デートで告白するなら…告白の場所や言葉、デートプランまで

好きな相手に告白しよう!というときには、告白の場所をどこにしようか、どう伝えようかななどなど、考えなくてはいけないことがいっぱいありますよね。そこで今回は、告白にベストなデート回数や告白向きのデートプラン、さらには告白に最適な場所など、デートで告白する際の気になる疑問にお答えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:デートで告白するなら何回目がベスト?

デートで告白をするなら、何回目のデートがベストなのでしょうか?

『Menjoy』が独自に500名の男女を対象にアンケート調査を行った結果は、以下の通りでした。

第3位:2回目(12.4%)

初デートで「告白する」と決心し、綿密な準備をして2回目で告白……。または、2回目のデートの最中、急に気持ちが盛り上がって……。いずれにしても、付き合いたいという気持ちが固まっているのなら、2回目のデートで告白するのも不自然ではありませんよね。

第2位:1回目(15.2%)

初デートで告白がベストという回答も予想以上に多く見られました。みなさん、案外気が早いですね!

とはいえ、好きな人を逃したくない……と感じたなら、すぐに行動に移すことも重要。「デートに誘うこと自体が告白に近いわけだし、それに応じてくれたってことは脈ありってことかなと思う。それを言葉にすべきだと思うから、1回目のデートで告白するのはマナーです」(26歳男性)という人も。

第1位:3回目(49.4%)

3回目のデートがベストという人が、約半数を占めました。

よく世間一般でも「3回目までのデートでキメろ!」と言いますよね。この「キメろ」は3回目デートしたあとで、付き合うか付き合わないか決断するという意味ではなく、告白して決着をつけろ、という意味なのかもしれません。

トップ3は1回~3回という結果なりましたが、「7~10回目(5.0%)」、「それ以上(6.2%)」という慎重派もいました。

基本的には3回目までのデートで告白する用意をしつつ、相手のタイプを探りながら、何回目のデートで告白すべきかを考えるといいようですね。

 

2:ドライブーデートがいいの?告白向きのデートプラン5つ

告白をするぞ!というとき、どんなデートプランが良いでしょうか。告白向きのデートプランを5つご紹介します!

(1)ドライブデート

ふたりっきりでたくさんの話ができるドライブデートは、告白できるタイミングが多いデートといえます。

助手席と運転席に並んで座っていると、なぜか普段はできないような真剣な話もしやすくなります。もちろん、運転中は運転に集中しなければいけないので、サプライズ的な告白をする場合は要注意ですが……。

またドライブデートなら、告白に最適な場所に快適に移動しやすしというメリットもあります。

(2)日帰り旅行デート

ちょっと普段とは違う特別感を味わえる日帰りデートも告白デートプランとしておすすめ。

ふたりが行ったことのない土地や、観光スポットを訪れれば、ふたりの気分も自然と盛り上がります。思いっきり楽しんだあと、デートのエンディングを告白で〆るのはいかがでしょうか?

無事に告白が成功し、お付き合いがスタートすれば、ふたりにとって特別な場所になること間違いなし。毎年、付き合った記念日に訪れるというのも素敵です。

(3)オシャレなバー

薄暗いオシャレなバーも、ロマンチックな告白を演出してくれる絶好のスポットです。

人前だと緊張してしまうという人も多いかもしれませんが、オシャレなバーはラブラブなカップルばかりなので、他人のことなど気にしてません。それでも心配という人は、カウンターに座るのがおすすめです。優秀なバーテンダーさんであれば、たとえ聞こえていても、聞こえないフリをしてくれます。

(4)思い出の地巡り

出会ってから友達期間が長かったり、デートは何度もしていたけれど、告白までは時間が長かったり……という場合は、ふたりで出かけた場所を告白のシチュエーションに組み込むのもおすすめ。

ふたりが出会った場所、初めてデートした場所など、思い出を巡るようなデートプランだと、自然と思い出やふたりのこれまでの日々についての話題に。告白までのスムーズな話の展開を作れますよ。

(5)遊園地・テーマパーク

遊園地の楽しい雰囲気にドキドキの告白をアシストしてもらうのもあり!

思いっきりデートを楽しんで、ふたりで一緒にいることの楽しさや面白さに気づいてもらえたタイミングで告白すると成功しやすい!

観覧車の中で告白したり、美しいイルミネーションの前で告白したり。遊園地のどこで告白するのかまで、綿密な計画をたててみてくださいね。

 

3:デートで告白に適した場所5つ

告白をする場所によって告白の雰囲気が大きく異なってきますよね。デートで告白するのに適した場所を5つピックアップしました。

(1)夜景の見えるレストラン

高層階や、窓が大きくて柱などの遮るものがないような、夜景が美しいレストランをチョイス。

美しい夜景にうっとりすれば、ロマンチックモードにも入りやすい! その勢いで、相手への愛しい想いをまっすぐな言葉で表現しちゃいましょう。おいしい食事と素敵な夜景、おしゃれな店内など、自分の告白に適したレストランを探す時間も、妄想が膨らんで楽しいものです。

(2)車の中

どちらかが車をもっているなら、ドライブデート中、あるいは帰り際の車を降りる前に告白、というのも定番です。

「車の中で告白されてOKしたら、トランクの中から花束を出してきてプレゼントされた。キザな演出に軽く引いたけど(笑)、でも気持ちはすごく嬉しかった」(Tさん・28歳)という女子の声も。

(3)公園

公園は、夜は人気があまり多くなくて静かですし、緑いっぱいの公園なら、日中は爽やかで開放的な気分になれることから、時間を問わず告白スポットに最適。また、海に沈む夕日が見える公園やイルミネーションに彩られる公園など、ロマンチック度が高い公園も多いです。

お散歩がてら、ふと立ち止まって告白……なんていうのもピュア。

(4)海辺

海辺での告白は、まるで恋愛映画やドラマの主人公になったようで、気分も盛り上がりやすいでしょう。

もし告白が失敗してしまっても、広くて大きい母なる海がやさしく受け止めてくれますよ。

(5)家

相手を自分の家に招ける仲であれば、お部屋で落ち着いた雰囲気の中、告白するのもあり!

