好きな人への態度は男女で違う!?男女が本当に好きな人に対してとる態度

好きな人の前では、緊張してしまって、本来の自分の姿が出せない……という人も多いですよね。そのため、思ってもいないことを言ってしまったり、不本意な行動を取ってしまったりすることがあります。また、男女において、その感覚には若干の差があるようです。そこで今回は、男女が本当に好きな人に対してとる態度についてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:本当に好きな人とは結ばれない?

好きな人に対して、自分の思ったような行動がとれないというケースはよくあります。むしろ、意識するがあまり、本当に思っていることや感情とはまったく逆の態度で接してしまうという場合も。

だとしたら、相手に好意が伝わらないどころか、敬遠されてしまう可能性すらありますよね。よく「好きな人と結ばれない」と言いますけど、好きな態度がちゃんと出せないなら、それも当然のことなのかもしれません。

しかしそう思うと、「本当に好きな人に対してとる態度」を頭に入れておけば、相手の感情を把握しやすくなり、恋愛にも発展しやすくなるかもしれませんね。

 

2:男性が無意識のうちに好きな女性にとる態度

多くの男性は、子どものころに、好きな女子に対して、あえて意地悪をすることがあったと思います。それが大人になると、どんな変化があるのでしょう。無意識のうちに好きな女性にとる態度について聞いてみました。

(1)忙しいフリをする

「職場にひとり、気になる後輩の女の子がいて……。話しかけられることもあるんだけど、ちょっとテレちゃうんですよね。それって、男として恥ずかしいじゃないですか? だから、あえて忙しいフリをして、“あとでね”って感じにしちゃう。本当はもっと話したいんだけど……」(Kさん・31歳男性)

感情が表に出て、相手に悟られてしまうのが嫌なんでしょう。相手がそこまで意識しているかというと、そうでもない場合が多いですが……。また、忙しい素振りでカッコつけたいという意識もあるかもしれません。

(2)「みんなで」を強調して誘う

「そりゃ、好きな子とだったらふたりで出かけたいですよ。でも断られたくない。断られたら次誘いづらいし……。だから“みんなで”を強調して誘います。“週末みんなでの飲むんだけど来ない?”みたいな感じで。それだと誘いやすい」(Jさん・29歳男性

好きな子を誘って断られたら、誰でもショックでしょう。でも、いつもこの誘い方では、女性も「飲み会要員なんだ」って思ってしまいますよね。

(3)LINEの返信はあえて遅め

「好きな子からLINEが来たら嬉しいですよ。天にも昇るような気持ちでしょう。すぐにでも返事したい。でもひとりでテンション上げてるのもカッコ悪いでしょう……。だからあえて遅く返します。数時間後……いや、狙って翌日にすることもあります。内容もなるべく控えめに、短めを心がけます」(Rさん・34歳男性

テンションが上がっていると、LINEなんかにも感情が出てしまいがちです。しかし、男性としては、あまり自分の気持ちを悟られたくなく、クールを装いたいというのが本音のところ。

(4)基本なんでも褒める

「好きな子とは、何か話すきっかけが欲しい。そういうときに、よく褒めたりしますね。“服可愛いね”とか“その髪型似合うね”とか軽く声をかけます。褒めて嫌な気はしないだろうから。それに、そのあとに会話しやすい。褒めるときは、なるべく嘘っぽくならないように気をつけてます」(Tさん・31歳男性

好きな相手を褒めるというのは、親しくなるための常套手段。普段からよく見ているぶん、変化にも気づきやすいですからね。褒める部分も見つかりやすいでしょう。

(5)下ネタを言ってしまう

「飲みの席なんかでやってしまいがちなんですが……。どうも、気になる女の子に、下ネタをふってしまう癖があります。反応を見るのが楽しいんですよね。その場も盛り上がるし。でも結局嫌われて終わるので、いつも後悔しています」(Mさん・31歳男性)

これぞ、子どものころ好きな子に意地悪していたタイプが、そのまま大きくなった感じでしょう。素直になれなくて不器用なのですね。セクハラにだけは注意してもらいたいものです。

 

3:女性の場合はちょっと違う!? 女性が本当に好きな人にとる態度

女性の感覚は、男性とはまたやや異なります。すると態度にも差が出てきます。女性は一体、好きな男性に対して、どんな接し方をするんでしょうか?

(1)目を見ないで話す

「職場にすごくタイプの男性社員がいます。話す機会もあるんですが、目を見ることができません。見たら顔が赤くなってしまいそうで……。だから、いつも胸元のあたりを見て話しています。もしかしたら、挙動不審な女だと思われているかもしれません……」(Rさん・28歳女性)

好意を悟られたくないので、目を見て話すことができない。しかし、人と接するうえでは基本的な礼儀。社会人でそれができないというのは不自然で、むしろ好意が伝わってしまう仕草かも……。

(2)LINEは「?」が多め

「好きな人とLINEしていると、すごく楽しいし幸せ。繋がっている感じがして、いつまでも続けていたい……って思っちゃうんです。だから、返事が欲しくて、ついつい疑問形で送ってしまいます。結果、“?”がすごく多い。しつこくするのは良くないってわかってるんですけど……」(Jさん・30歳女性

