垢抜けない男女の特徴10個!垢抜けない人が垢抜ける方法

垢抜けない、と思われているとしたら、嫌ですよね。そんなふうに「垢抜けてないな……」と思われる人には、どのような特徴があるのでしょうか? そこで今回は、垢抜けていない男女の特徴と、垢抜けるための方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:垢抜けない人ってどんな人?

テレビに出ている芸能人を見て「この子はデビュー当時に比べて、垢抜けてきれいになったよね」などと話すことがありますよね。

そもそも「垢抜けた」とはどのようなことをいうのでしょうか。辞書的には、

あか‐ぬ・ける【垢抜ける】

容姿・動作や技芸などが洗練されている。いきですっきりしている。「―・けた着こなし」

<出典:小学館デジタル大辞泉>

といった意味になります。

つまり、垢抜けるには、容姿だけでなく、仕草が洗練されることも重要だということ。逆に言うと、「田舎臭い」「泥くさい」「野暮ったい人」と称される人が、垢抜けていない人といえそうです。

 

2:垢抜けない女性の特徴5つ

まずは、垢抜けていない女性の特徴から見ていきましょう。代表的なものを5つ、ご紹介していきます。

(1)姿勢が悪い

垢抜けている女性の代名詞といえば、世界で活躍するファッションモデルです。彼女たちが垢抜けていて、とても洗練されて見える理由は、立ち姿や歩き姿が颯爽としているからにほかなりません。

逆に姿勢が悪いと、陰気で自信なさげに見えてしまいます。洗練されている女性は、自信に満ち触れているもの。それが姿勢にあらわれるのです。どんなに高級な服を着ていても、姿勢が悪ければ台無しです。

(2)メイクが古い

メイクは時代を反映させています。眉毛の形や太さ、チークや口紅の色はもちろんのこと、質感にもトレンドがあります。「それ、確かに一時期流行ったよね……」というメイクをしていると、垢抜けなさに拍車をかけてしまいます。

(3)牧歌的なファッションを好む

垢抜けているということは、都会的で洗練されているということ。逆に、ダボっとしたアースカラーのチュニックやワンピースなど、ナチュラルで牧歌的なファッションは、野暮ったく見えがち。

もちろん、そういったファッションをオシャレに着こなしている人もいます。でも、かなり世界観がないと難しいスタイルでしょう。野暮ったく見えがちです。

(4)対人関係が苦手

人とのコミュニケーションがうまくとれない人は、垢抜けた印象には程遠くなります。垢ぬけている人は、自信に満ちあふれています。話している時に目を逸らしたり、声が小さかったりなど、オドオドして見てる人は、よっぽど容姿が都会的美人でもない限り、残念ながら「あの人、垢抜けてるよね!」とはなりません。

(5)ヘアスタイルがキマっていない

メイクと同様、垢抜けには、ヘアスタイルも重要です。自分の顔の形やイメージに合わせたヘアスタイルを選ぶのも大切ですが、いくら似合うからといって、たとえば、平野ノラさんのようなワンレンにしていたら、時代の印象もあって、コスプレにしかみえません。

また、ゆるふわのまとめ髪だって、髪自体にツヤがあり、おくれ毛の毛先を緩やかにウェーブさせるなどのこまかいテクを駆使しなければ、落ち武者満点のボサ髪でしかありません。落ち武者が洗練されていますか? されてないですよね。

 

3:垢抜けない男の特徴5つ

続いて垢抜けない男性についても触れていきましょう。

(1)自分に似合う色が分かっていない

女性にも共通しますが、ファッションで自分に似合う色がわかっていないと、垢抜けない印象になりがち。

好きな色と似合う色をうまく使い分けられず、統一感を考えずに詰め込んでしまうのも、野暮ったく見えてしまう原因に。

(2)柄物に柄物を合わせる

柄物に柄物を合わせた派手なファッションは、菅田将暉さんレベルのオシャレさんでなければ、ただのおどけたピエロです。むしろ無地、なんなら黒ずくめのほうが、まだ垢抜けてみえるでしょう。

(3)ハイブランドこそがおしゃれだと思っている

全身をハイブランドで固めることがおしゃれだと思っている人も危険。「いいものを着ているのに、なぜか垢抜けない」と噂されることも。Instagramで「これ〇〇の限定品」などと自撮りコメントしている全身ハイブランド男を、冷ややかな目で見ている女性は多いです。

