プロポーズに指輪なしはガッカリ?プロポーズに選びたい指輪ブランド5選

プロポーズされるときに相手が指輪を準備してなかったらガッカリしちゃいますか? でも地味婚ナシ婚もベーシックになっている昨今、指輪なしプロポーズだって、それほど珍しい話ではないのかもしれません。そこで今回は、プロポーズと指輪の関係を特集! 女性がプロポーズのときに欲しい指輪のブランドもあわせてお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:プロポーズに指輪ナシはがっかり?

「プロポーズをされたのに、エンゲージメントリングがない!」となれば、思わずがっかりしちゃいますか?

昨今では、プロポーズと一緒に指輪を渡さない男性も珍しくありません。そもそも婚約指輪はなくていいよね……と考えている人も増えてきています。

しかし、ドラマや映画のようなプロポーズに憧れている女性であれば、プロポーズは婚約指輪と一緒がよかった……と、内心ではがっかりすることもあるかもしれませんね。

(1)プロポーズの指輪…20代・30代の婚約指輪の相場

「ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ」が実施した「結婚に関する意識調査」で、既婚者250名を対象に「あなたが考える婚約指輪の相場価格と貰った(贈った)価格を教えてください」と質問したところ、もっとも多かったのは、「お給料1か月分〜3か月未満」。全体の29.2%でした。

また、同調査における未婚者の予想相場価格も、34.4%が同じく「お給料1か月分〜3か月未満」を選択してもっとも多い数字に。

ここ数年での婚約指輪の相場は、このあたりが相場と言えそうです。

(2)プロポーズのときに指輪じゃないものを渡した人の割合は?

また、プロポーズの際に、指輪以外のものを渡す人もいます。

グルメ情報サイトとして有名な「ぐるなび」が実施した「プロポーズに関する意識調査」で、プロポーズ経験者488名を対象に、プロポーズの際のプレゼントをリサーチすると「指輪」が16.2%で最多だったものの、次いで「花」が6.4%、「指輪以外のもの」が2.9%、「婚姻届」が0.8%という結果でした。

しかしながら、同調査での最多は「プレゼントはない」で、全体的の74.8%でした。

今どきのプロポーズは言葉のみで、プレゼントは伴わないというのも一般的なようです。

 

2: プロポーズを指輪なしでした人エピソード5つ

実際に、指輪ナシでプロポーズをした人はたくさんいます。

そこで、そんな人たちに当時の様子を教えていただきました。

(1)誕生日デートの帰りにサプライズで

「今の奥さんには、彼女の誕生日にプロポーズするって決めていました。なので、普通にデートをした帰り道に、車の中でプロポーズ。

特別な感じじゃなく、“そろそろ結婚しない? 年内にはしたいな”って伝えたら、照れくさそうにしながらも大喜びで“うん”とOKをもらいました」(31歳男性/運送業)

(2)おうちデートでまったりしながら

「付き合って1年以上たっていたし、そろそろ結婚の話をしたいなって思っていたんですが、なかなかゆっくり話せる時間がとれなくて。

たまたま彼女の家でゆったりデートできる日があったので、僕から結婚の話を出しました。プロポーズっていうよりも、自然な会話で、“結婚しようよ”っていう話になった感じです」(33歳男性/専門職)

(3)海デートで

「それなりにロマンチックなプロポーズをしたかったけれど、万が一、保留とかにされたときのことを考えて、事前に指輪は準備しませんでした。

ふたりで海デートに行ったタイミングで、サンセットを見ながら“結婚してくれー!”って海に向かって叫んだら、大ウケした彼女が、“望むところだ〜!”って海に叫び返してくれて、見事プロポーズに成功しました。

彼女のノリのいいところが好きで結婚を決めたので、ふたりらしいプロポーズになり、すごく満足しています」(33歳男性/飲食)

(4)同棲の延長で

「僕らは2年ほど同棲していました。なので、特に改まってのプロポーズって感じのセレモニーはナシでした。

一緒に暮らし始めた当初から、“ゆくゆくは結婚しよう”と話し合ってきたから、2年目が終わろうとするあたりで、“結婚しよっか”と彼女から言ってきて、そのまま籍を入れたって感じです。特にためらいもなく、粛々と進んだ感じですかね〜」(35歳男性/不動産)

(5)交際3日婚

「私たちは交際3日婚で、出会って3日目に、彼からプロポーズされました。もはや運命の出会いとしか言いようがなく、出会ってから今日まで、1日も離れたことはありません。

そんなわけで、プロポーズの日に指輪が間に合うはずもなく、そのときには言葉だけ。でもエアプロポーズって感じでひざまずいて、指輪を渡すようなジェスチャーはしてくれました。今でも、すごく素敵な思い出になっています」(32歳女性/兼業主婦)

 

3:ティファニークラス以上じゃないと…女性が欲しい指輪のブランド5選

人気の婚約指輪にもトレンドがありますが、「王道」と呼ばれるブランドをおさえておくと、ハズさない選択のヒントにもなりますよね。

そこで、女性に人気がある指輪のブランドを5選ご紹介します。

(1)カルティエ

View this post on Instagram

 

Cartier Officialさん(@cartier)がシェアした投稿

品質のいいダイヤモンドを使った、ゴージャスなデザインのエンゲージメントリングが多くそろっている「カルティエ」。

カルティエの指輪は「一生もの」といわれており、20代で買ったものを、50代になっても変わらず愛用しているという人も多いです。モダンで大人っぽいデザインが多く、中でも「トリニティリング」や「LOVEリング」、「タンクフランセーズ」あたりが定番です。

(2)ティファニー

View this post on Instagram

 

