プロポーズの場所ランキング!プロポーズにおすすめの場所と最悪な場所

彼女にプロポーズすることを決心した男性が次に悩むのは、プロポーズの方法と場所。彼女にとって一生の思い出になって、心から喜んでもらえるよう、試行錯誤しますよね。そこで今回は、女性が憧れるプロポーズの場所や逆にプロポーズされたくない場所や手段などについてもご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:プロポーズに指輪なしでも大丈夫?

プロポーズを決めたものの「彼女が欲しい指輪のブランドやサイズがわからない……」そんな人も多いのではないでしょうか。「プロポーズ=婚約指輪を渡すこと」とついつい思ってしまいがちですよね。

事前にリサーチできる機会や時間があれば、指輪を用意するに越したことはないですが、好みがわからなかったり、時間がない人もいます。しかも女性としても、サプライズで買ってしまうのはちょっと怖いし、できれば一緒に選びたいですね。

だから今は、プロポーズのときに指輪を取り出して……という流れよりも、指輪なしでプロポーズして、追って指輪を渡す、というのは決して珍しくありません。

その場合、指輪のかわりに、お花など別のものを贈ると、さらに気が効いてプロポーズの幸福感が増すかもしれません。

 

2:プロポーズされたい憧れの場所ランキング5

ここからは、プロポーズの場所について、考えていきましょう。『Menjoy!』が独自に、20代〜30代の未婚女性317人に聞いた「プロポーズされたい場所」をランキングでご紹介していきます。

5位:相手の部屋(29人)

「周りの人に見られるような場所より、ふたりだけの場所でプロポーズされるほうが、リアクションも取りやすそうだし、恥ずかしくない」(22歳女性/学生)

確かにプロポーズって嬉しい反面、周囲の目が気になりますよね。彼のプロポーズの言葉を人に聞かれるのも気になるし、周囲の目を気にしてリアクションが薄くなっても彼にも悪いし……。その点、家の中なら自分の気持ちをそのままストレートに表現できますね。

4位:レストラン(39人)

おしゃれなレストランは、プロポーズされたい憧れの場所のひとつです。食後にパカっと指輪を出されて……なんてドラマみたいですね!

ちなみに、筆者の知人は高級レストランでプロポーズされたそうですが、びっくりしすぎて激しく奇声をあげてしまい、ほかのお客さんから注目の的に……。最終的には追い出されるようにしてお店を出たそうです。マナーにはご注意を。

3位:自宅(41人)

自宅が3位にランクイン! 彼の部屋と同じく、プライベートな空間のほうが嬉しい女性が多いようです。こちらも誰に見られることなく受け取れるので、喜びを表現しやすいですよね。

ただし、実家住まいの人は要注意。筆者の知人男性は、プロポーズの瞬間、彼女の母親がたまたま部屋に入ってきて、感動のあまり母子で一緒に泣かれたそうです(笑)。

2位:夜景のきれいな場所(69人)

夜景を見ながらのプロポーズも、女性の憧れのシチュエーションのひとつ。イルミネーションやシンボルタワーを見ながらプロポーズされたい……というのも、女性の夢のひとつ。

また、車で夜景を見ながらプロポーズされたという人もいました。車内ならふたりきりの空間になるので、人前ではイヤという女性にもおすすめです。

1位:思い出の場所(71人)

ふたりで初めてデートした場所や、付き合った場所など、思い出の場所でのプロポーズに憧れるという答えが1位に。

プロポーズだけでも、もちろん嬉しいですが、彼が思い出の場所を覚えてくれていたことを思うと、さらに嬉しい気持ちになりますよね。

 

3:実際にプロポーズをされた場所ランキング5

ここからは、20代〜30代の既婚男女411人に聞いた、今のパートナーに実際プロポーズされた場所をランキングでご紹介。先ほどご紹介した「プロポーズされたい場所」と、実際に「プロポーズされた場所」の違いに注目して、見ていきましょう。

5位:夜景のきれいな場所(24人)

「明るい場所でプロポーズするのは恥ずかしいかったので、周囲が暗くなってから、イルミネーションがきれいな場所でプロポーズしました」(34歳男性/公務員)

王道の夜景が5位に。プロポーズする側からしてみると、暗いというところも恥ずかしさを隠せるポイントのひとつなんですね!

ちなみに夜景についてはこんな意見も……。

「田舎住まいなので、イルミネーションや夜景がきれいな場所がまったく思い当たらない……。夜、外でプロポーズしようと思ったら、ただの闇の中になっちゃいますね」(28歳男性/自営業)

4位:レストラン(28人)

「きっかけがないとなかなかプロポーズできなさそうだったから、レストランでのサプライズプロポーズに。サプライズで店員さんに指輪と花束を持ってきてもらうようにお願いしていたので、もう言うしかない状態。ちゃんと言えて良かった」(39歳男性/行政書士)

こちらも夜景と同じく、王道パターンがランクイン。レストランだと静かですし、店員さんの協力もお願いできることから、切り出すタイミングも取りやすいですよね。

3位:相手の部屋(35人)

「私の誕生日に彼の部屋へ遊びにいったら、部屋に飾り付けとかされていて”いつもこんなことしないのにどうしたんだろう”と思ってたらプロポーズされた。彼なりに特別感を出したかったんだと思う」(28歳女性/主婦)

