なノリで出会えるので、マッチングアプリ初心者にも優しいでしょう。

 

(5)カジュアルな出会いを求めるなら「YYC(ワイワイシー)」

婚活や結婚を前提とした恋人作りというよりは、カジュアルな出会いを求めているなら、「YYC」がおすすめです。

毎日4,000人が新規登録しているという、日本最大級のマッチングサービス。sのぶん、いろいろな人と出会うことができます。ただし、筆者がリサーチしたところによるとヤリモクが多く存在するアプリとの口コミもよく見ました。十分注意しながら、気軽な出会いを求めてみるのにはいいかも!?

 

3:基本に立ち戻って!いい彼氏と出会える恋人探しの基本3つ

では続いて、いい彼氏と出会える恋人探しの基本をご紹介します。「大人になればなるほど、基本に立ち戻って!」というのが筆者の主張です。

(1)条件で絞りすぎない

マッチングアプリの最大のメリットは、効率的に恋ができること。最初から条件を絞って条件にあった相手を探すことができます。

だけれど、それって、冷静になると少し寂しいですよね。

「マッチングアプリを紹介したあとに何を言い出すの!?」と思った人もいるかもしれません。ですが、これだけ自由に恋愛ができるのに、最初から条件を絞りすぎる行為は、まるで作業のよう。

だからこそ、マッチングアプリで恋人を探すときも、ガチガチに条件を絞って検索するよりも、最初の印象や直感を大切にしたほうがいいかもしれません。

もちろん「恋人を探す」ことは、その先の結婚を考えて「好き」だけで走り出すのは危険なときもあります。ですが、なるべく恋は自然に落ちるものにしたいものです。

(2)直感を大切に

上記にチラッとご紹介しましたが、どんな出会いであれ、直感を大切にすることは今後の付き合いに大きく影響してきます。

筆者の友人は、今の旦那さんとの初めてのデートで「あ、私この人と結婚するかも」と思ったそう。そして昨年ついに結婚し「直感を信じることが運命につながる」と語っていました。

よく、ひと目ぼれから結婚すると夫婦生活が良好であるという話を聞きます。直感で「いいな」と思うような、ひと目ぼれに近い感情はいくつになっても大切にしたいものです。

(3)たまに昔の恋を思い出す

年齢を重ねるにつれ、どうしても相手を条件で選んだり、周囲の意見を気にしすぎたりすることが増えていきます。でも、初めて人を好きになったことを思い出してみてください。きっと条件なんて関係なく「ただ好きだった」という気持ちで、恋が走り出していたことが多いと思います。

昔を振り返りすぎることはよくありませんが、たまには昔の恋で感じたドキドキした感情や純粋な気持ちを思い出してみるのもいいかもしれません。

そうすればきっと、恋人探しをする中でも、恋の基本の「相手が好きだから」という部分を大切にできるはずです。

 

4:恋人探しに疲れた…陥りがちな心理と対応策3つ

恋人探しをする中で、うまくいかないことが続くとどうしても落ち込みがち。そんな心理状況と対応策についてご紹介します。

(1)「モテない」のではなくて「合わなかった」と考える

恋人探しをいざするとなっても、すぐに恋人ができるわけではありません。

もちろん、いいなと思った人にアピールしても振り向いてもらえないこともあるし、いい感じだと思って告白したら振られてしまうこともあるかもしれません。

それが続くと「どうせモテないし……」と悲観的に考えてしまいます。ですが、落ち込む必要はありません。「自分がダメだった」と思うのではなく発想の転換で「たまたま合わなかった」と思うようにできれば少しは気持ちが楽になるかも。

「俺はカレー好きだけど、あの子はカレーよりハヤシライスが好きだったんだな」くらいのカジュアルな気持ちでいましょう。

もちろん、振られたらその理由を考えることも少しは必要ですが、清潔感がないだとか、喋り方がキモイだとか、生理的に無理!という場合を除いて、多くの場合は、「なんとなく無理だった」ですよね。なので、考えすぎても無駄であることも多いですよね。

(2)SNSを見ないようにする

恋人を探し出すきっかけが「友達が結婚したから」「彼氏ができたから」という外部要因であることも多いでしょう。そんな気持ちでいると、幸せなSNSを見たとき、恋人探しすらうまくいかない自分に悲観してしまうこともありますよね。

そんなときは一旦SNSをシャットダウンしましょう。SNSに挙がっているのはそ「一瞬の幸せな姿」なのです。どれだけ幸せアピールをSNS上でしたとしても、人それぞれ悩みはあるはずです。

(3)「恋人がいないと生きていけない」はNG

「恋人がいないと生きていけない!」と思いながら恋人探しをしてしまうと、うまくいかなかったときに、生きている意味すら失うこともあります。

あくまで恋人は人生のプラスアルファ。「いなくてもいいけど、いたらもっと楽しくなるだろうな~」とくらいに気楽に構えているほうが、恋人探しはうまくいくもの。

あくまで自分の生活の一部に恋人がいる、くらいに考えて、「いなくても生きていける」と精神的に自立しておくことも大切です。

 

5:恋人がいなくても生きていけるけれど…

今回は恋人探しにおすすめのアプリから、恋人探しをするときに忘れてはいけないことまでご紹介しました。

本当に大好きな人ができると、仕事も自分自身の生活にも支障をきたしてしまうほど相手にハマってしまうこともあるかもしれません。

だけど、そういう恋に限ってすぐに終わってしまうもの。

「恋人がいなくても生きていけるけれど、いたらもっと自分の人生が楽しくなる!」くらいの軽い気持ちで恋人探しをしてくださいね。そのほうがきっと素敵な人が見つかりますよ♡
 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!