彼女いらないっていう男子は脈ありなの?彼女いらない男子の心理と落とし方

「彼女いらない」って言っている男子って、それが本音なのでしょうか。「彼女いらない」発言は、実は脈ありのサインだとか、本当にめんどくさくていらないとか、いろんな説があります。そこで今回は、そんな「彼女いらない」と言ってのける男子の深層心理をクローズアップ! そんな男子を落とす方法もご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:「彼女いらない」「彼氏いらない」という男女は多い

「恋人いらない」的な発言をする人って、意外に多いものですよね。みなさんも周りの友人や、飲み会などで出会った人から、聞いたことはあるのではないでしょうか。もしかしたら、あなた自身も今その状況かもしれません。

そんな「彼女いらない発言」をする人が、「ちょっといいな」「気になるな」と思っていた意中の相手だと、少なからずショックを受けてしまいますよね。

でも深く話を聞いてみると、この発言の理由は人それぞれで、男女間の理由にも差があることがわかりました。

 

2:めんどくさいから?彼女いらないという男子の心理5

ではまず、「彼女いらない」と思っている男性の本音から見ていきましょう。

1)めんどくさい

「女子って突然怒ったりするでしょ。しかも、付き合うとそのムラを一方的にぶつけてくる……。わざわざ恋人とケンカしたくないし、女心を考えることがめんどくさい」(30歳男性/投資銀行)

LINEを送らなきゃって感じたり、次のデートでどこ行くか決めなくちゃいけなかったり……めんどくさいことが多いし、疲れますね」(31歳男性/公務員)

付き合うことによるマメな連絡や、デート先を考えることがめんどくさくなってしまう男子が多いようです。また、人と付き合うと気を遣ったり、相手の気持ちを考えなきゃいけないことも増えますよね。特に仕事が忙しい人であれば、その気持ちはわからなくはないかも……。

2)自由がなくなる

「忙しくてあまりプライベートの時間がないから、今は自分のために時間やお金を使いたいかな」(30歳男性/広告代理店)

「まだまだ遊びたい。彼女をつくることで束縛されたくない」(28歳男性/テレビ局)

20代男性の中には、「まだまだ遊びたいから彼女はいらない」という意見が多かったです。

また、意外にも多かったのはお金の使い方。彼女を持つと、どうしても男性が支払いを持つことが多くなりますよね。ほかにも「結婚をしているわけではないのに、高い買い物をしたときまた買ったの?とか“お金使い荒いね”とか、いちいち言われるのがイヤ」という人もいました。

3)他のことが楽しい

「今、仕事が楽しい時期で、一生懸命がんばりたい。それに、休みは趣味に時間を費やしたい。だから彼女をつくって、それにかまっている時間がない」(29歳男性/営業)

20代後半や30代になってくると、仕事にも慣れてきて、働くのが楽しくなってくる時期でもあります。さらに趣味があると、なかなか彼女と過ごす時間をとるのは難しいと感じてしまうようです。同じ仕事や趣味を持つ人であればいいのかもしれませんね。

4)失恋を引きずっている

「昔、大好きだった彼女のことが忘れられない。セックスフレンドはいるけど、正式な彼女にしたいと思えるぐらい好きな人に出会えないから、まだいらない」(30歳男性/コンサルタント)

なかなか好きになる女性に出会えないからいらない、と考える人もいるようです。裏を返せば、好きになれる人がいれば付き合うということ。なので、この場合、可能性はありそうですね。

5)フリーのアピールで…

「彼女いらないと言いつつ、実は”今、彼女いない”っていうことを伝えたいわけ。実際は、彼女ほしいよアピールです」(39歳男性/弁護士)

これ、とてもわかりにくいですよね……。しかし、自分の気持ちを見透かされないよう、あえて「彼女いらない」と言ってしまう男子もいるようです。

いらないと言っているくせに、連絡をマメにしてくるような男子は、脈ありの可能性が高いかもしれません。

 

3:「今は彼女いらない」は脈あり?彼女いらない男子の落とし方5

彼女いらない宣言”に「今は」がつく男性には、チャンスがあると言っていいでしょう。というのも、「ずっと」ではなく「今」なので、あくまで期間限定ということを示しているからです。

そのため、アピールしてみると、彼の中の「今」がすぐに終わることも。というわけでここからは、「今は彼女いらない」宣言の男子を落とす方法をご紹介します。

1)まずは友だちとして

彼女になることを狙って、一気にグイグイいくと「今はいらないって言ってるのに……」と、なかなか振り向いてもらえません。そのため、最初は友だちとして仲良くなることをおすすめします。

仲が深まり、お互いに恋愛の話ができる関係になったとき「私とかどうかな?」なんて聞いてみたら、可能性があるかもしれません。

2)押し引きをくり返す

彼女がいらない理由が「めんどくさい」という人であれば、無理に押せ押せでいくと、余計にめんどくさいと思われてしまいます。毎日のようにLINEを送るなんてことはないようにしましょう。効果的なのは押しては引く、押しては引くのくり返し。彼の気持ちを揺さぶってみましょう。