日常の空間では、ちょっと気恥ずかしいという思いもあったのでしょう。でも、そんな彼のドキドキもまた、嬉しく感じますよね。

2位:プロポーズはされていない(40人)

なんと、プロポーズはされていないという回答がたくさん集まりました! 「自然の流れで」「デキ婚だったため」など、ちゃんとしたプロポーズの言葉をもらっていない人は意外にも多いそう。

でも、逆にいうと、はっきりプロポーズされなくても結婚できるって、相手との信頼関係があるからこそですよね。

1位:自宅(117人)

ダントツ1位は自宅という結果に。実際に自宅でプロポーズしたという友人に話を聞いてみると「ふと、結婚したいと思って思わず言った」と言うのです。

確かに高級レストランや夜景は「今日絶対にプロポーズするぞ!」と心を決めた人が準備するのかも。自宅で恋人とまったりと話している中で、結婚の話になることもありますし、「いつかプロポーズしよう」と思っている人が、「あれ、これってそのタイミングなのかも」と、思わず言ってしまうこともありますよね。

また男性としても人前でより、ふたりだけの空間でプロポーズしたいという声も多く聞かれました。

 

4:プロポーズに最悪な場所ランキング5

では逆に「こんな場所でプロポーズしないで!」と女性が思う、プロポーズに適さないと思う場所や手段は何でしょうか。20代〜30代の女性728人のアンケートをもとに、ランキングでご紹介します。

5位:電話で(37人)

「電話で”結婚しよう”と言われました。プロポーズされたのは嬉しかったけど、やっぱりちゃんと直接会って言ってほしかったので、”今度会ったときに、ちゃんとプロポーズしてくれるんだよね?”と促しました」(28歳女性/IT関係)

4位:ファーストフード店(43人)

ぎゅうぎゅうの店内で、ハンバーガーを食べながらプロポーズ……というのはロマンチックではないですよね。周りの目も気になりますし、「いま!?」となってしまいそう。

3位:居酒屋(66人)

「ふたりでよく行く居酒屋でいつものように飲んでたら、突然指輪をすっと差し出された。プロポーズの言葉も何か言われたけど、ガヤガヤしている店内の中で聞こえるわけがない! 当然、別の場所でやり直しさせましたよ」(38歳女性/主婦)

2位:ラブホテル(177人)

ホテルはホテルでも、ラブホテルでのプロポーズは絶対にやめておきましょう! 部屋の中がロマンチックだからOKなのでは? いやいや、それでもプロポーズはダメ! 親や友人はもちろん、将来子どもができたときにも、プロポーズの話ができません。

一生モノのプロポーズなので「なぜここで?」と思われる場所は避けましょう。

1位:メール・LINE(343人)

手軽に送れるメールやLINEでのプロポーズはいちばん悲しい……という結果に。筆者なら「せめて電話で……」と思ってしまいそうです。やはり自分の口で直接伝えることをおすすめします。

 

5:指輪以外でもOK!プロポーズにおすすめのプレゼント5つ

ここからは、プロポーズで指輪以外におすすめするプレゼントをご紹介します。

(1)花束

「バラの花束100本を指輪の代わりに渡してくれた。すごく嬉しかったけど、場所がホテルで良かったと思った……。レストランとかだとちょっと恥ずかしい(笑)」(31歳女性/主婦)

(2)ガラスの靴

ガラスの靴を贈るという人もいるそう。というのも、ディズニーランドのシンデレラ城の前で、ガラスの靴を持ってプロポーズされのが、ディズニー好き女性たちの憧れなんだそうです。

確かに、ガラスの靴は、インテリアとしてふたりの新居にも飾れますね。実際にお笑い芸人のFUJIWARA・藤本敏史さんは、木下優樹菜さんにこれでプロポーズしたのだとか。

View this post on Instagram

 

TokyoDisneyResort 東京ディズニーリゾートさん(@tokyodisneyresort_official)がシェアした投稿

(3)ダイヤモンド

「指輪の好みやサイズがわからない!」と困っている人は、ダイヤモンドのみを贈るのだとか。これは「ダイヤモンドプロポーズ」と呼ばれていて、近年人気を集めています。

あとからそのダイアモンドをベースに、彼女が好きなデザインの指輪をオーダーメイドで作るのだそう。合理的でありながらロマンチックさもあり、女性にも喜ばれるのだとか。

(4)アルバム

ふたりの思い出の写真を集めて、アルバムを作る手作り派の人もいるそうです。今はスマホの写真をネットで簡単にアルバムにできるので、急いでいるけど、特別なものを準備したい人にはおすすめです。

(5)ネックレス

「婚約指輪と結婚指輪はどちらかひとつでいいと言っていたので、彼女が欲しがっていた指輪のブランドのネックレスをプレゼントしました」(31歳男性/スポーツインストラクター)

 

6:まとめ

男性にとっても女性にとっても、一生の思い出として残るプロポーズ。もちろんシチュエーションや贈るものを考えて計画することも大事ですが、気持ちがこもっていれば何でも嬉しいものです。

結婚への第一歩を、素敵な思い出にしてくださいね。