一番好きな人とは結ばれないって本当?本当に好きな人と結婚できる確率

「一番好きな人とは結ばれない」という話を聞いたことはありますか? タイミングや運命、縁などいろいろな考え方があるとは思います。そこで今回は、そんな恋愛都市伝説を調べるべく、数字はウソをつかないということで、実際にアンケートをとってみました。本当に、一番好きな人とは結ばれない運命が存在するのでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:本当に好きな人とは結ばれない運命なの?

「一番好きな人と結婚すると幸せになれない」という都市伝説をご存じでしょうか。あるいは「一番好きな人とは結ばれない運命なのかもしれない」と考えたことはありませんか。

世の中には、うまく説明できないような縁だったり運命というものを感じることがあります。

筆者の友人にも「好きな人とは結ばれなかったけど、もし結婚していたらどうなっていたんだろうって考えることがある。でも運命だったって納得するしかない」と言う女性がいます。

実際のところ、どうなのでしょうか。

 

2:一番好きな人とは結ばれないといわれる原因5つ

ではどうして一番好きな人とは結ばれないといわれるのでしょうか。実際に一番好きな人とは結ばれなかった人にその理由を聞いてみました。

(1)別れたあとに一番好きなことに気がついた

「私の場合、付き合っているときっていうのは“この人が今までで一番好き!”って意識してなかったし、今までと変わらない恋愛のひとつだと思っていたんですよ。でも、別れて初めて気がつきましたね。あの人が一番だったって」(Wさん・32歳女性)

大切なものは、失ったときに気づくことがあります。

別れた直後は、この先、もっと好きになる人が現れるだろうと思ってしまっても、不思議ではありません。しかし、その人を超える人が現れないことで、初めて気がつくのです。でも気づいたところで、もう手遅れなのですが……。

(2)素の自分を出せない

「一番好きな人に対しては、好きすぎて嫌われたくなくて、相手に合わせて、いつも我慢していましたね。自分の意見も言えず、素の自分を出せていなかったし、甘えられませんでした。我慢し続けていたから、相手に大きく期待してしまったんです。

で、相手の行動がどうしても納得できず、それに対してポロッと言ってしまった私のひと言が決定打になって、相手の気持ちが冷めてしまい……。そのままフラれてしまいました」(Wさん・34歳女性)

好きだからこそ相手に合わせてしまうという女性は多いのではないでしょうか。そして、相手に尽くせば、そのぶん「自分の思いに応えてくれるはず」と期待してしまいがち。でも、相手が応えてくれるという保証はありません。そしてケンカになってしまう……。二番目に好きな人なら、気を遣わなくていられるという意見もありました。

(3)重すぎた

「今、振り返ってみると、自分の気持ちが重すぎたんだろうと思います。自分にとっては相手こそが人生で一番好きな人でしたが、相手からすると、私が最愛の人というわけではなかった。でも、私の付き合い方次第では、彼の最愛の女性になれたと、今でも思っています」(Nさん・33歳女性)

大好きな気持ちが相手にとって重すぎるということもあります。彼が望む恋愛の仕方と自分の気持ちの強さや付き合い方に齟齬が生まれてしまうと、恋は続きません。

(4)思いを伝えられなかった

「一番好きだった人には、想いを伝えらませんでした。自分の気持ちが大きすぎて、フラれるのが怖くて……。結局、告白することができなかったんです。で、そのまま離ればなれに」(Rさん・31歳女性)

大好きな相手から告白されることを待ってしまう、ということもありますよね。でも自分から動かなければ、絶対に手に入れられないものもあります。ほんの少しの勇気がなかったせいで、一生の後悔として心の中に残り続けることになってしまうかもしれません。

(5)まわりの意見に流されてしまった

「友達や親から、結婚はやっぱり経済力が大事と言われたいたのもあり、経済力のある人を選んで結婚してしまいました。今まで付き合った中で一番大好きな人は、そんなに甲斐性があるタイプではなかったので……。でも今は、ちょっと失敗したかなと思っています」(Eさん・33歳女性)

「物質的な豊かさや経済力こそが、幸せのもとである」と感じるという人もいるでしょう。その人たちが経済力で男性を選ぶのは正しいことだと思います。

しかし、物質的な豊かさ以外のものに幸せを感じる人もいます。そういった人が経済力で男性を選ぶと後悔することも……。自分が何に対して幸せを感じるのかを知っておくというのはとても大切なこと。そしてそれは、自分にしかわかりません。

 

3:一番好きな人と結婚したかった?既婚者の本音3つ

では、一番好きな人と結婚できなかった人に「一番好きな人と結婚したかったか」という質問をしてみました。既婚者の本音をご紹介します。

(1)結婚したかった

「過去に戻って一番好きな人と結婚したいかと聞かれたら“イエス”です。今でも彼のことを思い出すことがたまにあります。彼と結婚していたらどうしていたんだろうって。

その彼との結婚の話が出たとき、お互いの両親に反対されたんですよ。彼と話し合った結果、このまま結婚してもきっと幸せになれないってなって別れたんです。

でも、一度きりの人生だから、両親の反対を押し切って結婚してもよかったのかもなって、今は思っています」(Sさん・35歳女性)

(2)今がベスト

「今がベストですね。あの人以上に人を好きになったことはないって断言できる人がいますけど、彼とはタイミングも結婚観もすべてが違っていました。彼と結婚してもきっとうまくいかなかったでしょう。

私は今が幸せです。こんな私と結婚してくれた旦那に感謝しています」(Wさん・35歳女性)

(3)考えたことはない

「学生時代の先輩だったし、その後に転校していなくなってしまったので、付き合っていても結局うまくいかなかったと思います。だから、あの人と結婚していたらとか考えたことはありません」(Hさん・33歳女性)

 

4:本当に好きな人と結婚できる確率

「一番好きな人とは結婚できない」とはいいますが、実際のところその確率はどのくらいなのでしょうか。『Menjoy!』が20~40代の既婚女性341人を対象にアンケート調査をしてみました。

その結果、結婚した相手が「一番好きな人だ」という人は180人で52.8%。一方、「そうではない」と答えた人は161人で47.2%という結果に。

半数以上の人が一番好きな人と結婚しているようです。このちょうど半分という数字が、「一番好きな人とは結ばれない」という都市伝説を、よりくっきりとさせていますよね。だって、半数の人はそう思っているのですから。

ちなみに「“一番好きな人”と結婚して、後悔したことはありますか?」という質問に対しては、78%の人が「ない」と回答しています。筆者はこれを素晴らしい意見だと思いました。

 

5:一番好きな人と結ばれなかったことに後悔している人は約半数!

今回は一番好きな人とは結ばれないという言葉をテーマにご紹介しました。

今回のアンケートでは、実はもう一問、質問をしていました。

一番好きな人とは結婚できなかったという人に対して、「できることなら一番好きな人と結婚したかったと思ったことはありますか?」と聞いてみたのです。

すると、「思ったことがある」という人が89人(55.3%)、「思ったことはない」という人が72人(44.7%)でした。一番好きな人と結ばれなかったことに後悔しているという人が半数以上いたのです。

一番好きだと思える人がいるなら、後悔しないように行動することをおすすめします。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!