処女の特徴10個!処女か非処女かどうかを見分けるための秘密の質問も

あなたの周りに処女はいますか? また処女か非処女かを気にするタイプの人はいますか? もし本当は処女だったとしても、隠している人も多いんで、なかなかわかりにくいかもしれません。そこで今回は、処女特有の特徴や、処女かどうかを見分ける方法などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:処女の定義って?

「処女」という言葉は、一般的にはセックス未経験の女性のことを指します。

しかし最近では「セカンド処女」といった言葉もあります。これはセックス未経験なわけではないけれど、最後に性行為をしたときからかなり時間が空いている女性のことを指したり、そんな状況のことを言ったりします。

ただし、セックス未経験とはいえども、どこからがセックス経験済みでどこまでが未経験と判断されるのでしょうか。少し生々しい話になりますが、挿入したけど痛くてすぐにやめた……なんて話は、初めてのセックスでは「あるある」です。では、この状態の場合、女性は処女なのでしょうか? それとももう処女ではないのでしょうか?

詳しく調べてみると、処女という言葉は、医学的な判断ができないようです。「処女膜の有無では?」と思うかもしれませんが、セックス以外でも破れてしまったする可能性もあり、正確な判断基準にならないのだそう。

つまり、処女か非処女かは、自己認識によるところが大きいのです。

 

2:処女な女性の特徴10個

「医学的に正確な判断ができないよ!」というだけで、一般的には、男性とセックスしたことのない処女は確かに存在します。では、そんな女性たちの特徴とはどんなものがあるのでしょうか。筆者の経験をベースに考えたことを10個紹介します。

(1)垢ぬけていない

男性を知ることにより、女性に目覚め、グッときれいになるという人は多いです。そのため、どこか垢ぬけている印象で、一皮むけたような女性はたいてい経験済みでしょう。反対に、垢抜けていない女の子はまだ未経験で、処女なことが多いですね。

(2)駆け引きが下手

未経験なのはセックスだけではありません。ある程度の年齢で処女だと、今まで男性とお付き合いしたことがないという人も多く、恋愛すらも未経験という女性も。そのため恋の駆け引きなども苦手。異性との距離感をよくわかっていないというのも特徴的です。

(3)知識だけはある

それなりの年齢になると、自分が処女であることを恥ずかしく感じる人も多いです。そのため、いつタイミングが来てもいいように、インターネットなどで情報収集をしては頭に叩き込み、実践はないにしてもセックスに関する知識だけは豊富というのも特徴のひとつ。

(4)リアルな下ネタトークに入れない

知識だけはあるけれど、実践経験がないので、リアルな下ネタトークには混ざれないというのも特徴のひとつ。知識でカバーしながら処女であることを隠していても、下ネタトーク中のリアクションで周りにバレてしまっている場合も多いです。

(5)ムダ毛処理がおろそかになりがち

処女にとって人前で服を脱ぐ、露出するタイミングは真夏の一瞬くらいのこと。なので、それ以外の期間はムダ毛処理がおろそかになりがち。パートナーがいたり、常に男性とのセックスを繰り返しているような女性と比べると、お手入れ不足気味です。

(6)案外濡れやすい

処女だからといって、ひとりエッチもまったくしていないとは限りません。男性とのチャンスが少ないぶん、案外ひとりで満足している人も多く、自分自身を開発済み。いざとなったら濡れやすく、エッチ好きなタイプが多いのも特徴でしょう。

(7)軽い関係に嫌悪感

ある程度の年齢にまでなっても処女というのは、それなりにガードが堅くなっている可能性が高いです。なので「ワンナイト」や「セフレ」と言った軽い気持ちで異性と関係を持つようなタイプには、男女ともに嫌悪感を抱く傾向も。

(8)視野が狭い

処女を卒業し、男性を知ることによって広がっていく世界もあります。経験豊富な人ほどいろんなことを知っていたり、多様な価値観や考えに寛容であったりするものですが、処女は未経験なことから、少し考え方や視野が狭いところがあるでしょう。

(9)露出が苦手

処女は基本、家族以外の人に裸を見られたことがないので、他人に裸を見られることが苦手です。そのため、胸元などの露出を、必要以上に気にしていたりします。不意に見えてしまうことを恐れて、重めのガードをしていることが多いのです。

(10)人を疑わない

処女は恋愛も未経験なことから、男性の「可愛いね」「きれいだよ」といった甘い言葉に弱い傾向にもあります。

人を疑うことを知らないため、すぐに信じてしまうのです。処女が純粋と言われるのは、こういったことからくるかもしれませんね。

 

3:これで判別!処女かどうかを見分ける質問3つ

相手が処女かどうか気になる! しかしあからさまに「処女ですか?」なんて聞けないですよね。そんなときは、以下の質問で処女かどうか確かめてみてください。

(1)彼氏はいつからいないの?

今までの彼氏の有無を聞いてみてください。

「彼氏はいたことある?」という質問は、まったく男性経験がないかのような言い方で少し失礼。「彼氏はいつからいないの?」と聞くと、会話の流れの中でごく自然に聞き取れるかと思います。「いたことがない」と言われれば処女である確率は高いでしょう。

(2)好きな体位は?

唐突に聞くと引かれるかもしれませんが、飲みの席で盛り上がってきたときであれば、ギリギリ大丈夫でしょう。

「好きな体位は」と聞いた際、濁してきたりすればもしかしたら未経験かも。ディープな下ネタトークに入る前にエッチな会話は避けておきましょう。

(3)童貞についてどう思う?

未経験の男性のことを「童貞」といいますが、そのような男性をどう思うか聞いてみましょう。

ある程度の年齢にもかかわらず未経験だという男性について、多少は思うことはあるでしょう。しかし、そのような男性に肯定的な意見を持っているならば、自身もそうである可能性は高いです。

 

4:まとめ

ある程度の年齢なのに、未だに未経験というのは本人にとっては悩ましいこと。コンプレックスに感じている人は多いと思います。

しかし、誰しも未経験な時期はあり、初めての瞬間があるのです。なのでそれを恥じるのは間違いだと筆者は思います。もし周囲に処女の女性がいた場合、その気持ちに寄り添ってあげてくださいね!