「“俺のこと好きなのかな?と思ってたら、パタっと連絡がなくなって、ますます気になるようになった」という男子もいました。

3ふたりで遊びに行く

一緒にいて楽しいと思わせることができれば、彼の気持ちも変わるはず。でもふたりきりで遊ぶってデートみたいだし、ちょっぴり誘うハードルが高いですよね。

そんなときは、彼の趣味や好きなことに誘ったり、イベントごとに誘うなど口実をつくってみましょう。「デートじゃないよ」ということをアピールすることで、彼の警戒心も和らぎます。

4)人として好きということをアピールする

「彼女つくる気がないのはわかってたから好きだよ、Likeの意味でねって言い続けてた。そしたら1年ぐらいして”Loveにはならないかな?って向こうから言ってきた。私の根気勝ち!」(29歳女性/メーカー)

人として好き、素敵だと褒めることで、悪い気がする人はいません。彼のことを持ち上げているうちに、自分のことをわかってくれてると思い、その気になってくれるのかもしれないですね。

5)時間をかける

なかなか人の気持ちをすぐに変えるのは難しいもの。この手の彼を振り向かせるには、どうしても時間が必要です。なので大事なのは、彼が「彼女ほしいかも」と思うタイミングを待つこと。そのときがきたら、一気にアプローチをするようにしましょう。

 

4:男子とはと違う?「彼氏いらない」と言う女子の本音5

では逆に、女子が言う「彼氏いらない」はどういう本音が隠されているのでしょうか。男子と同じような本音もあれば、まったく異なる本音も! 5つご紹介します。

1)女友だちだけで十分楽しいから

「彼氏なんていなくても、仲のいい女友だちと遊ぶだけで十分楽しい」(28歳女性/看護師)

「彼氏がいたら、ファッションだったり、化粧だったり、気をつけなきゃいけないことがたくさんある。女友だちとなら好きな格好ができるし、気楽でいい」(22歳女性/大学生)

同性ならではの居心地の良さってありますよね。しかし、いつもの仲良しメンバーが急に彼氏をつくったり、年をとるにつれて誰かが結婚したり、子どもができたりすることで焦りが芽生え、気持ちが急に変わることも。

2)自分に自信がない

「私なんかと付き合ってくれる男性なんていないと思うから。それに無理して彼氏がほしいとも思わないし……」(28歳女性/公務員)

自分に自信がない女性は、チャンスがあっても殻に閉じこもりがち。でも、付き合いたいと正面から言ってくれる人に出会えば、気持ちは変わるはずです。

3)過去のトラウマ

「前の彼氏に浮気されたあげく、浮気相手に子どもができてフラれた。もう恋愛で傷つきたくないから、しばらくはいらないかな」(31歳女性/フリーアナウンサー)

失恋したばかりだったりすると、男性であっても女性であっても、なかなか次の恋愛に進めないもの。特に浮気されたり、暴力を振るわれたりなど、心の傷がある場合は、癒えるまで時間がかかってしまいます。

4)強がり

「本当はめちゃくちゃ彼氏がほしいけど、なかなかできないから、強がって彼氏いらないって言っちゃう」(32歳女性/事務)

あえて彼氏つくってないアピールをする女子もいますよね。このタイプはどちらかというとすごく彼氏がほしい人。でも、強がってしまうことで、逆に恋愛から遠ざかってしまうパターンも。

5)あなたと付き合うつもりはない

こんなアピールのために使う女子もいます。彼氏がいないと言うことで、相手に期待を持たせるのがめんどくさいから「彼氏はいらない」と言うのだとか。

壁をつくって最初からシャットアウトするのです。この場合の女性を落とすのは、なかなか難しいでしょう。

 

5:彼氏いらない女子を落とす方法3

では、そんな彼氏いらない女子を落とすのにはどうすればいいのでしょうか? 落とすための方法を3つご紹介します。

1)連絡はほどほどに

男子の場合と同じように、女子の場合も連絡はほどほどにするようにしましょう。毎日のようにLINEを送ったりするのはNG。特に、今日の出来事や「おはよう」「おやすみ」の挨拶LINEなど、恋人同士で送るような内容は、返信に困ります。既読無視に繋がることもあるでしょう。

たまに連絡を取って、彼女の様子を探るのが得策です。そして、相手のテンション次第で、デートに誘うなどステップを踏みましょう。

2)落ち込んでいるときに寄り添う

女子は弱っているとき、話を聞いてくれる男子にときめくもの。まずは、彼女にとっていちばんの相談相手を目指すのがいいかもしれません。

仕事やプライベートで落ち込んでいるとき、あなたが相談に乗ってあげることで、あなたのやさしさに気づき、恋に落ちることもあるでしょう。

3)相手に求める条件を把握する

「彼氏いらない」と言っていても、「これぐらいの容姿や年収や学歴があれば、考えを変えちゃう」というように、高い理想を持つ人もいます。

まずは、彼女の理想を把握しましょう。それを目指すことで、「彼氏いらない」ゾーンから脱却させて、落とすための一歩となります。

 

7:まとめ

男子の場合も女子の場合も「彼女(彼氏)いらない」という人を振り向かせるには、それなりに時間がかかります。そのため、ある程度の根気が必要です。

しかし、きっとどこかに突破口もあるはず。まずは時間をかけて相手のことをよく知りましょう。そして、相手のそばにいてタイミングを見計らい、ここぞというところでアプローチしてみることで、相手の恋心に火をつけることができるかもしれません。