好きな男性に対して、いろいろ知りたいし、いつも繋がっていたいという気持ちもわかります。なるべく返事が来やすい「?マーク」を使ってしまうわけですねえ。

(3)友だち伝いに誘う

「好きな人を自分から誘うことって、なかなかできません。なので、仲のいい友だちに頼んで、誘ってもらうことが多々あります。友だちが集まる飲み会とかがあると、“〇〇くんも誘ってくれない?”って感じで。結果、来てくれるんだけど、その友だちと仲良くなってしまうパターンもありました」(Yさん・27歳女性

直接誘うと、断られたときのショックが大きいですよね。友だちを介してワンクッションおけば、もし断られてもダメージ半減。平静を保つための防御策といえるかもしれません。

(4)他の人を褒める

「好きな人を褒めるというのは、距離を縮めるいい方法だと思うけど、あんまりあからさまなのは恥ずかしい。そういうこともあって、好きな人と一緒にいるとき、他の人を褒めていることがあります。だって、いい人に見えるでしょ? 意図的にやってるわけじゃないんだけど、気づいたらそういうケースが多いかも」(Cさん・31歳女性

確かに、よく人を褒めている人の印象は良いですよね。好きな人の前で、自分を良く見せたいのは当然のこと。自然かつ効果的な方法かもしれません。

(5)斜め向かいに座る

「気になる男性と同じ席に居合わせるようなとき、あまり近くに座ることができません。隣になんてとてもじゃない……。かといって離れすぎたくもない。斜め向かいぐらいが丁度いいんですよね。いつも視界に入るし、たまに目が合ったりもする……。そのぐらいの距離感がベストです」(Nさん・30歳女性

離れるのも嫌だけど、近づきすぎても困る……という複雑な女心でしょう。視界に入ってさえいれば、安心感が得られて満足できるのかもしれません。

 

4:片思い中の相手の自分への気持ちを読み取る方法

片思い中の相手が、自分に対してどういう印象を持っているかは、最大限に気になるところ。しかし、直接聞くような大胆なことはできませんよね。どういったところから、読み取ればいいのか。前項の意見を参考に考察してみましょう。

(1)いつもと微妙に服装を変える

相手があなたのことを意識しているなら、普段からよく観察しているはずです。些細な変化であっても気づくでしょう。そこで、同性ならまだしも、異性なら気に留めないぐらいに、服装などを微妙に変えてみて。

変化に気づいて、声をかけてくるようなら脈ありと思ってもいいのではないでしょうか。声がかけられないという場合もあるので、相手の様子をうかがうようにしましょう。

(2)あえて離れた席に座る

食事や飲み会など、何人かで集まる際、近くに座りたい気持ちはわかります。しかし、そこをあえて離れた席を選んでみてください。

人は意識していれば、知らず知らず視線が向いてしまうもの。要するに、相手があなたのことを気にかけているなら、必ず見てくるはず。そして、視線が合うはずです。

その回数が多ければ、好意を持っている確率も高まると言えるでしょう。

(3)LINEでいくつかの質問を

片思いの相手にLINEを送った際の、返信が早い遅いなども判断材料にはなりますが、性格や状況なども加味されるため、参考程度に留めておくべきかもしれません。

やはり、重視すべきは内容。気を使って丁寧に送っているかではないでしょうか。それを測るために、いくつかの質問を織り交ぜて送ってみましょう。あまりしつこくならない程度に、2~3問ほど。

それに対して丁寧な回答が見られるようなら、可能性はあると踏んでいいのではないでしょうか。

(4)他の人への褒め方と比較

褒めるという行為は、相手との距離を縮めたいときや、親しくしたいときに使う手段です。しかし、中には普段から褒めることでコミュニケーションを図っているような人もいます。なので、ほかの人との褒め方と比べてみるといいでしょう。

好意を抱いていないような相手に対しては、同じようなパターンで褒めているはず。それと比較して、自分に対しての褒め方がバリエーションに飛んでいるようなら、意識している証拠。あなたに対しては、言葉を選んで工夫しようという意思が働いているのでしょう。

(5)とっさの反応をうかがう

気になっている相手を誘う際、人を介したり、LINEを使ったりすると、ダイレクトな反応がわかりません。時間が空くほどにさまざまな感情が介入して、その反応が果たして本心なのかが伝わりにくくなります。

本心を知りたいなら、ほかの感情が入り込む余地をなくすしかありません。ならば、面と向かって声をかけるべき。食事に誘うでもいいし、ストレートに褒めてみたりするのでもいいでしょう。そこでの相手の反応には嘘偽りがないはずです。

緊張するかもしれませんが、勇気を出すべきところだとも言えます。

 

5:すぐに判断すべきではない!

男女では、好きな人に対してとる態度に若干の差があります。ある行動を見て、自分では「脈なしかな……」と判断しても、相手からしてみるとそうではない場合も。

だとしたら、そこで諦めてしまうのはもったいない話です。すぐに決断をくだすのではなく、しばらく様子を見るのも、恋が実る秘訣かもしれません。