Tiffany & Co.さん(@tiffanyandco)がシェアした投稿

幅広い価格帯から、予算に合わせて選びやすい「ティファニー」も、婚約指輪の定番人気ブランド。どこか愛らしい、甘めのデザインが多いのも特徴です。

アイコンにもなっているティファニーブルーのボックスに強い憧れを抱いている女性も多く「あのティファニーの箱を持った彼に、ドラマチックなプロポーズをされたい!」と思い描く女性も多いです。

(3)ブルガリ

View this post on Instagram

 

BVLGARIさん(@bulgariofficial)がシェアした投稿

イタリアのファインジュエリーブランド、「ブルガリ」も、婚約指輪を選ぶのにふさわしいブランドとして高い人気があります。

ゴージャスな石を使ったボリューム感のあるデザインのリングが多く、存在感のあるエンゲージメントリングを好む女性から支持されています。

一粒ダイヤも人気ですが、太さやカラーのバリエーションも多数ある「ビー・ゼロワン」のパヴェダイヤ入りを選ぶ人も。

(4)ハリー・ウィンストン

View this post on Instagram

 

Harry Winstonさん(@harrywinston)がシェアした投稿

世界最高峰のN.Y.ジュエラー、「ハリー ウィンストン」。事前予約をして、マンツーマンで予算に合わせたおすすめをサジェストしてくれる接客も、「祝福されながら婚約指輪を選んでいる気持ちになれる」と評判です。

「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるだけあり、そのダイヤモンドの輝きはやはり格別。一生に一度のメモリアルなお買い物として、かけがえのない体験になるでしょう。

(5)デビアス

英国のハイジュエラー、「デビアス」もまた、上質なダイヤモンドに定評があり、シンプルデザインからゴージャスなリングまで幅広いラインナップがあることで知られています。

ダイヤモンドの歴史とともにある老舗ブランドだからこその、ダイヤモンドの輝きを活かした繊細なセッティングに思わず感動。また、日常使いしやすいデザインにも定評があります。

 

4:プロポーズ前に指輪のサイズをチェック!彼女の指輪のサイズを知る方法3つ

プロポーズに向けて、サプライズでリングを用意したいけれど、気がかりなのは「彼女の指輪のサイズがわからないこと」。

そこで、彼女の指輪のサイズを知る方法を3選ご紹介します。

(1)オンラインジュエリーショップのレンタルリングサイズ計測グッズを使う

ジュエリーを扱うオンラインショップの中には、事前に指輪のサイズを測るグッズを貸し出してくれるお店もあります。

これを取り寄せておいて、お泊まりデートのときなど彼女が寝ている間に指輪のサイズをチェックするのも選択肢です。

(2)ショッピングデートで指輪のサイズを測ってもらう

ショッピングデートの最中にジュエリーショップに寄れば、簡単に指輪のサイズを測ってもらうことができます。

ただし、どれだけ巧妙に誘導しても、あとからサプライズで婚約指輪を渡したい場合には、その意図がバレバレになってしまうことも。

誕生日やホワイトデーなどのイベントに絡めて、カジュアルなリングをプレゼントする体裁で訪れるといいかもしれません。

(3)単刀直入に聞く!

小細工をしてもバレそうだし、どんなにサプライズにしようとしても限界がある……と考えれば、単刀直入に彼女に聞いてしまうのが、もっとも確実かつ手軽な方法。

「なんで?」と聞かれたときに、プロポーズの意思を伝えざるをえなくなるものの、下手な演技で彼女に不信感を抱かれるくらいなら、男らしくストレートに意思をぶつけたほうが、好感度も上がるかも!

 

5:膝をついて…!? プロポーズの指輪の渡し方3つ

プロポーズと聞くと、まず頭に浮かぶのは映画やドラマで見かける「膝をついて“結婚してください”というセリフを言う」というシーン。

しかし実際には、このやり方以外にも、いくつか定番の渡し方がありますので、3つご紹介します。

(1)レストランのテーブルで箱を開けながら

レストランのテーブルで、食事を終えたタイミングなどに指輪の入った箱を彼女のほうに向け、指輪を見せながらプロポーズするのは、定番の渡し方のひとつ。

夜景が見えるレストランなど、シチュエーションにこだわれば、さらにドラマチックなムードが高まります。

(2)不意打ちで彼女の左手薬指にはめながら

デートの最中に、不意打ちで彼女の左手薬指に指輪をはめて、プロポーズをするのも粋な渡し方として人気があります。

ドラマチックな演出を加えたいなら、湖や海など、景色のいい場所へ遠出デートにするなどの工夫をすると、非日常感が出て、いい思い出になりますよ!

(3)ケーキなど食べ物に仕込む

サプライズで渡すときには、ケーキなどの食べ物に指輪を仕込む方法も人気です。

なにげなくデザートなどをフォークで切った彼女が、中に入っているリングに気づき、サプライズ!という展開が望めます。

また、本物のリングを使うと「せっかくのリングがクリームがべっとり……」となるケースもあるので、ダミーを仕込んでおいて、驚いたシチュエーションで改めて本物を出して渡す、というのがベストかも。

 

6:婚約指輪は多くの女性の憧れ

婚約指輪が欲しいと思っている女性は、今も少なくありません。

「私、指輪はいらないから」と口にしている女性でも、内心では「でも、サプライズで贈ってくれたら嬉しいな」と思っているケースもあるため、彼女が「いらない」と言っているからと言って、真に受けないほうが無難なことも。

これからプロポーズを控えていて、指輪を買おうと計画しているなら、一生の素晴らしい思い出になるようなリングに巡り合えたら最高ですよね♡

 

【参考】

結婚に関する意識調査 – シーマ

プロポーズに関する意識調査 – ぐるなび