相手をもてなす準備もばっちり、余裕をもって臨めるというメリットも。

ただし、仲がそこまで深くない場合は警戒されてしまうこともありますので、ふたりの関係性を十分に見極めてから誘ってくださいね。

 

4:切り出し方は?デートでの告白の言葉5つ

いよいよ告白!という瞬間に、緊張のあまり頭が真っ白になって、気の利いた言葉が出てこなかった……という告白の失敗はあるあるです。事前にしっかり告白の言葉まで考えておくと成功の確率もアップするでしょう!

そこで、デートで使える告白の言葉をピックアップしましたので、参考にしてみてくださいね。

(1)「好きです。ずっと一緒にいてください」

告白するのなら、気持ちを言葉にすることがマストです。シンプルかつストレートに「好き」という言葉に思いを託しましょう。

目線を相手に合わせて、しっかり言うのがポイントです。照れるのはそのあとで。

(2)「ずっと好きでした。付き合ってください」

長い年月好きだった気持ちを伝えるなら「ずっと」をプラス。「でした」というと、過去形?と勘違いされがちなので、「付き合ってください」まで一気に言いましょう。

「大学生のころからずっと好きでした」「はじめて出会ったときから、ずっと好きでした」と、期間を言葉にするのも具体的で好感です。

(3)「これからも一緒にいたいなぁ。付き合いたいなぁ」

会話の途中で告白を差し込むなら、こんなカジュアルな言い方もありでしょう。相手が「え?」と驚いたら、今度はまじめな表情で「ダメかな?」。「いや、ムリ」と言われても、「だよね〜。な~んちゃって」とごまかすことも可能です。

(4)「この手、あたしだけのものにしてもいい?」

デート中、すでに手をつないでいる関係なら、キュッと手をつないでこのひと言を。相手の腕にいきなりキュッとしがみついて「この腕、あたしだけのものにしちゃいたいな~」と言うのも同様の告白効果があります。

(5)「ねね、告白して?」

相手に脈ありを感じているのであれば、自分で告白せず、相手に言わせるというのも告白テクニックのひとつです。実は相手も、告白のタイミングを見計らっていたものの逃しているだけかもしれません。こちらから水を向けてあげて、告白させてあげましょう!

 

5:告白してこないなら…デートで告白させるテクニック3つ

お付き合いをしたいけれど、相手がなかなか告白してくれない……と悩んでいませんか? 自分から告白するのも素敵ですが、「相手に告白をさせる」というテクニックを使ってみるのもあり。

デートで告白させるテクニックをモテ女たちに聞いてみました!

(1)言葉に出さずに「好き」を伝える

断られるのが怖くて告白できない男性は多いもの。そんな彼らに「告白したら付き合えそう!」と思わせるテクニックです。

LINEを丁寧に返したり、♡マークを多めに入れたり。またデートでは軽くボディタッチしたり、一緒にいられることが楽しいっていうことを態度でアピールしたりも効果的でしょう。言葉ではない愛情表現の方法はたくさんあります。

(2)告白スポットに誘導する

「これは告白できる雰囲気かも……」と男性に思わせるべく、デートのとき、告白しやすいロマンチックな場所に誘導するというテクニックもあります。

夜景の見える公園やふたりが出会った場所、ふたりきりになれるお家など……。告白環境に誘導したら、あとは静かに待ちましょう。

(3)告白されたと相談

ほかの男性に告白されたと相談し、嫉妬心を煽るテクニックも!

「告白されたけど、別に気になっている人がいて……」、「告白してくれたのが●●くんだったらよかったのにな(笑)」など、告白されてけれど迷っている様子を演じます。あくまで困っているというスタンスで、自慢気に聞こえないように注意して話すのがポイントです。

彼が焦っている様子を見せれば成功はすぐそこ! 他の男性に取られてしまうかも……と焦った結果、程なく告白してくれるでしょう。うまくいけば、その場ですぐに告白されて、お付き合いをスタートできるという便利なテクニックです。

ただし、男性の性格によっては、自分よりも告白したその男のほうが頼りがいがあるし彼女を幸せにしてくれるに違いない……などと勝手に思って身を引いちゃうケースもあるので、そこは上手に見極めて。

6:告白のあとはキス…何回目のデートでキス?

告白が成功し、お付き合いがスタート!となると、キスのことも考えますよね。何回目のデートでキスをすればいいのか? 早すぎると軽いと思われないか?など、こちらも悩んでしまいがち。

年齢や、ふたりが知り合ってからの長さ、親密さなど、カップルによって条件はさまざまですよね。でも、付き合ったあとはデートの回数にこだわらず「キスがしたい♡」と思ったときでOKだと筆者は思います。

お互いの気持ちが何よりも大事です。気持ちが盛り上がったり、キスの雰囲気になったシチュエーションで相手が「この人なら!」と思たらキスしてみるのもあり♡

 

7:まとめ

お付き合いできるかどうかがかかっている「告白」。

3回目のデートでの告白がベストというアンケート結果もありましたので、そこに向けて準備を整えてみてはいかがでしょうか。みなさんの健闘を祈ります!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!