(4)清潔感がない

垢抜けの「垢」という字は、体の汚れなどの「垢」です。そう考えると、垢が抜ける=垢がない、ということになります。つまり、垢抜けるためには、清潔感も需要ポイントとなります。

男の清潔感は、特に肌と毛に出ます。触るとベチャっとしそうなほどに脂ぎっていたり、眉毛や鼻毛、ヒゲがボーボーだったりすれば、垢抜け感はゼロです。

(5)靴が手抜き

おしゃれは靴に宿る、という言葉があります。どんなに服がキマっていても、それに靴が合っていないければ、一気に安っぽく見えて、全身がダサい印象になります。

また、全体に汚れていたり、かかとがかなりすり減っていたり、脱いだときに臭いというのも、垢抜けない男性にありがちです。

 

4:垢抜けない人が垢抜けた人になる方法5つ

ではここからは垢抜ける方法について考えていきましょう。芸能人のヘアメイクを多数手がけるヘア&メイクアップアーティストの吉田忍さんから、垢抜ける方法として、特にかわりやすいメイクのポイントを紹介してもらいました。

(1)自分に自信をもつ

まずメイクのテクニックという各論の前に、とにもかくにも自分のビジュアルに自信をもつことが、垢抜けの第一歩です。自信は表情に出ます。姿勢にも出ます。太っていてもやせていても、美人じゃなくてもかわいくなくても、自信は持ってください。「私は私」として、自分を好きになるのです。

自信がもてないというのであれば、自信がもてる自分になりましょう。どうして自信がもてないのかを棚卸しして、そこを重点的に解決していくだけでいいんです。

(2)適度にボディを強調する

ファッションで垢抜けを実現するには、適度なボディラインの強調が重要です。

人というのは、隠そうすればするほど「あー、この人は自分に自信がないんだな」と思うものです。自信がないと思えば、垢抜けているという憧れは生まれません。

スラリとした二の腕やカリっと引き締まった膝小僧、なめらかな背中や胸元……というのが理想ですが、そうでなくても「惜しみなく出す」ということに、人はみなぎる自信を感じるのです。

堂々としていることこそが、垢抜けにつながります。

(3)唇メークを控えめに

唇は顔の印象を大きく変えるパーツです。口が多ければ大胆に、小さければ上品に見えます。

吉田さん曰く「垢抜けていない人が垢抜けを狙うなら、口紅は自分の肌の色とのなじみがいいカラーを選び、唇を主張しすぎないようにするのがコツ」だそう。

ただし、垢抜け的には、みだしなみとしてきちんとメイクをしていることが伝わることが重要。雑な感じだったり、手抜き感は、洗練感をぶち壊します。リップペンシルなどを使って、アウトラインをしっかりとりましょう。

口紅を2色使いして、アウトラインは薄い口紅で、内側は濃い口紅に。さらに内側に向かって濃くなるようにグラデーションをつくっていくと、柔らかく自然な印象になるそうですよ。

(4)ファンデーションはとにかく薄く

くすみや肌荒れなど、肌のアラをカバーしようとしすぎると、厚塗りになりますよね。これが垢抜けなくなるメイクの代表的な特徴です。ファンデーションはとにかく薄づきが基本。

透明感が出るように、リキッドファンデーションよりもパウダーファンデーションを使ったり、下地にフェイスパウダーだけで、さらっと仕上げると、一気に垢抜け肌になりますよ。

(5)1か所重点メイクをする

垢抜けない理由が、濃いメイクやマンネリメイクである場合も多いです。その古いメイクはいったん忘れましょう。まずは自分のメイクで譲れないパーツをひとつだけ決め、そこを軸にメイクをしていきましょう。

例えば、譲れないパーツは唇だとします。そしたら、そこには自分の好きな色を使ってもいいでしょう。

しかし、それ以外のチークやアイシャドウは、好きな色を使うのではなく、その口紅によって生まれた発色とのバランスを考えながら、色を決めていきます。そうすると、色同士がケンカすることなく、全体的なこなれ感が出てくるそうです。

 

5:春までに垢抜けよう♡

いかがでしたか?

新生活が始まる春までに、上記を参考に垢抜けて素敵な人を目指してみてくださいね。

【取材協力】

吉田 忍

都内にて芸能系のヘアメイクを8年。コンテストでも優勝歴有。芸能人のヘアメイクとしても活躍。その後愛知を拠点に活動し、現在は名古屋のセットサロン勤務。海外アーティストの師事も仰ぎ、国内外のスキルを幅広く持っている。Instagramも要チェック!